映画『007/オクトパシー』無料動画情報

▶無料動画配信

スタートしてから長い歳月が流れて、すっかり世界を代表するスパイアクションものとなった、映画『007』シリーズ。

これまでに数えきれないくらいの名作を送り出してきたシリーズですが、ここでは、そのなかから映画『007/オクトパシー』をピックアップしていきたいと思います。

今回の記事では、映画『007/オクトパシー』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『007/オクトパシー』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『007/オクトパシー』は、3つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『007/オクトパシー』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『007/オクトパシー』を視聴するためには「330ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

このサイトはとても優秀です。

私は、今まで色々なサイトを試してきました。

その中でもネットフリックスと競うほど優秀だと思います。

いやもしかしたらネットフリックスを超えるかもしれません。

なぜなら、作品の多さまた人気作がすべて揃っています。

日本、韓国、中国、ヨーロッパ、アメリカ、すべての国の作品が十分な量揃っているので飽きる事もありません。

月額少し高いなとそう思われる方多いと思います。

私も加入する前はそう思っていました。

ですが、入ってからはこのサイト以外使わなくなりました。

人気作からマイナー作まで、いろんな国の作品が揃っているので本当に飽きません。

また、見放題プラン以外の作品もあるのですが、ポイント制で観れるというのも良いところです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『007/オクトパシー』作品情報

映画『007/オクトパシー』は、1983年に公開された、ジョン・グレン監督作品。

しかし、40年以上も前の作品とは思えない快作です。

ジェームズ・ボンド役をロジャー・ムーアさんが演じているのも印象的でした。

ベルリンで敵に追われて逃亡する英国情報部のスパイ・009。彼は英国大使館にたどり着くが死亡してしまう。その手にはロシアの秘宝、ファベルジュ・エッグの偽物が握られていた。後日、その本物が競売にかけられることになり、ボンドは調査を開始する。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ジェームズ・ボンド)ロジャー・ムーア
  • (オクトパシー)モード・アダムス
  • (カマル・カーン)ルイ・ジュールダン
  • クリスティナ・ウェイボーン
  • カビール・ベディ
  • スティーヴン・バーコフ
  • ヴィジェイ・アムリタラ
  • ウォルター・ゴテル
  • (M)ロバート・ブラウン
  • (Q)デスモンド・リュウェリン

スタッフ

  • 監督 ジョン・グレン
  • 原作 イアン・フレミング
  • 音楽 ジョン・バリー
  • 脚本 ジョージ・マクドナルド・フレイザー
  • 製作 アルバート・R・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン

映画『007/オクトパシー』ネタバレあらすじ

ジェームズ・ボンドは、今度は中南米において、スパイのミッションを行っていました。

そんななか、活動がバレてしまったジェームズ・ボンドは、敵に捕まってしまいそうになるハメに。

ところが、ジェームズ・ボンドは、敵から航空機を奪ったあげく、敵の基地を攻撃することに成功します。

こうして、イギリスに無事、帰って来ることになった、ジェームズ・ボンド。

一方で、ドイツでは、騒ぎが起こっていました。

ピエロが殺し屋によって追いかけられていたのです。

ピエロはその後、イギリス大使館にやってきますが、結局、死んでしまうのでした。

そんなピエロは、金の卵を持っていたのです。

実は、このピエロの正体はスパイでした。

スパイ死亡事件はやがて、ソ連によるものだと考えられていくのでした。

カマル・カーンの登場

やがて本物の卵がイギリスでオークションにかけられることになりました。

これを受けて、ジェームズ・ボンドは、オークションを調べることになります。

やがてジェームズ・ボンドは、オークションに出向いて、卵を本物から偽物へと変えてしまいました。

こうすることによって、いったいだれが卵を手に入れるのか調べようとしたのです。

そんなことは知るよしもなく、カマル・カーンが卵を手に入れることになりました。

その後、ジェームズ・ボンドは、カマル・カーンを追って、インドへ向かうことに。

インドに着いたジェームズ・ボンドは、カマル・カーンとカジノで勝負をして、勝ちます。

やがてジェームズ・ボンドは、カマル・カーンのそばにいた女性と親しくなるのでした。

カマル・カーンの企て

女性の身体には青いタコの刺青があり、その後、女性はジェームズ・ボンドが所持していた卵を奪ってしまいます。

しかし、もちろん、卵に対して、無為無策だったわけではありません。

Qが卵に音声を記憶する機械を仕掛けていたのでした。

やがてジェームズ・ボンドは、カマル・カーンのもとへ連行されることになります。

ところが、ここで、Qの仕掛けた機械が効果を発揮していきました。

それによって、なんと、カマル・カーンは、ソ連の軍人とグルになっていると分かったからです。

ソ連の軍人は、こともあろうに、ヨーロッパを手に入れることを企てていたのでした。

ジェームズ・ボンドは、敵のもとから逃げ出して、水上の宮殿へとたどり着くことになります。

そこには、オクトパシーという女性がいたのでした。

ソ連の軍人の計画

オクトパシーという女性は、サーカスの主宰者だったのです。

そんななか、ジェームズ・ボンドのことを狙って、カマル・カーンの放った刺客がやって来ました

ジェームズ・ボンドと刺客は、激しい戦いへと発展していくことに。

そしてジェームズ・ボンドは一路、東ドイツへと向かうことになります。

ところが、その裏では、西ドイツの米軍基地のサーカスにおいて、あまりにもおそろしい計画が進行していたのでした。

なんと、サーカスの最中に、核兵器によって攻撃するという作戦が、ソ連の軍人によって企てられていたのです。

そしてソ連の軍人は、西ドイツにやって来ました。

これをストップさせようと、ジェームズ・ボンドは、複数の刺客と戦いながら、サーカスに向かいます。

映画『007/オクトパシー』ラストの結末

ジェームズ・ボンドは、サーカスにやって来ました。

そしてピエロに変装をしたうえで、核兵器の中から爆破させるための装置を撤去した、ジェームズ・ボンド。

その後、カマル・カーンは、インドに逃げることとなります。

これに対して、ジェームズ・ボンドとオクトパシーはいっしょに、カマル・カーンの宮殿に向かって、攻撃を仕掛けました。

カマル・カーンは航空機で逃亡しましたが、ジェームズ・ボンドはその航空機に乗って、彼らとバトルを繰り広げていくことに。

結局、ジェームズ・ボンドとオクトパシーは、航空機から逃げ、その後、航空機はカマル・カーンもろとも墜落を遂げるのです。

敵を倒したジェームズ・ボンドは、オクトパシーと親しくなっていくのでした。

映画『007/オクトパシー』感想

映画『007』シリーズで、さまざまな強敵を相手にしてきた、ジェームズ・ボンド。

それだけに、映画『007/オクトパシー』でのバトルも壮絶なものとなりました。

カマル・カーンやソ連の軍人は、歴代のジェームズ・ボンドの敵たちと比較しても、そうとう手ごわい相手でしたが、とにかく勝つことができて、ひと安心です。

それでも、ラストの空中での戦いは手に汗握るものとなりましたが。

過去の作品にひけを取らないこの名作を、この機会に目に焼き付けておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました