映画『ムーンライト』無料動画情報

▶無料動画配信

映画『ムーンライト』は、第89回アカデミー作品賞でオスカーを獲得した一作。

今回の記事では、映画『ムーンライト』無料動画を視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

アカデミー賞候補作!『ムーンライト』本国予告編

映画『ムーンライト』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『ムーンライト』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)
[字][吹]

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『ムーンライト』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ムーンライト』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

映画やドラマの本数が圧倒的に多く、本当に一日中見れてしまうところが一番おすすめです。
アマゾンプライムビデオやネットフリックスでは、出てこない洋画が見れます。

不朽の名作はもちろん、最新作も早く、見れることが嬉しいです。
1ヶ月の無料お試し登録も簡単で、手軽に自宅で映画を楽しめます。

大きなスクリーンやiPadなどで見ると、なお、本物の映画館のようです。

片手にポップコーンを共に、映画を本格的に楽しめる、そんな素晴らしいサービスを提供してくれます。
プラダを着た悪魔(2006年)を久しぶりに見ました。
ほかの動画配信サービスでは見当たらず、諦めてしまったが、U-NEXT だけは、きちんと配信してくれました。
本当に素晴らしいサービスです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『ムーンライト』作品情報

貧困とセクシャリティに悩む青年、シャロンが様々な人との出会いや別れ、秘密の恋を経験してゆく成長物語である。

スラムに住むシャロンは壮絶ないじめられっ子だった。

だが麻薬売人のフアン達と出会い、友人ケヴィンとの友情と恋を経て、ゆっくりと大人になっていく。

「同性」を愛するという秘められた思いを、シャロンはどうすれば良いのか分からず苦悩する。

シャロンは海辺で見る夜の海がとても好きだった。

月光に照らされ彼は青く輝くのだ…。

内気な男の子・シャロンは、学校では「リトル」というあだ名でいじめられている。家に帰っても居場所のない彼は、唯一の友人・ケヴィンとわずかな人だけに心を許し、日々を過ごしていた。やがてシャロンは、ケヴィンに友人以上の感情を抱くようになる。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (シャロン(ブラック))トレヴァンテ・ローズ
  • (ケヴィン)アンドレ・ホランド
  • (テレサ)ジャネール・モネイ
  • (シャロン(10代))アシュトン・サンダーズ
  • (ケヴィン(10代))ジャハール・ジェローム
  • (シャロン(リトル))アレックス・ヒバート
  • (ポーラ)ナオミ・ハリス
  • (フアン)マハーシャラ・アリ
  • (ケヴィン(9歳))ジェイデン・パイナー

スタッフ

  • 監督 バリー・ジェンキンズ
  • 音楽 ニコラス・ブリテル
  • 脚本 バリー・ジェンキンズ
  • 製作 アデル・ロマンスキー、デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー

映画『ムーンライト』ネタバレあらすじ

シャロンという小学生が必死に逃げていた、彼は小柄ゆえ「リトル」と揶揄われ、いじめられていた。

彼が逃げ込んだビルでキューバ人の男が助けてくれた。

彼はフアン、クラックコカインの売人。

だが窮地に陥ったシャロンを匿い家に招待し、食事をご馳走してくれた。

フアンとガールフレンドのテレサは暖かくシャロンを迎え、彼は少しずつ心を開いてゆく。

シャロンの家では、売春婦の母親ポーラがシャロンを虐待するかの様に暴力や暴言を吐いていた。

フアンも母親と折り合いが悪いという共通点を持っていた。

居場所がなかったシャロンにとっては、フアンが家族の様になった。

そして唯一の友人、ケヴィンはシャロンを心配しいつも気遣ってくれていた。

だがフアンが麻薬の売人で、母を混乱させるクスリを売っていたことを知るとシャロンはフアンを責めた。

フアンは何も言えなかった。

10代になったシャロンは、ケヴィンとの仲は変わらずとも、相変わらずいじめられる日々を送っていた。

フアンが急死したが、テレサはシャロンを助ける為にいつも親切にしてくれお金をくれていた。

だがそれを目当てにヤク中の母、ポーラが集る。

とある夜、シャロンはクラスメイトとケヴィンが性行為をしている夢を見た。

その後ケヴィンを尋ね、夜の砂浜でそのことを告白した。

将来の野望を語ると、マリファナを吸い、彼らはいつしかキスをして、ケヴィンはシャロンに手淫をする。

翌日、ケヴィンはいじめっ子達にけしかけられ、シャロンをいじめるように命令される。

初めはイヤだと言っていたが、仕方なくシャロンを殴りつけた。

何度も。

だがシャロンは決して崩れ落ちない。

自分で何もしなければ解決しないと決意したシャロンは、椅子を片手にいじめっ子に殴り掛かる…。

フアンとシャロン

いじめられっ子だったシャロンを無条件で助け、労り、家族の様に愛してくれたキューバ人のフアン。

シャロンは意識等はなかったが、フアンが「俺とお前は同じなんだな」というニュアンスの一言を告げていた。

これは、フアンとシャロンが、セクシュアリティとして「同性愛者」であり、一目もあり想いを秘めるしかないよな、という同調だった。

シャロンはその時には気づかなかったものの、フアンが亡くなり、自分が大人になった時にフアンの言葉の本当の意味が分かり、彼もとても苦悩していた事をやっと知ることとなる。

砂浜での秘密と別れ、そして再会

シャロンとケヴィンは友人同士だった、いじめられっ子だった彼を支え、いつも傍にいて励ましてくれたが10代の多感な時期に関係はあっさりと終わってしまう。

青い月光が二人を照らす中、シャロンとケヴィンは将来の夢や野望を語りキスを交わす。

シャロンはとても幸せな気持ちになるが、後日、ケヴィンは嗾けられシャロンを殴ってしまう。

シャロンはいじめっ子に牙を向き逮捕。

彼らの友情は終わってしまったかに思えた。

だが大人になり、すっかり体型もマッチョになりフアンの後を継ぎ麻薬売人として生きていた。

レストランでコックとして働いていたケヴィンと再会し、彼らはケヴィンの家で語り合う。

いつかの暴力事件について、そして砂浜での夜についてまた語り合う。

時を経て、互いの気持ちを確かめ合う、二人の道はこれから始まるのだ。

3人の「シャロン」

このムーンライトという作品は、3部構成で作られている、

母親との逃げられない関係や、フアンやテレサとの出会いと友情、そしてケヴィンとの絆が描かれた子供時代の「リトル」。

シャロンのいじめ問題を軸に、ケヴィンとの関係で心に沸き上がる感情を、丁寧に描いた青年時代の「シャロン」。

刑務所を出所した後、強くあろうと身体を鍛え抜き麻薬売人としても「強固」になったシャロンと、バツイチになっていたケヴィンの関係の変化を描いた「ブラック」。

3人は別人のはずなのに、底に流れている「胸に秘めた悩み」は変わらないので、ずっと彼の中にあるので、特に違和感もなく見続ける事ができました。

映画『ムーンライト』ラストの結末

いじめっ子を殴り倒した傷害事件で逮捕され、服役していたシャロンは出所後アトランタで麻薬売人としてフアンと同じ道を歩んでいた。

身体を鍛えマッチョになり、タトゥーを入れ、高級車で、音楽をガンガン鳴らしながら車を転がす。

彼の商売は順調ではあった。

母親からは金やヤクをよこせと相変わらず連絡は来るが相手にしていなかった。

ある日、ケヴィンから連絡が入り二人は再会する。

ケヴィンは成り行きとはいえ、シャロンを傷つけてしまった事を深く悔いていた。

ケヴィンは結婚したが離婚したことを告げ、人生とは思い通りにはいかないと零す。

シャロンは、ケヴィンとの夜以降、同性はおろか誰ともあんな経験はしたことがないと告白し涙を流した。

風貌は変わってもシャロンは幼い子供のようだった。

ケヴィンは心動かされ、彼を優しく抱きしめた。

それはずっとシャロンが望んでいた風景そのものだった。

映画『ムーンライト』感想

とにかく色彩が美しい作品です。

フアンの家の室内の鮮やかさ、実家で売春を営む母の部屋のピンクのギラギラ感、そして静かで波打ち寄せる夜の砂浜の青。

いじめっ子を殴り倒す際の椅子の赤、大人になり重厚感を増してしまった「守り」のシャロンの黒。

セクシャリティや麻薬、屈折した親子の関係、そして貧困、差別とディープな問題を盛り込みつつも、どこか詩的で光が美しく描かれています。

母親役のナオミ・ハリスがかなり怖かったです、彼女もキャスティングの段階で、かなり暴力的な役柄なので難色を示したようですが、脚本を見せて監督がきちんと説明を重ねた事で決まった事が分かっています。

本当に憎らしい程の母親を、病院部分まで見せてくれた彼女の素晴らしい演技に大感謝です。

あと「ニュアンス」で、ムーンライトは綴られているのも魅力のひとつです。

表立ってシャロンやフアンが自分のセクシャリティをひけらかせる訳でもないので、密かな初恋も、共感できる気持ちも直接的に言わずとも、相手に伝わる様に「ニュアンス」で、雰囲気で伝える部分。

特にフアンの存在というのはシャロンにとって、その後の人生を決めるきっかけにもなるので、大きなものです。

全てを観客に理解を求めることは難しいことですが、見事に表現しオスカーまで辿り着いたと思います。

映画『ムーンライト』視聴者の声

とても静かな作品で、結構いろんなことは起こるけど映画的にはそこまで盛り上がりがある演出ではなかったです。
なので、ちょっと眠いなというのは否めませんでしたが、とてもいい話でした。
黒人は月明かりの下では青く見えるということ(映画の中でもそういうセリフがある)で、青を多用した画になっており、とてもきれいです。
幻想的でひきこまれます。
シャロンという黒人男性の幼少期、学生期、青年期の出来事が描かれている本作。
それぞれ別の役者さんが演じているのですが、全員どことなく顔が似ていて違和感がありませんでした。
顔が似ているというと語弊があると思うのですが、なんか目が一緒だったんですよね。
それは撮り方もあると思うのですが、すごい人たちを見つけてきたなと思いました。
幼少期、優しくしてくれたおじさんの存在が支えだったのに、彼もまた母親に薬を売っていた売人だったり、学生の時、いじめに遭い、心をかよわせたはずの男友達からも殴られたり、シャロンの人生は悲しいことの連続でした。
その結果、ああいうことになったんだろうなと切なくなりました。
それでも、最後はそれが恋愛なのか、もうちょい違うものなのか、それが続くかもわからないけど、学生時代の友達と仲直りできてよかったなと思いました。
静かだけど、いろいろ考えさせられるし、描かれなかった部分が想像できて余韻の残るいい作品でした。【30代女性】

難しい作品です。

子供が育っていくにはとても難しい環境でセイテキマイノリティで、親から虐待されていてとこれだけ難しい環境が揃うと、子供はどのように育つでしょうかというドキュメンタリー映画のようです。

この環境で子供を育てるのはかなりの努力が必要でしょうね。

でも、実際に世界にはある世界なんでしょうね。

シャロンはファン(マハーシャラ・アリさん)のおかげでしょうか、それでもまっすぐ育っているような気もします。
お母さんのポーラがすごい迫力でどこかで観たことがあると思いきやナオミ・ハリスさんパイレーツ・オブ・カリビアンのティア・ダルマですね。

どちらもすごい迫力です。 
テレサ役のジャネール・モネルさんはドリームにも出ていましたね。歌もうまくて演技ができるのは本当すごいです。
撮り方が面白いですね。

画面が揺れて、実際自分がそこにいて目線が動いているような感覚になります。

光の加減も蛍光灯や日光、月明かりなど、シーンによって使い分けていて、微妙な心の動きが光によっても演出されています。

監督・脚本のバリー・ジェンキンスさんの自伝的作品なんですね。

本作の表紙は左から成長していく順の主人公になっているんですね。生きるとはどういうことか考えさせられる映画でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました