映画『感染列島』無料動画情報

▶無料動画配信

新型コロナウイルスが流行するなか、注目を集めている2009年の映画『感染列島』。

舞台はフィリピン。

まさに今日の日本を予期したかのような、バイオ系パニックムービー。

瀬々敬久監督作品で、妻夫木聡さん、檀れいさんがダブル主演しました。

今回の記事では、映画『感染列島』のフル動画の無料視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『感染列島』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『感染列島』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『感染列島』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『感染列島』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

邦画、洋画問わずサイレント映画から白黒映画、最新の映画と豊富にあります。
昔の映画もヒッチコックの有名な作品から、コアなものまであります。
最新の映画だと、結局買わなきゃいけなかったりしますが、毎月ポイントをもらえるので私は買わずに最新映画も見れています。
他にも、PFF作品などインディーズ作品もたくさんあり、映画館でもなかなか見る機会がないのあって、新たな出会いがたくさんあります。
また、操作に関してもマイページがありお気に入りのも簡単に登録できたり、ジャンルで探すこともできるので、かなり便利です。さらに、俳優特集や監督特集などでおすすめもしてくれるので、こんなな映画もあったのかと発見もあります。
私は動画配信サービスの中で最も好きです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『感染列島』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月10日時点)
今後、映画『感染列島』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『感染列島』作品情報

ある日、松岡剛が働く市立病院に、高熱に痙攣、吐血を催し、全身感染ともいえる多臓器不全に冒されている急患が運び込まれる。しかしワクチンや治療が効果を持たず、患者は死亡。やがて医療スタッフや入院患者にも感染が発覚し、病院はパニックに陥る…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 松岡剛:妻夫木聡
  • 小林栄子:檀れい
  • 三田多佳子:国仲涼子
  • 三田英輔:田中裕二
  • 真鍋麻美:池脇千鶴
  • 鈴木浩介:カンニング竹山
  • 神倉章介:光石研
  • 池畑実和:キムラ緑子
  • 立花修治:嶋田久作
  • 高山良三:金田明夫

スタッフ

  • 監督:瀬々敬久
  • 音楽:安川午朗
  • 脚本:瀬々敬久

映画『感染列島』ネタバレあらすじ

舞台はフィリピン。

現地では、新型インフルエンザではないかと疑われる感染症が広がっていきます。

WHOメディカルオフィサーの小林栄子も、この感染症の対策に取り組んでいました。

それから数ヶ月が経って、場面は日本にある、いずみ野市立病院へ。

患者の真鍋秀俊が嫁の真鍋麻美とともに来院してきて、対応した医師の松岡剛は、ただの風邪だろうと診断し、念のため、インフルエンザの検査をしただけで、診察を終えます。

しかしながら、その次の日、真鍋秀俊は体調を崩し、いずみ野市立病院に搬送されてきました。

医師の安藤一馬は、新型インフルエンザだと見抜き、院内に広がるのを阻止するために、動き出します。

結局、真鍋秀俊は亡くなり、真鍋麻美は松岡剛に食ってかかるのでした。

感染の拡大

いずみ野市立病院の努力の甲斐もなく、新型インフルエンザは日本中に広がりました。

阻止しようとしていた安藤一馬も感染してしまいます。

とうとう政府も、新型インフルエンザの流行を認めました。

そして、いずみ野市は封鎖されることになります。

やがていずみ野市立病院には小林栄子が送られて来て、彼女のやり方は、病院中から反感を招いてしまいました。

そんななか、小林栄子は、自身が恩師だった松岡剛を助手にします。

一方、安藤一馬は助かりませんでした。

松岡剛は、新型インフルエンザとの関連が疑われる養鶏場へ行くものの、学者の仁志稔から、養鶏場の衛生状態への自信を聞かされます。

すると、養鶏場に鈴木浩介というウイルス研究をしている男がやって来て、ウイルスは新型インフルエンザではないと主張し、消えるのでした。

日本中がパニックに

小林栄子は、専従スタッフを自分で決めようとしますが、松岡剛のアドバイスにもとづき、結局、いずみ野市立病院のスタッフの中から募ることとなります。

これまで高圧的だった小林栄子の態度が変わったため、いずみ野市立病院のスタッフたちはおどろくものの、みんなは彼女に協力的になっていくのでした。

一方、感染は日本を覆いつくしていって、政府は国民の行動を制限し、国民はすっかり恐慌状態になっていくことに。

店舗では物資をめぐって、激しい争奪戦も展開されていくようになります。

そんななか、養鶏場を経営していた神倉章介が自殺してしまいました。

その矢先に、政府は、ウイルスが新型インフルエンザではないこと、養鶏場は無関係であることを発表したのです。

ウイルスの発生源

松岡剛と小林栄子は、真鍋麻美と会い、謝罪され、父親の立花修治がウイルスを持ち込んだのではないかと告げられました。

立花修治は医師として東南アジアで働いていて、症状が出ていたというのです。

いずみ野市立病院では、人工呼吸器が足りなくなっていき、小林栄子は、死にそうな患者の人工呼吸器を助かりそうな患者に移すよう指示しますが、これに院内では反発が強まり、小林栄子は孤立。

彼女を支えるのは松岡剛だけになりました。

その後、松岡剛と仁志稔は、立花修治が勤務していた東南アジアの島へ行って、そこで多数の感染者を目撃します。

検体とともに日本へ帰国した松岡剛と、そのまま現地にとどまって亡くなった仁志稔。

小林栄子は、いずみ野市立病院を去りますが、彼女もまた感染していたのでした。

映画『感染列島』ラストの結末

小林栄子は、すっかり体調が悪化していって、ウイルスで助かった患者の血清を自分に打つよう、松岡剛に依頼しました。

松岡剛は、真鍋麻美の血清を使って、感染していた神倉章介の娘の神倉茜を救うことに成功したのです。

しかし、肝心の小林栄子は、間に合わず、亡くなってしまいました。

松岡剛は、小林栄子のことを偲んで、悲嘆に暮れていきます。

しばらくして、ウイルスはようやくいきおいを失っていって、日本は元の状態に戻ることとなりました。

ウイルス対策には、小林栄子の主張した血清を用いた治療が効いていたのです。

なんとか日常を取り戻した松岡剛は、あらたな任地である北海道で、引き続き、人命救助のために活躍していたのでした。

映画『感染列島』感想

まさに、映画『感染列島』は、2020年4月現在の日本列島そのもので、空恐ろしい限りですね。

最初はヒールキャラだった小林栄子が、最後で活躍したのが、最大の見どころとなりました。

怖いだけではなく、実に切ない余韻を残す作品でしたね。

劇中では、最終的に、ウイルスは消えていったわけですが、現実にも、新型コロナウイルスの一刻も早い終息が待たれます。

現実に、小林栄子のような人物が現れることに期待したいものです。

映画『感染列島』視聴者の声

現代に警鐘を鳴らす医療大作
この作品は新型ウイルスが日本に侵入し流行するという状況を医療現場の目線から描いた作品となっています。

2009年の当時はフィクションとして見ることが出来ましたが、2020年現在の状況を考えながらこの作品を鑑賞すると見方が変わってきます。

物語は東南アジアで発生した新型ウイルスが日本で感染拡大し甚大な被害が出る中で奮闘する医療関係者の闘いを描いています。

実際にウイルスが拡大すればこのような状態になるのだと想像しながらかつては鑑賞しましたが、2020年の新型コロナウイルス感染拡大に伴う状況下で改めてこの作品を鑑賞すると違った視点で見ることができます。
もちろんウイルスとの闘いだけではなく、その闘いに対する様々な葛藤や犠牲を演者の方々が表現して下さりそれがより一層リアリティの高いものとして鑑賞者の心に訴えかけます。
幸いなことに映画内程の被害は現在ところ出ていませんが、不測の事態、最悪の事態にどのようなことが起きてどのように対処すればいいのか、その心構えを教えてくれる作品でもあります。
今まで経験したことのない感染症拡大という状況だからこそまた違った目線で教材として鑑賞することができる作品です。

今だからこそ皆さまにお勧めしたいです。【20代男性】

今観ると面白く感じられるという前評判を受けて、こちらを拝見する事にしました。
また、新型ウイルスの流行によってパニック状態に国が陥ってしまうというジャンルをつい最近まで遠巻きに見ていた自分に対しての戒めとしての意味もあります。
妻夫木聡さんと檀れいさんという有名俳優さんが出演しているのに、今までこの作品の存在は知りませんでした。
タイトルは聞いた事があったかもしれませんが、「日本以外全部沈没」等のB級映画と同じような内容だと勝手に判断していたような気がします。
しかし、私の想像は的外れにも程がある事をよく理解できました。
こうしたテーマを取り扱う事は決して話題集めとして丁度良いからといった安易な考えからではなく、本当に起こる可能性があるのだと制作側は真剣に向き合っていた事を恥ずかしながら今更気付きました。
勿論、名の知れた俳優さんを使うと、商業的にも成果出さなくてはいけないですし、俳優さん達への配慮という妥協をしなくてはいけない面はあります。
しかし、制作側はそれを受け入れてでも人々に警告を呼びかけたい切なる想いと自身が想定する危機的状況を形にして、多くの人々の目にいう願望があったのだと思います。
内容に関しては、全体的にリアリティーを重視しているように見えます。
私は、作品を通して自身が重要だと感じた部分だけをピックアップして心に留めておくのが最善だと思いました。【20代女性】

 

妻夫木聡さんと檀れいさんが出演された映画です。感染によるパンデミックを描いた作品です。
リアルな飛沫感染表現がとても怖さを感じました。
一つの咳やくしゃみであんなに飛ぶものなんですね。あれじゃあ防ぎようがありませんよね。
怖すぎます。
色々な感染症が世の中にはありますが、私たちの身近にある風邪やインフルエンザウイルスなど、こんなに簡単に飛沫感染するんだとびっくりしました。
この映画を観た後はしばらくマスクをつけて過ごしてました。
あと、今まで咳をしている人が近くにいても気にしなかったのですが、映画を見てからすぐにその人から離れるようになりましたね。
映画の中で、謎の感染症と戦う病院の様子はとても悲惨でした。
家族と隔離される医療従事者が描かれていて、家族のところへ帰りたいよね、と涙が出ました。
医療従事者は命までかけないといけないのか、これからは感染症患者にはロボット治療などが必要になってくるんじゃないかな、と思います。
人類の危機には異常気象によるもの、戦争によるものがダントツだと思っていましたが、こういった謎の感染症の発症が広がるのが実は一番怖いんじゃないかと思いました。
すごく考えさせられる映画でした。【30代女性】

謎のウイルス蔓延により、街には患者が溢れ日本全体がパニックに陥る…初めて観たときは、まさか似たようなことが現実に起ころうとは思いも寄りませんでした。
自粛中、改めて視聴したところ、院内感染や医療従事者の疲弊、風評被害など、どれも今実際に起きていることであり、初めて観た時とは受け止め方が全く異なりました。
もちろん、映画ですので、現実ではありえない展開も大いにあります。
例えば、医者自らがウイルス発生の地に渡航する謎の行動(渡航制限はないのか)、感染源となった医者の著しいまでの危機管理能力の低さなど、つっこみどころは満載。
そもそも、これだけ世界中の人が往来する世の中で、日本だけに起こる感染症などあり得るのかという謎が謎のままです。
また、檀れい演じるWHOの感染症の専門家との恋愛要素など「それいる?」と思う場面も随所にありました。
とはいえ、未知のウイルスへの恐怖と戦いながら、命がけで患者を救おうとする医療現場の様子は現実も同じでしょう。
映画の中には、幼い子供と夫を残し、無念のうちに亡くなる看護師が登場します。
同じようなことが世界中で起きているかと思うと、それだけでも今見る価値はある映画と言えるのではないでしょうか。【40代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました