映画『百円の恋』無料動画情報

▶無料動画配信

2014年に公開された、映画『百円の恋』は「第一回松田優作賞」グランプリを受賞した足立岬の原作を映画化した本作。

弁当屋の長女の一子は、32歳だがニートだった。

生き甲斐も何もなかった一子は、常連だった百円ショップにアルバイトに行くと変な奴らばかりが働いていた。

ボクサーの狩野との出会いがあり、恋をした一子はとあるきっかけで、本気でボクシングに取り組む様になる…。

今回の記事では、映画『百円の恋』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『百円の恋』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『百円の恋』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ×

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『百円の恋』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『百円の恋』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

映画「百円の恋」予告編 #100 Yen Love #movie

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

一つ目のいいところは映像が綺麗なところが気に入っています。
他のムービーアプリよりは鮮明だと感じています。
二つ目は、何より作品数が多いところです。
アニメから洋画、邦画が好きでよく見るのですが、たいていのものはあります。
ただポイントで購入必須なのが最新作だと多いですが、ポイントも貰える為特段不便には思っておりません。
またダウンロードしてみれるのもいいです。
料金は他の企業と比べると高めかなぁ、とやはり感じますが、家族割などのパッケージプランもあり、3人まではパッケージに加入できるなどといったシステムもあるため、そこで料金の問題については解決しつつ、毎日の映画の視聴や、漫画も楽しんでいます。
満足してますので是非利用してみてください。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『百円の恋』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月21日時点)
今後、映画『百円の恋』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『百円の恋』作品情報

32歳にもなって無職で実家暮らしだった一子は、出もどりの妹と喧嘩をして、仕方なくひとり暮らしを始める。100円ショップで深夜のアルバイトにありついた一子が見つけた唯一の楽しみは、帰り道のジムで練習する中年ボクサーの姿をのぞくことで…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (斎藤一子)安藤サクラ
  • (狩野)新井浩文
  • (斎藤佳子)稲川実代子
  • (斎藤二三子)早織
  • (岡野淳)宇野祥平
  • 坂田聡
  • 沖田裕樹
  • 松浦慎一郎
  • 芹澤興人
  • 桝木亜子

スタッフ

  • 監督 武正晴
  • 音楽 海田庄吾
  • 脚本 足立紳
  • 製作 間宮登良松

映画『百円の恋』ネタバレあらすじ

弁当屋の長女、斎藤一子は32歳になっても実家に居座り、甥とゲームをしたり、お腹が空いたらゆるゆると近所の100円ショップにお菓子やカップ麺を買い食べる日々。

帰り道、通りがかったボクシングジムで汗を流す男を見掛けた。じーっと思わず見つめる一子。

変化もなにもない日々を送っていたが、妹の二三子が離婚して実家に子供とともに戻って来た事で状況は一変。

二三子は歯医者の料金を親からもらっている一子をなじり、つかみ合いの大げんかになった。

母親は止めたが二三子に追い出された一子は、街を彷徨い100円ショップの求人を見る。

夜勤で働き始めたが、そこで働いていたのはいつも疲れている店長、粘着質のバツイチ男性野間、廃棄物を盗みにくる元店員池内というくせ者ばかり。

するとそこにいつかのボクサー、狩野がバナナを大量に買いにきた。

思わず意識をした一子は忘れたバナナを届けにジムを訪れる。

すると狩野が一子をデートに誘う。

気合いを入れて一子はおめかしをして出かけるものの、お互いにやる気が感じられず見事に空振りしてしまう。

その後、狩野はボクサーを引退する事になりショップにチケットを置いて行く。

試合を見に行く一子と何故かついてきた野間、試合は白熱し狩野は負けてしまったが、健闘を讃え合ったり、3人は中華料理店で食事を取るが、野間の空気の読まなさで空気が悪くなり狩野は帰ってしまった、その後、ひつこい野間にホテルに連れ込まれた一子は処女を奪われた。

絶望の中、家に帰った一子はボクサーになりたいと強く願い、プロ資格ギリギリの32歳だったので、一発で通らないと後がないことを知り、生まれて初めて本気で取り組む一子。

狩野と付き合うが彼にも裏切られ、人生もボクシングも崖っぷち、そんな一子は果たしてプロになることができるのか…?

人生もボクシングも恋も、ひたすら崖っぷち

32歳にしてニートで実家暮らしだった、性格も身体も怠惰だった一子に訪れた人生のチャンスは、常連だった100円ショップで変な人間に出会い時には振り回され、バツイチで粘着質なセクハラ野郎、ハゲの野間には処女も奪われる、野間は店の金を持ち逃げし消えた。

残された一子はまた退屈な日々を送るが、ボクサーの狩野とも、看病した事がきっかkで恋が実り、幸せなひと時を過ごすが、ボクサーとしても年齢が高かった狩野はジムを辞め、怪しげな移動販売に手を出す。

そこの女性と浮気し出て行った。

怒りをぶつける様に一子は職場でもジムでも自宅でもボクシングに邁進し、人が変わったかのようにのめり込んで行く。

崖っぷちの女の最後のあがきだった。

ボクサー狩野の存在

いつも100円ショップでランニングがてら、大量のバナナを買って行く通称「バナナ」こと狩野は、一子の実家のすぐ近くのボクシングジムで汗を流すストイックなボクサーだった。

一子は当初からジムでサンドバックを叩いたり、シャドウをしている彼を見て惹かれていた。

バナナを買ったのにど忘れしていった彼の為、一子はジムを訪れ迫力に圧倒される。

そこで突然デートに誘われ浮かれるが、狩野はデートしていても全然楽しそうじゃない。

「断られなさそうだったから」という理由だったが一子は狩野にすっかり恋をしてしまう。

その後、狩野の引退試合を見に行き選手達の洗練された相手へのリスペクトを知る。

狩野がいなくなってしまい、ジムに通い始めた一子は落ち込むが、狩野の裏切りにより怒りをぶつけるようにボクシングにのめり込んで行く。

そんな彼女の試合を見て心を揺り動かされる狩野。

試合に負け、落ち込む一子を迎えに来て慰めたのも狩野だった。

一子役、安藤サクラの圧倒的肉体改造

本作の魅力のひとつと言えるのは、序盤ではデブで運動などしていない、たるんだ体型の一子がボクシングを始めることで、中盤以降でどんどん体重が落ち、体型も代わり筋肉も付き、最後には腹筋も割れるほどの洗練さへの変貌だと思う。

撮影も序盤から撮り始め、最後は一子の一世一代の試合で終了する。

一子役の安藤は撮影前に身体をあらかじめ作り、筋肉を付けた後で、一気に炭水化物などを摂取し太ったあとで序盤を撮影、その後改めて体重を一気に落とし、筋肉も調整した後で後半の変貌が可能となった…といっても見ていても驚く程の変わりようだし、まず顔つきからして全く違うのでそこも注目してご覧頂きたい。

本作で安藤は日本アカデミー賞にも輝き、その後は朝ドラ「まんぷく」や「万引き家族」で国際的に今も羽ばたき続けている。

映画『百円の恋』ラストの結末

32歳にしてプロテストを一発合格し、年齢的にもギリギリだった一子は最初で最後の試合に臨む。

長かった髪の毛をばっさり切り、ショートカットにした。

一子は家族や狩野が見守る中、100円ショップの耳に残るフレーズの安っぽい曲で入場する鋭い目つきでリングをくぐる一子。

相手は強敵だったが、一子は食いつき何度もパンチを入れようと奮闘する。

殴られつつも必死で耐えぬき、時間だけが過ぎ、ラウンドを重ねてゆく。

得意の左フックを入れるものの相手のカウンターが飛び一子にヒット、そのまま倒れてしまう、必死の二三子や狩野の声に意識が戻り立ち上がるも、カウントは既に終わっておりKO負けを期してしまう。

悔しくて涙が泊まらない一子。

「人生で一度でも勝ちたかったの…!」と一子は感情を露にした。

それを優しく支える狩野。二人は静かに会場を去って行った。

映画『百円の恋』感想

戦う強い女性が好きな人ならメロメロになってしまう一作。

安藤サクラの出演作をいくつか見ていますが、百円の恋の一子は特に大好きです。

本当にダメなアラサーニートから、ボクシングと恋を見つけてから彼女にも変化が訪れるものの、狩野は若く綺麗な軽薄そうな女とデキてしまい家を出て行かれ、プライドがずたずたになり落ち込んだ一子が、ボクシングのみにのめり込んで、仕事場ではねちねちと物事を言ってくる店長代理を殴り倒し仕事を辞めてしまったりと、全ての行動が消極的だった彼女が、少しずつ行動的になっていく姿は、ほんっと爽快そのもの。

最後の試合には30分程がっつり時間を取り、一子の激闘が丁寧に描かれています。

この試合には、早朝から深夜まで撮影が掛かり、実際に安藤も相手役の女性も互いに拳も当たり、痛みを伴いながら撮られています。

この一日で体重も減ったけど、あまりに疲れに気にする気持ちではなかったそうです(インタビュー談)

R−15ではありますが、とんでもなく性的な部分があったり、グロデスクなものがある訳でないです。

特に安藤サクラが好き、凄く気になる、不器用だが頑張る女性が好き!という方には、是非お勧めしたい一本です。

映画『百円の恋』視聴者の声

安藤さくらさん(斎藤一子)の体の絞りっぷりに驚かされます。

体当たりで本作に望まれていることがよく分かります。

2015年日本アカデミー賞主演女優賞を受賞されて本当に良かったです。

はじめ家でブラブラしていて、妹に怒られている姉の時の体型と、最後リングに立っている時の体型の差が10キロ以上ありそうでした。

セックスシーンや、強姦されるシーンもあり、女性としてこの仕事を受けるのは大変勇気のいることだったろうなと思います。
ボクシングはやっぱり甘い世界ではないんだろうけど、頑張って立ち向かっていく姿に勇気をもらいました。安藤さくらさんの声が素敵です。DESTINY 鎌倉物語の時の中性的な安藤さんではなく、本作ではとても女性らしいと思いました。
「女は辞めたのよ」と言いながら、女は辞められない。

女である一子の部分が男に惹かれ、男に蹂躙され、男に復讐するというお話でしょうか。
斎藤一子が深夜アルバイトしていた百均のコンビニ、相当治安が悪い地域にあるし、坂田聡さん演じるコンビニのうるさい野間明、本当に最低でした。

強姦で通報したあと、警官が来るまでホテルにいなくてよかったんでしょうか。強盗もしていて本当に嫌な奴でしたね。

ここまで悪い奴でなくてもこういう自分勝手な男は実世界でもいますよね。
嫌な奴を見返すには努力しないとなと思わされる映画でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました