映画『決算!忠臣蔵』無料動画情報

▶無料動画配信

映画『決算!忠臣蔵』は2019年11月22日に公開され、堤真一と岡村隆史がW主演。

ほか、キャストは、濱田岳、横山裕、妻夫木聡千葉雄大など、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『決算!忠臣蔵』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『決算!忠臣蔵』予告90秒 11月22日(金)全国ロードショー

映画『決算!忠臣蔵』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信状況

映画『決算!忠臣蔵』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ×

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

動画配信サービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思いま...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴や...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。...

おすすめはU-NEXT

映画『決算!忠臣蔵』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『決算!忠臣蔵』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

今回のU-NEXTのおすすめ出来るポイントについてですが、まず最初に月額¥2.149で動画見放題になることです!
これがまず、最大のおすすめ出来るポイントになっていまして。
様々なコンテンツ内容の動画が視聴できるので、普段からよく動画視聴している方で有料登録を考えているのであればU-NEXTが無難な選択かと思います。
二点目が、U-NEXTは1人分の契約で動画視聴を4人同時に接続できる点です。
例えばですが、4世帯での家庭の方が、1名分契約すれば残りのご家族の方もみんながU-NEXTを利用できるようになるという点が非常におすすめポイントです。
3点目のおすすめポイントは、週刊誌やファッション誌が無料で読み放題であることもおすすめ出来るポイントです。
有料登録するならU-NEXTが一番いいかなと思います。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『決算!忠臣蔵』作品情報

原作は、東京大学史料編纂所教授である山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』。

これまでに、忠臣蔵をネタにした映画やドラマは、数えきれないくらい制作されてきましたが、なんとあの忠臣蔵を決算面から見ていくという、斬新な内容となっていたのでした。

今から約300年前。赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、幕府の重臣・吉良上野介に斬りかかり、即日切腹、藩はお取り潰しに。御家再興の道が閉ざされた彼らに残された希望は、宿敵・吉良邸への討ち入り。ところが、討ち入りに必要な予算が足りないことがわかり…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 大石内蔵助:堤真一
  • 矢頭長助:岡村隆史
  • 大高源五:濱田岳
  • 不破数右衛門:横山裕
  • 堀部安兵衛:荒川良々
  • 菅谷半之丞:妻夫木聡
  • 奥野将監:大地康雄
  • 吉田忠左衛門:西村まさ彦
  • 原惣右衛門:木村祐一
  • 貝賀弥左衛門:小松利昌
  • 磯田武太夫:千葉雄大

スタッフ

  • 監督:中村義洋
  • 原作:山本博文
  • 音楽:高見優
  • 脚本:中村義洋

映画『決算!忠臣蔵』ネタバレあらすじ

舞台となるのは、江戸時代の赤穂藩。

藩主の浅野内匠頭が、火事は戦だと語って、これを聞いた筆頭家老の大石内蔵助は、感じ入ることになります。

が、その10年後、赤穂藩に悲劇が襲いかかりました。

浅野内匠頭が、高家筆頭の吉良上野介に対して、江戸城の松の廊下で刃傷に及んでしまったのです。

不幸中の幸いで、吉良上野介は無事だったものの、喧嘩両成敗とはならず、浅野内匠頭だけが切腹させられ、赤穂藩は取り潰されてしまったのです。

こうして旧赤穂藩の元藩士たちは、赤穂城から出ていかねばならなくなり、原惣右衛門や間瀬久太夫らが赤穂城と運命を共にしようとします。

が、そんななか、勘定方の矢頭長助たちは、元藩士たちに支払うお金を用立てることに奔走していたのでした。

赤穂城の明け渡し

お金の苦労を知らないみんなにウンザリしていく、矢頭長助。

そんななか、大石内蔵助らは、浅野内匠頭の弟の浅野大学を藩主にして赤穂藩を存続させようと企図するものの、不発に終わります。

赤穂城退去の日がやって来て、浅野家の本家である広島藩の家老の井上団右衛門らは、大石内蔵助らを説得していきます。

そしてとうとう、赤穂城は幕府に明け渡しとなりました。

しかしまだ、元藩士たちのなかには、吉良上野介を討つべしとする武闘派がいたのです。

大石内蔵助は、そんなみんなをなんとかなだめたり、大忙しなのでした。

が、赤穂城の武器を売っても、まだお金は足りません。

大石内蔵助は、矢頭長助から、浅野内匠頭の嫁の瑤泉院が輿入れしたときの持参金で始めた塩田事業によって、利益が出ていることを聞かされます。

減っていくお金

その後、大石内蔵助は、塩田事業の利益を持っている前田屋茂兵衛のもとに赴きますが、回収することは容易ではありません。

結局、大石内蔵助に不破数右衛門が力を貸し、かろうじて利益は奪還できました。

そんななか、まだ赤穂藩再興があきらめられない大石内蔵助は、お金を使って幕府に働きかけようとするものの、その結果、すっかりお金は減ってしまうことに。

一方、江戸では、赤穂浪士たちによる吉良上野介邸討ち入りの噂が広まっていきます。
赤穂浪士たちのあいだでも、当然、討ち入りを求める声が高まり、大石内蔵助は、討ち入りについて、検討せざるを得なくなりました。

しかし、お金はどんどん減っていきます。

矢頭長助の不満も高まっていきました。

討ち入りへ

赤穂浪士たちの討ち入りの噂はいよいよ高まっていき、大石内蔵助は、幕府から警戒されるようになっていきます。

そこで、大石内蔵助は、目くらましのため、遊郭に通うなど、暗愚であるふりをすることになりますが、息子の大石主悦は、背景を知らなかったため、父親を軽蔑します。

そこで大石内蔵助は、いきおいで討ち入りすると宣言してしまいました。

ところがこれが知られてしまい、大石内蔵助は狙われ、浅野大学も捕らえられ、浅野家再興は絶望的な状況に。

そして大石内蔵助は、矢頭長助とともに襲撃され、矢頭長助だけが亡くなります。

矢頭長助は、死の間際まで、討ち入りするならお金を大事にするよう心配していました。

これを受け、大石内蔵助は、ようやく討ち入りすることを決断したのです。

映画『決算!忠臣蔵』ラストの結末

大石内蔵助は、赤穂浪士たちとともに、極秘に討ち入りの計画を進めていきます。

ところが、もちろんこれにもお金がかかってしまいました。

また、吉良上野介が邸にいるかどうかがなかなかつかめず、狙うこと自体も難しい状況になってしまったのです。

大石内蔵助らは、吉良上野介が茶会のため邸にいるという日を把握しました。

本来の討ち入り予定日よりも3ヶ月早い日です。

いかんせんお金がないため、討ち入りは繰り下げられることとなりました。

討ち入りの前日、大石内蔵助は、瑤泉院に会って、決算書を渡し、討ち入り後、赤穂浪士たちの身内を守るためのお金を払いました。

これらをすべて終えた赤穂浪士たちはとうとう、討ち入り当日を迎えることとなります。

映画『決算!忠臣蔵』感想

もはや、日本人なら知らない者はいないといっていい、忠臣蔵。

しかし映画『決算!忠臣蔵』は、従来の忠臣蔵のイメージとはだいぶ異なった作風のようですね。

堤真一さん演じる主人公の大石内蔵助もさることながら、知名度が低い矢頭長助も存在感があり、あの岡村隆史さんが演じるという異色のキャスティングも必見でした。

いろんな意味において、これまでの忠臣蔵のイメージをぶち壊すであろう本作をぜひ、この機会にお楽しみください。

映画『決算!忠臣蔵』視聴者の声

『決算!忠臣蔵』は、中村義洋監督により2019年11月22日に公開されました。
歌舞伎でもおなじみですが、この物語は元禄期に発生した赤穂事件が基になっています。

赤穂は現在の兵庫県ですから、藩士は関西弁でよいのです。

そのことを、次席家老の大野を演じた西川清さんをはじめ、吉本の芸人さんたちが気づかせてくれました。
忠臣蔵は日本三大敵討ちの一つです。

これまで、討ち入りにはどれくらいの費用が掛かるのかだれも語ってきませんでした。

『赤穂事件討ち入りの決算書』は現存しています。

資金源は、劇中で語られた通り、塩田に投資していた奥方の化粧料を回収し、お家復興に使った後討ち入りに使用しました。

奥方の阿久里夫人がそれに使うことを認めていなければ、討ち入りは到底成功しなかったと考えられます。
大石内蔵助は堤真一さん、会計の矢頭長助は岡村隆史さんが演じました。大石と矢頭は幼馴染ですが、身分に隔たりがあります。

最初のうち矢頭長助が節約の重要性を言いますが、大石には金勘定が判らず、討ち入りの必要経費をひねり出す才覚もありません。

そもそも、女遊びにうつつを抜かし討ち入りすら考えていませんでした。

その彼が、どんどん討ち入りに傾いていく描写が絶妙で、このようなことが実際起こったかもしれないと思ってしましました。

今、大石内蔵助と46士の勇者は、泉岳寺に主君・浅野内匠頭とスポンサーである阿久里夫人と共に眠っています。【50代女性】

完全に吉良が悪い事になっているパターンの忠臣蔵だ!と思いました。

忠臣蔵を題材とした作品は沢山ありますが、浅野が切腹してからの大石は幕府と家臣、そして世間の声に挟まれて、家臣をヤキモキさせるような曖昧な態度を取っているのをよく見かけます。

今作もそうでしたが、グタグタっぷりが異常です。

この大石には筆頭家老としてのカリスマ性が無いようです。

前半の冗長な流れは、大石の人柄を表しているかのように見えました。

後半ではやっと討ち入りする事が決定し、展開にスピードがついてきたと思っていたら、戦のリハーサル会議を細かくやり始めて、もう流石としか言いようが無かったです。

恰好良い戦を行う為には、お金をたっぷり使わなくてはならない事を、隅々まで解説してくれました。

用意周到過ぎると感じましたが、吉良の頸を獲ったら全員切腹する事が予め分かっている最初で最後の戦なので、装備に出し惜しみをしないという結論には納得しました。

大石によるこれまでの無駄遣いの中で、唯一共感出来た大盤振る舞いでした。この映画は、タイトルに恥じない内容になっています。

本当にお金の計算ばかりをします。

また討ち入りまでを端折らず丁寧に描かれているので、忠臣蔵好きの人にはたまらないかもしれません。【20代女性】

吉良邸討ち入りという歴史的事件を経済面という新たな視点で見た作品
日本人に馴染み深い赤穂浪士による吉良邸討ち入り、忠臣蔵という作品名で多くの大衆を魅了してきたこの作品を、討ち入りに必要な費用で見るという今までにない視点で取り扱った作品です。

ベースとなる忠臣蔵の流れは多くの人が理解していますが、討ち入りに実際に必要な費用がどれくらいかを理解している人は少ないと思います。

この作品では江戸時代の貨幣が現代でどれくらいなのかをわかりやすく新たしてくれて見ている我々現代人にもすごくわかりやすく伝わるようになっています。

また吉良邸に討ち入るまでの赤穂浪士の葛藤も演者の方々が見事に演じて下さっており、経済的コメディさと武士の忠義というシリアスさが絶妙なまでに調和されバランスが取れていると感じました。

このどちらかだけでは今までの忠臣蔵になっていたか、そもそも忠臣蔵の扱いにはできないようなお笑い要素だけのコメディ作品になっていたと思います。

260年以上にも及んだ江戸時代を扱った映画作品はたくさんあります。

しかし泰平の時代であった江戸時代に戦国の武士のように荒々しくも忠義に生きた武士がいたことを感じさせてくれる忠臣蔵を誰が見ても楽しめる作品にしてくれたまさに良作であると思います。

見て損はしません。

ぜひおすすめします。【20代男性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました