映画『ターミナル』無料動画情報

▶無料動画配信

今回の記事では、2004年に劇場公開された映画『ターミナル』無料動画を視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

ターミナル – 予告編

映画『ターミナル』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『ターミナル』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『ターミナル』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ターミナル』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

視聴できるコンテンツが多いのが一番のおすすめポイントです。
見られる動画の本数は他の動画配信サービスに比べ圧倒的に多いです。

基本料金は高いですが、料金内で4つまでアカウントが作れるので、家族や友人に子アカウントを作って一人あたり500円まで安くなると考えれば妥当な金額です。
新作映画や電子書籍には追加料金がかかりますが、毎月1200ポイントが付与されるため、月に1、2本ぐらいなら新作映画も基本料金内で視聴することが出来ます。
電子書籍はカバーしているジャンルが広く、古典から漫画・科学書まで幅広く取り揃えています。
絶版となり書店では手に入りにくい漫画も電子書籍化され、毎月のポイントで購入できるので非常に重宝しています。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『ターミナル』作品情報

ジョン・F・ケネディ空港の入国手続きをにしきた「クラコウジア」という国からやってきた、ビクター・ナボルスキー。

観光目的でやってきたが、入国が許可されない。

彼が出国した日、クラコウジアで軍事クーデターが起き、大統領達は拘束され、市民達にも被害が及び、国の存続の危機に瀕していた。

故郷に帰る事もできず、アメリカにも入国はできない。

そんな中、空港内で生活を始めたナボルスキーは、言葉を覚え人々と出会い、そして生きていく。

東欧の小国クラコウジアからNYを訪れようと、JFK空港に降り立ったヴィクター。だが、出国手続きの際に母国でクーデターが発生したためにパスポートが無効になってしまう。帰国も出国もできなくなった彼は、仕方なく空港内で生活をすることに。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ビクター・ナボルスキー)トム・ハンクス
  • (アメリア・ウォーレン)キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
  • (フランク・ディクソン)スタンリー・トゥッチ
  • (ジョー・マルロイ)シャイ・マクブライド
  • (エンリケ・クルズ)ディエゴ・ルナ
  • (レイ)バリー・シャバカ・ヘンリー
  • (トーレス)ゾーイ・サルダナ
  • (グプタ)クマール・パラーナ
  • エディ・ジョーンズ
  • マイケル・ヌーリー

スタッフ

  • 監督 スティーヴン・スピルバーグ
  • 音楽 ジョン・ウィリアムズ
  • 脚本 サーシャ・ガヴァシ、ジェフ・ナサンソン
  • 製作 ローリー・マクドナルド、ウォルター・F・パークス、スティーヴン・スピルバーグ

映画『ターミナル』ネタバレあらすじ

空港に辿り着いた一人の男、クラコウジアという国からやってきたビクター・ナボルスキー。

だが彼の望み通りにはいかず、国が軍事クーデターを起こした事で入国拒否されてしまう。

しかし英語があまり分からない彼には、入国管理官が何を言っているのか分からず戸惑う。

ターミナルに戻るとテレビでクラコウジアの危機が放映されており、ナボルスキーは涙を流し困惑する。

アメリカにも入れず、パスポートも没収されてしまい、祖国にも戦争状態のため戻れない。

彼はターミナルで改装予定の67番ゲートを寝床とし、器用にベッドや生活環境を整えると、カート整理で小銭を稼ぎ、居場所を切り開いて行く。

国境警備局のディクソンは自らの保身と出世のため、ナボルスキーを目の上のたんこぶの様に扱う。

彼が勝手にアメリカに一歩でも入国し、他の部署に彼をなすり付け、拘束する様に働きかけようにしたが、ナボルスキーは「待つ」ことを辞めず、季節を過ぎてもターミナルに居続ける。

清掃員グプタがわざと濡らした床で滑った客室乗務員アメリアを助けた事から、彼女と交流を深め惹かれ合う。

ディクソンの策略でカート整理の仕事を奪われても、貨物整理のエンリケが入国係員のドロレスとの橋渡しを懇願し、二人は空港で結婚式を上げた。

空港で視察が行われた日、ミロドラゴヴィッチという男が入国審査で暴れ出した。

言葉が通じない事からディクソンは、ナボルスキーを連れて来て通訳を頼む…。

見知らぬ国で、故郷が消えてゆく様を見つめる

アメリカに来た際には自国語しか話せなかったナボルスキー。

空港入国管理官のディクソンに、祖国クラコウジアで起こっている軍事クーデターについても理解できず、何故ニューヨークに行けないのか、私はブロードウェイのキャッツが見たいと楽しげに語っていた。

ところがロビーに戻され、放送されているテレビを見て表情が一変。

国での非常事態がやっと飲み込め、ただ困惑し涙を流す。

だが彼はへこたれず、英語を覚え、クラコウジア大統領の手術成功への容態が50:50だと知ると出国できるように祈りを込め入国係官のドロレスに毎日書類を手渡す。

彼のそんな小さな積み重ねが、人との繋がりを作り、温かな絆へと変わっていった。

空港サバイバル

トム・ハンクスには、サバイバルがよく似合う。

かつて「キャスト・アウェイ」では無人島に不時着した男が一人で試行錯誤の中、極限サバイバルで生きている物語だ。

本作は空港で祖国の都合で閉じ込められた男性が、何でもある中で人間も沢山いるのに、初めは彼に助けを差し伸べる人物はいない。

だからこそ彼は手持ちの荷物を抱え、67番ゲートという改装中の待合室で、ベンチを組み合わせ、ベッドを自作し道具を集め、知恵を使いカートを戻せば25セントが戻るという事を覚えると小銭を稼ぎ、バーガーキングで食べ物を買う。

空港で売っている観光本を買い、言葉を少しずつ覚えていった。

まるでやることなすことRPGのゲームの様。

経験値を確実に溜めレベルアップしていく。

ナボルスキーは清掃員や倉庫番に愛される様になり「ヤギ」の薬の一件で、ターミナルのヒーローになった。

アメリアとの出会い

自らを「病気」という、ナポレオンを愛する客室乗務員アメリア。

美しく聡明なのにとても不器用で、妻子持ちの男性を愛してしまったという後悔にさいなまれる。

そんな彼女に優しく寄り添ったのが、片言の英語しか話せないが、中身は紳士ナボルスキーだった。

ナボルスキーは彼女に好意を持ち、協力してくれた清掃員グプタや貨物輸送担当のジョー、フードサービスのエンリケに協力を仰ぎ、彼女を食事に誘える様にナボルスキーは空港内で仕事を探したり、デート用の洋服を買ったりする。

なんといじらしいことか、皆の協力のかいあって、アメリアを食事に誘い、空港に作った美しいプライベートラウンジで食事を楽しむ。

夢見がちなアメリアはいつか妻子持ちの男性に呼ばれる日を待ち望んで、ポケベルが鳴るのを待っている女性だった、ナボルスキーは自分の状況を告白し、空港でひたすら待っているのを伝えた。

どこか似た者同士。

彼らは「待つしかない」ポケベルを投げ捨てた。

映画『ターミナル』ラストの結末

暴れ回るミロドラゴヴィッチを宥め、彼の願いを読ませることによりナボルスキーの評判は、職員や空港で働く人々の間で急上昇した。

アメリアに入国する際に肌身離さなかった「ピーナッツ缶」を見せ、なぜターミナルに居続けるのか語り出す、彼の父、ディミタルは熱烈なジャズファンで、英語が分かる尼さんに手紙を代筆してもらいジャズシンガー達にファンレターを送り続けた。

一人を除いて全員からサイン付きの返事が来た。

缶の中には一人一人、大切そうにサインが折り畳まれて入っていた。

父は亡くなってしまったが、ナボルスキーは残る一人のサインを貰うためニューヨークへ来て是非会って、父の望みを叶えたいと言い、ナボルスキー自身はアメリアをずっと待っていると告げた。

アメリアも思いに応えキスを交わす。

そして、やっとクラコウジアの内戦が終わり国へ帰れる日がやってきた。

アメリアの「機転」で一日だけニューヨークへ行ける特別ビザを、ナボルスキーの為に用意した。

彼は喜ぶが、有効にするにはサインが必要。

それは彼にとってずっと障害になり続けたディクソンのであった。

彼はかつて故郷で殺人未遂を起こした清掃員グプタや、彼の力になってくれた仲間達の名前を出し、さっさと国へ帰る様に脅した。

さすがに打つ手なくナボルスキーは事情を知らないグプタに罵倒されながら、搭乗口に向かった。

だがその後、ディクソンの話を聞いていた係員から事の真相を告げられると、単身滑走路のクラコウジアの飛行機に向かって走って行く。

彼は拘束され、無言でナボルスキーを勇気づけた。

飛行機は「遅延」し、空港中の人々の声援を受けながら、空港の外にナボルスキーは一歩を氷見出した。

仕事に向かうアメリアと目が合う。

彼女は微笑むと空港の中へ消えた。

彼はずっと父が憧れていたサックス奏者とやっと会え、サインをもらうと満足げに缶の中へ入れ、満足げに「家に帰るんだ」と呟き、国へ帰るためタクシーで空港へ向かっていった。

映画『ターミナル』感想

序盤は、アメリカに観光の為にやってきた言葉も通じない異国人が祖国の危機で、無国籍になってしまったというハラハラ感と、ナボルスキーの生きる為の空港でのサバイバル術に思わず目を奪われました。

アメリアというヒロインも登場し”なんだなんだ?なんかベタだけど面白いぞ”と、思わせてくれました。

歴史好きで不器用なアメリアを優しく包み込む、ナボルスキーとの関係がどこか初々しくて二人が上手くいってほしいなぁとぼんやりと思っていました。

ところが、ナボルスキーがずっと手に持っていた缶の正体が分かると、状態は一気に変わります。

亡くなった父の願いを叶える為にやってきた息子。

彼の目的が観光やミュージカルではなく、一人のジャズシンガーに会う事だったという切ない目的で、ずっとターミナルに意地でも死が見続けたということを知ると、何ともいえない気持ちになります。

その後、アメリアの「彼氏」の尽力で特別ビザが降りるものの、ディクソンの脅しにより国へ帰らざるを得ない状況に追い込まれるナボルスキーに決意させるため、家族を守るため殺人未遂をしたため。

国から逃げ出していたグプタが滑走路でクラコウジアの飛行機を阻止するシーンは、実際やることでもないし言語道断な案件ですが、不器用な彼らしい行動で不覚にもぐっと来ました。

アメリアと結ばれなかったのも「運命」なのだとしたら、再びどこかで出会う事も「運命」だと思います。

実はそれに期待します。

でも無粋なのかもしれないですね。

ターミナルでの恋だから良かったのかもしれません。

映画『ターミナル』視聴者の声

2004年公開のアメリカ映画です。
もし自分の国が旅行中にクーデターに遭い、空港から出られなくなったら。考えただけで本当に恐ろしくなります。
「Yes.」「No.」という局長とのやり取り面白いですね。

局長のフランク・ディクソン役のスタンリー・トゥッチさんどこかで見たと思ったら、プラダを着た悪魔のデザイナーのナイジェル役ですね。

良い役者さんです。悩める人が似合いますね。
アメリア役のキャサリン・ゼタ=ジョーンズさん綺麗です。

39歳と言ってますが、ご本人は35歳ですね。
ドロレス・トーレス役のゾーイ・サルダナさん、スタートレック好きの、入国係官の役ですが、5年後2009年本当にニヨータ・ウフーラ役でスタートレックに出演しいるなんて面白いですよね。
1日のビザの印鑑をもらわずに外に出たわけですから不法入国になるわけですよね。日本だと3年以下の懲役または300万円以下の罰金もしくはその両方と強制退去処分と5年間の日本入国禁止処分だそうです。

それをわかってか分からずか、あのゲートを潜ったわけですね。

ただ、見逃したセキュリティ側にも問題がありそうですね。

そうなるとお咎めなしになるように局長が動いてくれそうですね。
ジャズの国へ入れて本当に良かったです。

平和って当たり前になってるけど本当に当たり前じゃないんだなぁと思わされた映画でした。【30代女性】

言葉もよくわからず、戦争で祖国がなくなって、アメリカに入国できなくなった男が空港でいろんな人の助けを得ながら生活するという話です。
主役はトム・ハンクスが演じていて、すごく親しみやすかったです。
最初は英語もわからない男の役なのですが、ほんとはない言葉を話したりしていて、さすがトムと思いました。
私がもし、言葉のわからないところに閉じ込められたら、もう終わりだなと思います。
トムは、本屋で英語を勉強したり、自分の得意分野の仕事を探したり、なんとも向上心の高い人でした。
最初、仕事もなく、お金もない時の、サバイバルの様子もおもしろかったです。
なるほど、カートをしまうだけで金がもらえたりするんですね。
知りませんでした。
話の内容的には、こんなことありますかってことも多かったです。
そもそもの前提として、ああいう状況になった男はあそこまでほっとかれるものなんでしょうか。
難民としてなんか保護を受けるとかないのかなと思います。
もしかしたらそこらへんも映画で描かれているのかもしれませんが、私にはよく理解できなかったです。
空港という狭い世界で繰り広げられる人情劇はおもしろいのですが、よくわからないところもあり、ちょっとのれませんでした。
もう少し、話にリアリティを持たしてくれたらなと思いました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました