映画『ザ・ファブル』無料動画・キャスト情報

▶無料動画配信

2019年に公開された、映画『ザ・ファブル』は南勝久氏によるコミック作品の実写化。

主演は岡田准一、ほか、キャストは、木村文乃山本美月福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、六角精児
、佐藤二朗、安田顕、佐藤浩市など、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『ザ・ファブル』動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

岡田准一主演『ザ・ファブル』主題歌予告(90秒)

映画『ザ・ファブル』の無料動画をフル視聴する方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

ザ・ファブル 動画配信状況

映画『ザ・ファブル』は、4つの動画配信サービスお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各動画配信サービスの公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ザ・ファブル』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ザ・ファブル』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

定額料金は高めに感じますが、その分毎月付与されるポイントを使って最新の映画を観ることができるので良いと思います。見放題でも様々な動画が合って楽しめます。映画やアニメが趣味な人には「こんなタイトルも配信しているのか」、「懐かしい。昔これ好きだったな」というタイトルもあって、再発見するのが楽しいです。特にコロナの影響で自宅に籠りがちなので、流しっぱなしでBGM代わりに利用しています。また、自宅のWi-Fi環境を使ってGoogleのクロームキャストと併用することで自宅のテレビでも映像を楽しむことができる点もいいです。台所で炊事などしているときはスマホを置いて利用。料理が出来たらテレビにキャストしてすぐ続きから再生といったふうにストレスなく利用できます。【30代男性】

他の動画配信サイトよりも動画の種類がとても多いです!
他のサイトでは海外ドラマや韓国ドラマの見放題はかなり種類が少ない印象ですが,U-NEXTは見放題の種類も多く,取り扱っている番組がたくさんあり見るのに苦労する程です。有料ですが,新作映画やドラマがバンバン追加されているイメージもあります。
ファミリーアカウントも3人まで設定できるので,家族で登録すれば実質1人500円程で見れるのと,それぞれが自分のスマホなどで違う番組を見れてしまう所もすごく良いと思います!
いつもテレビにキャストして見るのですが,他の動画サイトを契約していた時は,毎回動画が止まったり急に画質が悪くなったりサイトの運営でエラーが起きたりすることがたくさんありイライラしていましたが,U-NEXTはあまりそういう不具合がありません。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

自分に合うサービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思いま...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴や...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。...

映画『ザ・ファブル』作品情報

主人公の殺し屋ファブル(佐藤明)に日本屈指のアクション俳優岡田准一、彼のパートナーの陽気な美女ヨウコ(佐藤洋子)に木村文乃をキャスティングし、まるで漫画の世界をそのまま再現したような精度で作り込まれています。

ファブルは裏社会では「相手が誰でも6秒で殺す」として知られる凄腕の殺し屋ですが、ボスは一年間身を隠すようにと命じます。

「一般人として、誰も殺さず穏やかに暮らせ」と指示されたものの、有能過ぎる彼を放っておかない闇の住人達は次々とトラブルをまき散らし、新たに得た大切な存在・ミサキを守る為に彼は不殺の闘いを挑むことになるのでした。

キャスト

  • 佐藤明(ファブル):岡田准一(幼少期:南出凌嘉)
  • 佐藤洋子:木村文乃
  • 清水岬:山本美月
  • フード:福士蒼汰
  • 小島:柳楽優弥
  • 砂川:向井理
  • コード:木村了
  • クロ:井之脇海
  • 貝沼悦司:好井まさお
  • 砂川の部下:加藤虎ノ介
  • 松沢:粟島瑞丸
  • バーのマスター:六角精児
  • 鉄板焼き屋の店長:モロ師岡
  • 河合ユウキ:藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
  • ジャッカル富岡:宮川大輔
  • 田高田:佐藤二朗
  • 浜田:光石研
  • 海老原:安田顕
  • ボス:佐藤浩市

スタッフ

  • 監督:江口カン
  • 原作:南勝久
  • 音楽:グランドファンク
  • 脚本:渡辺雄介
  • 製作:大角正、今村司、藤島ジュリーK.、谷和男、有馬一昭、角田真敏、田中祐介、坪内弘樹、和田俊哉、赤座弘一、大鹿紳、小櫻顕、毛利元夫

映画『ザ・ファブル』の見どころ

ファブル(岡田准一)とは、伝説の殺し屋として恐れられていた存在です。

正体不明、どんな相手であっても、6秒で瞬殺というその仕事ぶりは闇の世界で余りにも有名になってしまい、雇い主であり、彼をそうなるべく育てたボス(佐藤浩市)は、彼とそのパートナーのヨウコ(木村文乃)に「誰も殺さず、一年の間、平穏に暮らすこと」を命じました。

普通の市民として休暇を謳歌しろという指令を受け、彼らは佐藤明とヨウコという兄妹の身分を得て大阪の街に住み着いたのです。

そこでは、ボスと親交のあったクライアントの真黒組の海老原(安田顕)が身元を引き受けてくれましたが、海老原の周囲も彼の地位を狙う部下の砂川(向井理)を始めとして殺し屋たちがファブルを襲って裏社会での名を挙げようと企んでいたのです。

そんな中で、骨の髄まで殺し屋として生きてきたファブルは、絡まれたチンピラをギリギリやられそうな体でかわしたり、ボスに貰ったインコの世話をしたり、と普通の人としての暮らしを始めていました。

彼が出会ったのはミサキ(山本美月)という優しい女の子でした。

殴られて路上に転がり、鼻血を垂れていた彼を介抱し、職探ししていることを知って、自分が勤めているバイト先のデザイン事務所を紹介してくれたのです。

その恩に報いるべく、ファブル=明は時給800円で働き、彼なりの休暇を満喫していたのでした。

ところが、思わぬところから横やりが入りました。

海老原の元に舎弟だった小島(柳楽優弥)が出所して身を寄せてきたのです。

彼は浮気者の情婦を殺して服役しており、その凶暴さを秘めて出所してきました。

そんな彼が目を付けたのが、ミサキの存在でした。

ミサキは苦労人で、母親の病院代を稼ぐために必死に働いていたのですが、その美貌に目を付けた海老原配下の芸能事務所がグラドルで売り出していた過去があったのです。

彼女を狙う気配に気づいたファブルは、ボスの”不殺”の命令を守りながらも奮闘しました。

ファブル役の岡田准一さんが、体重を増やして原作のファブルのキャラクターを忠実に再現したダルっとした腹回りや、社会とは隔絶されて育ったその”ズレ”、それを埋めるように気遣うヨウコのフレキシブルさ。

そして彼を狙う殺し屋フード(福士蒼汰)のキャスティングの意外性___岡田さんに憧れてアクションを学び始めた福士さんの、まさにガチの師弟対決であり、ファンには堪らない名シーンになりました。

映画『ザ・ファブル』ネタバレあらすじ

ファブルは、子供だったころにボスに拾われて、殺し屋として育てられ、今では伝説の殺し屋となっていました。

が、ある日、そんなファブルにボスが、1年間、人を殺さずに普通に生きろと命令。

もし殺したら自分がファブルを殺すという、ボス。

こうして、ファブルは佐藤明と名乗って、相棒のヨウコと兄妹という設定で大阪に住むことに。

ファブルは、真黒カンパニーの海老原に支えられますが、就活がうまくいきません。

やがてファブルは、ミサキという女性と出会い、彼女の勤務するオクトパスに雇用されることになりました。

さて、海老原の部下の小島が出所するなか、海老原は病気で倒れ、小島はお金を貸していた風間を殺してしまいます。

さらに小島は、ミサキを脅迫していて、彼女をさらい、ファブルは彼女を救いに小島の家へ向かいます。

が、ミサキだけではなく、小島もさらわれていました。

真黒カンパニーの砂川が、会社を海老原から奪おうと企てていて、風間殺しも海老原主導に見せかけようとしていたのです。

ファブルは、真黒カンパニー配下のフードやコードと戦いつつ、ヨウコの支援もあって、ミサキも、ピンチになっていた小島もともに救出。

小島は結局、一連の騒動の責任を取らされて海老原によって殺されてしまいます。

が、ファブルはその後、すっかり、一般人と変わらない暮らしになじんでいくのでした。

ファブルの超人的能力

映画『ザ・ファブル』はアクション映画ということで、ファブルの戦闘シーンがすさまじいものとなりました。

なんと、ファブルは、たったの6秒で相手を殺すことができるという、信じられない強さを誇る殺し屋だったのです。

なにしろ最初から、ヤクザと外国のマフィアを殺しまくるというシーンが出てくるくらいですから、そうとうなものでしょう。

最後のフードやコードとのバトルこそ苦戦を強いられましたが、基本的には負け知らず。

殺し以外においても、会社の同僚がミサキを盗撮していたところ、これをすぐにやめさせるなど、あらゆるシーンで卓越した能力を発揮していくのでした。

ファブルとミサキ

映画『ザ・ファブル』でファブルは、ミサキと出会ったことで、オクトパスに就職でき、かつ彼女と懇意になっていきます。

そんなファブルの、ピンチになったミサキを救おうとする姿も、劇中では見逃せないものに。

ミサキが小島にさらわれると、銃を持って彼の家へ向かう、ファブル。

しかし、殺人はボスに禁じられていたため、彼が持っていたのは偽物なのでした。

ここで見どころとなったのが、ファブルがミサキも小島もさらわれたときの状況を推理していくところ。

ファブルは身体能力だけではなく、頭脳もすぐれていたのですね。

ファブルと小島

殺し屋や人殺しなどが大量に登場した、映画『ザ・ファブル』。

なかでもインパクトがあったのが、やはり、ファブルと小島ですよね。

出所早々、風間を殺して、ミサキを脅迫するなど、その狂暴性をあらわにしていく、小島。

しかし、さらわれた後は、ごみ処分場にて、椅子に拘束され、クレーンから落ちそうになるという状態にさらされます。

一方、そんな小島を助け、敵と戦っていくファブルの姿が頼もしい限りでした。

結果的に小島が海老原に殺されたのは惜しかったですけどね。

映画『ザ・ファブル』感想

映画『ザ・ファブル』は、アクション、サスペンス、さらにはコメディ要素もある快作でしたね。

ファブル役の岡田准一さんもさることながら、ヨウコ役の木村文乃さん、ミサキ役の山本美月さん、小島役の柳楽優弥さん、フード役の福士蒼汰さんなど、キャスト陣も魅力的な面々になっています。

ちょっと変わった殺し屋ものが観たいという方は、ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

きっと、今まで味わったことがない映画体験ができることでしょう。

映画『ザ・ファブル』視聴者の声

ヤングマガジンの人気漫画が今や日本が誇る実力派俳優・岡田准一が主演で映画化されました。

伝説の殺し屋である主人公はとある理由から一般人のフリをして潜伏生活をしなければならない事態に。

映画公開前の評判はあまり良いものではなく、イケメン俳優を集めただけでは、と揶揄する声もありましたが、そんな前評判を吹き飛ばすかのような傑作アクション映画でした。

やはり見所は岡田准一の戦闘シーンです。

映画ラストのアクションシーンは岡田准一の身体能力が存分に発揮されており、彼無しではこんな日本最高レベルのこのシーンを生み出すことは不可能だったのでは無いでしょうか。

休日はこの映画を見てスカッとストレスを吹き飛ばしましょう!【20代女性】

アクション映画でシリアスなストーリーを想像していたのですが、時々コミカルな部分もあって最後まで飽きずに鑑賞できました。

最近あまり見なかった女優さんも出てきました。映画で活躍されていたのですね。
アイドルでありながら俳優もこなす主演の演技を見て、すっかりベテラン俳優の枠に入っていると思いました。落ち着いて渋みも増しています。
アクションシーンをこなし、こんなに体が動かせるとは…ほんとうにすごいです。
芸人のストーリーをより盛り上げる演技力の高さも印象的です。

微笑ましいと思いながら観ていました。
女優はかわいらしいのですが、印象はちょっと薄いように感じます。
ラストシーンまでは、もう少しひねりが欲しいです。【40代女性】

実写映画作品の中では、まだまともに見れる映画なのではないかと思っています。
まず、主人公の佐藤役である岡田准一さんの演技ですがしっかりと原作にそった演技ができていてよかったです。
アクション作品のスペシャリストであり、アクションをやらせれば芸能界で岡田准一さん以外はいません。
ファブルでははまり役だったと思います。
他に、木村文乃や、安田顕など、振り切った演技ができていて、好演だったと思います。
あとは脚本の良さがしっかり出ていたのではないでしょうか。
原作がすこし地味なので、なかなか演出に苦労するシーンが多いかもしれませんが、演者の演技力と脚本力でカバーできていた印象です。
個人的に星5つの中で4つの出来です!【男性20代】

素晴らしいエンターテインメント作品です。

アクション映画として非常に優れています。それていて、コメディーとしても十分に成立する面白さです。

主役の佐藤明を演じる岡田准一さんのコミカルな演技が良いです。

正直 笑えます。

しかし、岡田さんの魅力が発揮されるのはやっぱりアクションシーンです。

特に格闘シーンは見応えがあります。

格闘シーンはプロの振付師に振り付けして貰ってるようですが、なんと岡田さんが振り付けするシーンもあるようです。

これまドラマなどで色んな格闘シーンを演じてきた岡田さんならではのこだわりの立ち回りがあるんです。

全盛期のジャッキーチェンがアクションシーンで魅せたように、岡田さんも魅せています。【男性40代】

映画ザ・ファブルは、原作を忠実に実写化した映画で上手く原作を再現しています。
まず、主人公の佐藤アキラを演じているV6の岡田准一さんの演技が素晴らしく、後半のアクションシーンでは息飲む展開が続きます。
佐藤アキラの無敵さをアクションシーンで上手く表現されており、他にも秋刀魚を頭から食べたり、芸人を見て大笑いしていたりと佐藤アキラのキャクターを見事に再現していました。
他のキャラクターを演じる豪華なキャスト勢も見ものとなっています。
木村文乃さんの佐藤ヨウコは、セクシーで強くカッコイイですし、福士蒼汰さんや向井理さんのミステリアスな敵役もハマっており、原作ファンも納得のクオリティーで再現されていました。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました