映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』無料動画情報

▶無料動画配信

日本では、 2015年6月20日に公開された、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。

今回の記事では、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』無料動画を視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』予告編

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年9月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

とにかく作品数が多いところがおススメですね。
見放題のラインナップ数はおそらくダントツでナンバーワンだと思います。
邦画、洋画、アニメだけでなく漫画、雑誌も揃っていて、どのジャンルにおいても豊富なラインナップで今まで全く知らなかった作品や昔懐かしの作品まで幅広く出会うことができます。
自分の見てきた作品の傾向などからさまざまなカテゴリー分けで作品を探すことができるので、作品選びも簡単です。
今は31日間無料トライアルもやっていて、どのサービスを利用しようかと悩んでいる人も気軽に試すことができて、気に入らなければ期間内であれば無料で解約することができるので、お試しで契約してみるのもいいかもしれません。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

動画配信サービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思いま...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴や...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。...

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』作品情報

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来27年ぶりとなるシリーズ第4作。

核戦争で荒廃した土地を仕切る集団と、マックスとフュリオサの2人との闘いを描きます。

第88回アカデミー賞では10部門にノミネートされ、衣装デザイン賞・美術賞・メイクアップ&ヘアスタイリング賞・編集賞・音響編集賞・録音賞の6部門で受賞しました。

監督は、ジョージ・ミラー。

マックス役には、トム・ハーディ。

フュリオサ役には、シャーリーズ・セロン。

愛する者を失った元警官・マックスは、独裁者・ジョーの軍団にとらわれる。そんななか、ジョーの右腕であるフュリオサが反旗を翻し、囚われの女性たちと共に逃走。怒り狂ったジョーは軍団を率いて追跡を開始する。マックスはこの追跡劇に巻き込まれ…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (マックス)トム・ハーディ
  • (フュリオサ)シャーリーズ・セロン
  • (ニュークス)ニコラス・ホルト
  • (イモータン・ジョー)ヒュー・キース=バーン
  • (スプレンディド)ロージー・ハンティントン=ホワイトリー
  • (キャパブル)ライリー・キーオ
  • (トースト)ゾーイ・クラヴィッツ
  • (ザ・ダグ)アビー・リー
  • (フラジール)コートニー・イートン
  • (リクタス)ネイサン・ジョーンズ

スタッフ

  • 監督 ジョージ・ミラー
  • 音楽 ジャンキー・XL
  • 脚本 ジョージ・ミラー、ブレンダン・マッカーシー、ニコ・ラソウリス
  • 製作 ダグ・ミッチェル、ジョージ・ミラー、P・J・ヴォーテン

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』ネタバレあらすじ

世界が核戦争で崩壊し、放射能に汚染された近未来に、生き残った人々は、残り少ない水や石油を奪い合います。

妻子を救えなかった後悔に苛まれながら、元警官のマックスは車で放浪生活をしています。

ある日、崖の上でトカゲを見つけて生のまま食べた直後、マックスは武装集団「ウォーボーイズ」に捕まってしまいました。

「シタデル」という砦に連れられ、入れ墨と焼き印を押されてしまいました。

シタデルでは、イモータン・ジョーが君臨していて、豊富な地下水と農作物を管理下に置いて、人々を支配していました。

イモータンは「子産み女」と呼ぶ若い妻を5人囲っています。

シデタルには放射能で汚染され輸血を必要とする者がいて、マックスは、ニュークスの輸血ドナーにされました。

ある日、水と農作物のかわりに石油を手に入れるため、イモータンの右腕の女将軍フュリオサの部隊が、武装タンカートレーラー「ウォー・リグ」で、シデタルを出発しました。

フュリオサはもともと、砦の東にある「緑の地」に住んでいました。

そして幼い頃、母と2人、さらわれて砦に売られたのでした。

母は砦に連れてこられた3日目に死にました。

フュリオサは、イモータンの5人の妻たちを「ウォー・リグ」に乗せて、緑の地に向かいました。

ウォー・リグを奪おうとするマックス

しかし、フュリオサの進路変更は、すぐにイモータンに気づかれました。

怒ったイモータンはウォーボーイズと、武器将軍や人食い男爵の軍団も引き連れて追走してきます。

マックスはニュークスの「輸血袋」として車の前に鎖で張り付けられています。

フュリオサたちは、イモータン軍団と、「ヤマアラシ」軍団からも追われて、砂嵐に突っこむことにしました。

追手は砂嵐の竜巻に巻き込まれました。

砂嵐を突破したフュリオサたちが、水浴びをして砂を落としていると、ニュークスを担いだマックスが現れました。

マックスは、フュリオサに水をもらったり、鎖を切ってもらったりしました。

しかしマックスは、フュリオサからウォー・リグを奪って逃げようとしました。

イモータンに追われて逃げるマックスたち

ウォー・リグには、フュリオサしか運転できない仕掛けがついていました。

結局マックスは1人では逃げることができませんでしたので、フュリオサたちと共に逃げることになりました。

フュリオスたちは、途中の谷で、モトクロスバイクの集団と遭遇しました。

追手を攪乱してほしいと頼みましたが、追手の数が多いため、引き受けてもらえませんでした。

そんななか、どさくさ紛れにニュークスはイモータンのところに戻り、イモータンの5人の妻たちを取り返すよう命令を受けて、またマックスのところに戻ってきました。

モトクロスバイクの集団を巻いて、イモータンとのカーチェイスの最中に、イモータンの1番のお気に入りのスプレンディドが矢を射られて車外に投げ出され、車に轢かれて死にました。

変わり果てた緑の地に絶望するフュリオス

イモータンは、スプレンディドの遺体の腹部から男の子を取り出しましたが、その男の子も死んでいたので、怒り狂いました。

ニュークスは、スプレンディドと赤ん坊が死んでしまい怒っているイモータンを恐れました。

そしてニュークスは、マックスやフュリオスと共に逃げることにしたのでした。

しばらくして、ぬかるみの地帯にさしかかり、ウォー・リグのタイヤがはまって動けなくなりました。

ニュークスは、ウォー・リグを樹木につないで、板を敷いて牽引し、ぬかるみから脱出しました。

マックスは、追っ手の車へ行き、爆発を起こして大量の武器を奪い、戻ってきました。

フュリオスは、緑の地の7人組の女バイク集団と再会を果たしました。

しかし、緑の地は土壌が汚染されて腐っていました。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』ラストの結末

マックスはフュリオサに、シタデルを奪って住むことを提案しました。

そのころ、イモータンはすでに追跡をあきらめかけていましたが、ウォー・リグが戻ってきたのを見て、再び奮い立ち、フュリオサたちを追走してきました。

そんななか、フュリオサは脇腹を刺されてしまいましたが、イモータンを殺害することができました。

しかしフュリオサは瀕死状態になり、マックスが輸血をして命を救いました。

ここで初めてマックスは、自らの名前をフュリオサに伝えるのでした。

マックスやフュリオサたちは、シタデルの人々の前で、イモータンの屍を見せました。

民衆によるフュリオサコールが起こる中、マックスは人ごみにまぎれて去ろうとします。

フュリオサは、マックスの幸運を祈りました。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』感想

観る前までは想像もつかない世界感に圧倒されました。

内容はとんでもなくクレイジーな世界だけど、意外ときちんとしたストーリーがあって、しかも自由と故郷を求める女性の重いストーリーでした。

でもバトルでも盛り上がりました。

なにしろ、壮大な砂漠を背景にして、予想を超えたアクションや、砂嵐や竜巻などの視覚効果がスバラシイ!

とにかくかっこいいです。

視覚効果もすごいですが、音も迫力満点でした。

重低音とギターなどが、感動ものです。

途中、物干し竿みたいなのに戦闘員をくくりつけて、車を襲うのは恐怖でした。

映画はだいだい最初から終わりまで、カーバトルシーンの連続で、迫力満載で、面白いところもあって、音楽がギターや太鼓だったりして原始的な雰囲気もだしていてよかったです。

バイオレンス映画としての完成度が高いと感じました。

奇想天外なシーンも多くて、だけど、いろんなものが調和している感じです。

私はバイオレンス映画は苦手なのですけど、これは最後まで夢中になって観てしまいました。

火炎放射のシーンは、1番の見どころです。

塔と緑の地を1往復するだけのストーリーなのに、クセの強い登場人物や、近未来の風景が最高すぎて、最後まで見入ってしまいました。

大傑作の映画です。

この映画が人気あるのも納得でした。

映画『マッドマックス 怒りのデスロード』視聴者の声

デス・ロードとタイトルについているだけあって、ただ、ただ敵から逃げるという本作。
ただ、それだけの作品がここまでおもしろいなんて思いませんでした。
出てくるキャラ、出てくるキャラ、個性的ですばらしいし、武器商人とか、戦いを鼓舞するためだけのギターカーとかたまりません。
私は、マッドマックスシリーズってこれしか見たことないのですが、見事にはまりました。
シャーリーズ・セロンが演じるフュリオサがかっこよくてたまりませんでした。
短く刈り込まれた短髪で最初、シャーリーズだとはわかりませんでした。
美しく、そして強い女です。
今まで出てきた女戦士たちの中で一番かっこいいと言っても過言ではないのでしょうか。
この世界で、敵の女たちはそりゃあ酷い目にあっており、フュリオサがどれだけ彼女らの希望だったかわかりません。
主役のマックスは今回、そんなに目立ってなかった気もしますが、その目立たなさが逆にいいと思います。
そうはいっても、輸血ドナーとしてとらえられたり、昔のトラウマを思い出したり、この世界の狂気性を表すのに一役も二役もかっていました。
見たあとは、なんかかっ飛ばしたくなる(スピード違反はだめですが)そんな映画です。
また、続きを見たいと思わせてくれました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました