映画『下妻物語』無料動画情報

▶無料動画配信

2004年に公開された、映画『下妻物語』。

原作は嶽本野ばらの「下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん」。

今回の記事では、映画『下妻物語』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

Kamikaze Girls – Trailer

映画『下妻物語』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『下妻物語』は、4つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『下妻物語』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『下妻物語』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

映画やドラマの本数が圧倒的に多く、本当に一日中見れてしまうところが一番おすすめです。
アマゾンプライムビデオやネットフリックスでは、出てこない洋画が見れます。
不朽の名作はもちろん、最新作も早く、見れることが嬉しいです。
1ヶ月の無料お試し登録も簡単で、手軽に自宅で映画を楽しめます。大きなスクリーンやiPadなどで見ると、なお、本物の映画館のようです。
片手にポップコーンを共に、映画を本格的に楽しめる、そんな素晴らしいサービスを提供してくれます。
プラダを着た悪魔(2006年)を久しぶりに見ました。
ほかの動画配信サービスでは見当たらず、諦めてしまったが、U-NEXT だけは、きちんと配信してくれました。
本当に素晴らしいサービスです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『下妻物語』作品情報

茨城県下妻市という、田んぼと牛とジャスコが混在する田舎へ引っ越した竜ヶ崎桃子を中心に、ロリータファッションをこよなく愛する彼女と、暴走族のヤンキー白百合いちこ(イチゴ)との友情を描く。

ロリータファッション命!の少女・桃子は、田んぼだらけの下妻から代官山まではるばる通っている。大好きなブランドの洋服を買いたい一心で、某海外ブランドのバッタものを売り始めた彼女は、特攻服&原チャリで爆走するヤンキー少女のイチゴと出会う。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (竜ヶ崎桃子)深田恭子
  • (白百合イチゴ)土屋アンナ
  • (桃子の父)宮迫博之
  • (桃子の母)篠原涼子
  • (一角獣の龍二)阿部サダヲ
  • (BABY, THE STARS SHINE BRIGHT の社長)岡田義徳
  • (亜樹美)小池栄子
  • (ミコ)矢沢心
  • (八百屋の若旦那)荒川良々
  • (パチンコ屋店長)生瀬勝久

スタッフ

  • 監督 中島哲也
  • 原作 嶽本野ばら
  • 音楽 菅野よう子
  • 脚本 中島哲也

映画『下妻物語』ネタバレあらすじ

ロココの世界を愛する少女、竜ヶ崎桃子は「甘くて可愛いスィートな世界」に行けるのを夢見ていた。

だが田んぼとジャスコ(現イオン)が混在する町、ここは茨城県下妻。

妻に逃げられた父と一緒に桃子は祖母の実家へ引っ越して来たのだ。

桃子はバッタモノを売る父親から、嘘をつき金を騙し取ると洋服や小物を山の様に買っていた。

桃子は「好きなものを買って何が悪いの?自分が気持ちよければOKじゃん、だけどわたし心根が腐ってます」と自嘲する。

ある日、バッタもの目当てに白百合イチコ(本当はイチゴ)から連絡が来る。

自宅で大量に在庫品を抱えていたので、家で見て貰おうと待っていると、暴走族の名前を背負った単車が爆音を奏でて家へ入って来た。

目つき悪くヤンキーの彼女こそがいちこだった。

桃子とタメであったが、バッタもんのベ◯サーチをたいそう喜び、恩を勝手に感じて帰って行った。

その後友達になった気のいちこは、何度も桃子を訪ねて来る。

桃子は友人などいらないと相手にもしなかったが、いちこはしみじみと昔の話を勝手にし始める、昔、悩み困っていた彼女に優しい言葉を掛けてくれたのが、暴走族の頭の「亜樹美」さんだった。

彼女に感謝し、引退する彼女のために特効服に「亜樹美さんありがとう」と刺繍を打ちたいと夢を語った。

いちこは伝説の刺繍屋「妃魅姑」を探そう!と、下北沢へ桃子を連れ繰り出す…。

ロリータとヤンキーの女同士の友情

ロリータ少女と、暴走族に属するヤンキーという一瞬、共通点がなさそうな二人だが「好きな事について誇りを持ち、決して諦めない」ことが全く同じである。

桃子は「BABY, THE STARS SHINE BRIGHT」をこよなく愛し、ダメ父から金を毟り取り、大好きな洋服などを買う。

それが例え間違えていたとしても、身勝手と笑われても、桃子が良ければそれで良いのだ。

一方イチゴも恩人である亜樹美さんへの感謝を忘れず、一角獣の竜次に片思いするが亜樹美さんの恋人として現れると、桃子は「ここでは何も見てないよ」という彼女なりの気遣いを感じながら、土手で泣き崩れ身を引いた。

暴走族の変化にもついていけず抜けると「一人でも走るよ」と言う彼女は素敵だ。

イチゴの特効服を仕上がった事で、彼女達の友情は確固たるものになり、最後、イチゴがリンチに合いそうになった時、始めて原チャで彼女の元へ突き進んで行くのだ。

桃子が自信と誇りを持てた瞬間

桃子の隠れた才能が花開いたのは、イチゴの特効服の「亜樹美さんありがとう」を打つことを約束した時。

ロリータ少女だった桃子は中学校の頃から刺繍を嗜み、BABYの社長にリメイクを褒められる程の腕になっていた。

幾晩も徹夜して出来上がった特効服は素晴らしく、イチゴは桃子を抱きしめ喜び、桃子も「はじめての感情」が沸き上がる。

その後、BABYの新作ドレスに刺繍を入れる仕事をもらい挑戦するが、それまでのらりくらりと暮らしてきた彼女は「ビビる」のだ。

イメージを固め、針を刺す。学校も休み、集中して見事に完成させた。

ドレスはとても喜んでもらえ、社員になることは桃子は断ったが、その後、アルバイトとして働く機会をもらえた。

自分で自分の道を切り開いたのだ。

桃子といえばパチンコが異常に強いという才能もあるものの、それは別のはなし。

牛久大仏ほとりの激闘

BABYのドレスの納品日、イチゴが暴走族の抗争に巻き込まれリンチされそうだと知り、家を飛び出し祖母から何となく操作方法を教えてもらった伝説の原チャに乗り、牛久大仏へ向かった、途中八百屋の軽トラに引かれたが、奇跡的に無傷で殴り込みを掛けた。

殴られ血だらけのイチゴを見て呆然とするが、血がお気に入りのドレスに掛かった事で悲鳴を上げ、ヤンキー達に泥水に放り込まれると、怒りが爆発する。

ロココの世界で可愛く生きたかった桃子は姿を消し、尼崎で生まれ育って来たヤンキーの血が騒ぎ、ヤンキー達を荒々しく罵倒する。

イチゴは呆然。

桃子は金属バットを振り回し、亜樹美引退後、頭にいたミコを追いつめた。

自分は伝説の刺繍屋「妃魅姑」の娘だと嘘をつき、皆を信じさせ、無事にイチゴを奪還した。

「妃魅姑」の存在すら、実はイチゴの創作だったことを知り、二人は勝利の笑みを浮かべた。

映画『下妻物語』ラストの結末

「私は可愛いロココの世界で生きたかったなぁ」

桃子はずっとそう願う少女だった。

だが、水商売で働いていた母とチンピラをしていた父のデキ婚で出来たのが桃子だった。

その後、母は不倫で出て行き、残されたダメ親父と二人で生きて来た彼女は、やっと刺繍という才能を見つけ「人に認められる」喜びを知った。

仕事を受け、下北沢に向かいドレスを納品しようとしていたが、イチゴの危機を知る。

社長に断りの電話を入れると「行ってあげなさい、行くべきです」となかなか粋な一言を掛けてくれた。

祖母から伝説の原チャを受け取ると、暴走族のレディース達にも見事に立ち向かい、イチゴを奪還した。

その日の約束は守れなかったが傷だらけになった桃子は無事、ドレスを納品し絶賛される。

イチゴは高校に通いながら、モーターズでバイトをし汗を流しながら、一人で走っていた。

手放した物も沢山あったが、二人は変わらぬ友情を手に入れたのだ。

映画『下妻物語』感想

とてもとても大好きな作品です、中島監督のかなり昔の作品ではありますが、それまでTVドラマ「濱マイク」で一編(ミスター・ニッポン)を担当されていた事もあり、長編作品を楽しみにしていました。

独特なダイナミックな色彩とスローモーション技法が癖になり、好きな人には見事にハマる世界感を出すのが中島哲也作品だと思います。

冒頭で、桃子が軽トラに原チャごと吹き飛ばされ、空を飛んで行くスローモーションはダイナミックで、一度に色々と情報をぶち込まれる感じがとてもインパクトがあり、引き込まれました。

この作品でジャスコ(現イオン)の凄さを知り、BABYを知りました。

本作がきっかけで、BABYも広く認知され大人気となり、今でも沢山の支店を見かけます。

音楽を担当されたのが、ずっと大ファンの菅野よう子さんだということで、映画館に足を運ぶきっかけにもなりました。

サントラも購入しました。

イチゴが土手で泣きじゃくる際に流れる「She said」は本当に素晴らしく、切なくなる一曲です。

あと最後の見所といえば、それまでブリブリだがドライだった桃子が豹変してタンカを切り、ヤンキー達に向かっていくシーンが大変良かったです。

目つきが本当に好き。

嘘と知りつつも呆然とするイチゴも好き、合間に入る鐘の音も好き。

制作されもう何年も立つのに、未だに深田恭子さんや、土屋アンナさんを見ると、どうしても桃子とイチゴだと思えてしまいます。

ずっと私にとって大切な一作です。

映画『下妻物語』視聴者の声

見た目はかわいらしく、恰好のロリータなのに、冷めた桃子と、ヤンキーだけど実は乙女のイチコの友情の話です。
深田恭子のロリータ姿が見れる、それだけでこの映画の価値はあるのではないでしょうか。
もちろん、内容もすごくよかったです。
桃子の、冷めた感じは、まだ好きなこと、したいことが見つけられてなかったからかもしれませんね。
たしかに、桃子はかわいいし、童顔だし、長いこと、好きな服を着れるかもしれないけど、いつか似合わなくなる日も来るし、服作りをして他の人にも来てもらうってのはすごくいいと思います。
私は裁縫とか全然なので羨ましいです。
また、イチコの自分で自分の名を変えちゃうところとか、あこがれの先輩の彼氏が自分も好きな男だったことを知って泣いちゃうところとかかわいくて好きです。
なんだかはっちゃけた、これで本当にいいのかっていう映画だったけど、おもしろくて、見ていて元気になる映画でした。
それに何気にキャストも豪華でした。
桃子のおばあちゃんは樹木希林さんだし、阿部サダヲさんや荒川良々さんも出ていて、これぞコメディって感じです。
深田恭子さん、土屋アンナさんの魅力を最大限に生かした作品で、彼女らを知るためには必須の作品だと思います。【30代女性】

2004年公開の映画で監督は「嫌われ松子の一生」の中島哲也さんですね。

脚本と監督の両方をこなされていてすごいと思いました。
軽快なコメディタッチであることから、きっと原作は漫画だろうと思っていましたが、嶽本野ばらさん原作の小説であることに驚きました。

小説でテンポよくコメディタッチで進行するのはかなり難しいのではないかと思いました。

かなり話題になった映画なのでどんなだろうと楽しみにして観ました。

深田恭子さんと土屋アンナさんのキャラクターを数倍濃くしたようなキャラ設定で、お二人の美しさで成り立っている映画という印象でした。

桃子の生まれた街が、尼崎の近くのジャージだらけの街ってちょっと周辺の地域を馬鹿にしてませんか。

と突っ込みたくなりました。

その後引っ越した茨城県下妻市もばったもんに群がる不良の吐き溜めなのような設定に傷つく人はいないのかなと不安になりました。

深田恭子さん22歳の時の作品ですが、37歳の今の方が美しいような気がするって本当すごいなと思いました。

ロリータファッションもすごく似合っていて素敵でした。

はじめ主人公の桃子が死ぬ事故から始まり、時間を戻す形で話が進行しているので、イチコと仲良くなったあと桃子は死んでしまうのでしょうか。

気になってしまいました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました