映画『スパイダーマン』無料動画情報

▶無料動画配信

2002年5月3日(1作目)にアメリカ、日本では2002年5月11日に公開された、映画『スパイダーマン』。

今回の記事では、映画『スパイダーマン』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『スパイダーマン』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信状況

映画『スパイダーマン』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
[字]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)
[字][吹]

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

\他のスパイダーマンシリーズはこちら/

おすすめはU-NEXT

映画『スパイダーマン』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『スパイダーマン』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

邦画、洋画問わずサイレント映画から白黒映画、最新の映画と豊富にあります。
昔の映画もヒッチコックの有名な作品から、コアなものまであります。
最新の映画だと、結局買わなきゃいけなかったりしますが、毎月ポイントをもらえるので私は買わずに最新映画も見れています。
他にも、PFF作品などインディーズ作品もたくさんあり、映画館でもなかなか見る機会がないのあって、新たな出会いがたくさんあります。
また、操作に関してもマイページがありお気に入りのも簡単に登録できたり、ジャンルで探すこともできるので、かなり便利です。

さらに、俳優特集や監督特集などでおすすめもしてくれるので、こんなな映画もあったのかと発見もあります。
私は動画配信サービスの中で最も好きです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\他のスパイダーマンシリーズはこちら/

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

自分に合うサービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思いま...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴や...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。...

映画『スパイダーマン』作品情報

第75回アカデミー視覚効果賞にノミネートされ、興行収入は日本で75億円、世界では、8億2千万ドルを超えます。

「マーベル・コミック」のスタン・リーによる同名のアメリカン・コミックが原作。

幼くして両親を失ったピーターは、大学進学と同級生に恋にする普通の高校生。だがある日、遺伝子を組み替えた特殊なクモに偶然噛まれたことから、超人的な能力を身につけ、正義の活動を開始。その頃、ピーターの親友・ハリーの父である天才科学者は…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (スパイダーマン(ピーター・パーカー))トビー・マグワイア
  • (グリーン・ゴブリン(ノーマン・オズボーン))ウィレム・デフォー
  • (メリー・ジェーン・ワトソン)キルステン・ダンスト
  • (ハリー・オズボーン)ジェームズ・フランコ
  • (J・ジョナ・ジェイムソン)J・K・シモンズ
  • (ベン・パーカー)クリフ・ロバートソン
  • (メル・パーカー)ローズマリー・ハリス
  • ランディ・ポッフォ
  • ジョー・マンガニエロ
  • マイケル・パパジョン

スタッフ

  • 監督 サム・ライミ
  • 原作 スタン・リー、スティーヴ・ディッコ
  • 音楽 ダニー・エルフマン
  • 脚本 デヴィッド・コープ
  • 製作 イアン・ブライス、ローラ・ジスキン

映画『スパイダーマン』ネタバレあらすじ

ピーターは高校生の男の子。

幼い時、両親が亡くなったので、叔父と叔母に引き取られて共に暮らしています。

隣の家にはメリージェーン(MJ)という女の子が暮らしていて、同じ学校に通っています。

ピーターは子供の頃からMJのことが気になっていました。

ピーターは、科学は得意でしたが、学校ではいじめられがち。

唯一、味方になってくれるのはMJと、親友のハリーだけでした。

ある日、ピーターたちは授業の一環で、大学のクモの研究をしている施設を見学に行く事になりました。

研究所ではあらゆるクモのDNAを組み込んだ新種のクモ15匹を作りあげ、展示していました。

ピーターは憧れのMJに声をかけて、新種のクモのまえでMJにポーズをとってもらい、写真を撮ることに夢中になっていました。

そのとき、新種のクモのうちの1匹が誰にも気づかれぬままケースから抜け出していて、ピーターに噛みつき、逃げていきました。

新種のクモに噛みつかれたピーターは、その日気分が悪くなり、家に帰るなり横になって眠ってしまいます。

翌朝目を覚ましたピーターは、昨日までとまるで違う自分に驚き、喜ぶのでした。

細かった体は筋肉隆々になり、メガネをかけていたのに、今では通常の人間以上の視力があります。

そして身動きが軽くなり、なんどいっても手首からクモの糸が出るようになっていたことが驚きでした。

オズボーンの人体実験

ハリーの父親のオズボーンは、ハリーの友だちであるピーターが科学の成績が優秀なので、ピーターのことを認めてくれています。

オズボーンは大軍需企業の社長で、人体の身体能力を高める新薬の開発をしていて、あと少しで完成するところまで来ていました。

オズボーンは国防省の担当官から、その新薬がすぐに完成しないときは、研究費をすべてオズボーンのライバル会社のほうに回すと告げられます。

オズボーンの会社は、研究費がなくなれば倒産してしまいます。

薬は開発途中で、副作用として凶暴になったり錯乱状態になるにもかかわらず、オズボーンは新薬完成の為、自ら実験台になることにしました。

同じ会社で研究するストローム博士に指示し、オズボーンは自分に薬を投与させます。

オズボーンは強靱な肉体を手に入れ、凶暴な人間に変わりました。

そしてストローム博士を突き飛ばして殺し、会社の研究所を出て行きました。

翌朝自宅で目が覚めたオズボーンは、昨夜のことは覚えていません。

すると会社の研究所の女性がやって来ました。

そして、何者かにストローム博士が殺されたことを告げるのでした。

せっかく備わった能力でつまらない賞金稼ぎをするピーター

ピーターは、せっかく手に入れた能力を、つまらない事にばかりに使っていました。

ある日、MJが彼氏の車に驚嘆しているのを見たピーターは、自分もMJに見せて気に入られようと、車を買おうと思いますがお金はありません。

ピーターは新聞の広告欄に載っていた懸賞金付きの格闘技の試合に申し込みます。

試合当日、図書館に行くと嘘をついて出かけようとするピーター。

最近部屋に籠りがちで様子のおかしいピーターと話をしようと、叔父さんが「車で送る」と提案します。

車の中で、最近の状況を聞こうとする叔父さんは、大いなる力には大いなる責任が伴うことを教えてくれますが、ピーターは最後まで反抗的な態度で車を降りました。

試合に勝ち、事務所にいた興行主に懸賞金をもらおうとするピーターでしたが、30分の1の金額しか払ってもらえません。

ピーターは、お金が必要なんだと詰め寄りますが、興行主に「関係ないね」と言われてしまいます。

その直後、その事務所に1人の強盗が入り、事務所からお金を奪っていきました。

犯人を捕まえることもできたのに逃がしてやったピーター。

この興行主への腹いせでした。

犯人を追ってきた興行主に、お前が逃がしたから大金を失ったんだぞと言われるピーターでしたが、お返しに「関係ないね」と言い捨てるのでした。

叔父さんの死に責任を感じるピーター

30分の1の懸賞金しかもらえなかったピーターは建物を出て、車で迎えにきているはず叔父さんの姿をさがしました。

そこには、警察やたくさんの人が集まっていて騒ぎになっていました。

その騒ぎの中心で地面に倒れているのは、叔父さんでした。

何者かが車を奪うため、叔父さんを銃で撃ち殺したようです。

ピーターは、怒りにまかせてクモの糸を駆使しながら犯人の車を追いました。

そしてビルの高層階で犯人を追いつめたピーター。

その犯人の顔を間近に見てみると、それは、ついさっきピーターが逃がしてやった強盗と同一人物でした。

自分が犯人を逃がしたために、その犯人が逃走用に使おうと叔父さんの車を奪ったことを知ったピーターは愕然とします。

犯人が自らつまずいて、ビルの窓から落下して死亡するのを見届けたピーター。

自分の行為の結果、叔父さんが死ぬことになってしまい、そのショックからは逃れようもないピーターでした。

映画『スパイダーマン』ラストの結末

叔父さんが死んで以来、ピーターは変わりました。

街で犯罪が起こるのを察知して、犯罪を未然に防ぐ日々。

時には火災現場で取り残された赤ちゃんを救出したりもしました。

いつしか街ではスパイダーマンと言われるようになります。

MJは、暴漢達から助けてくれたスパイダーマンを呼びとめ、マスクの口の所だけ捲り、キスでお礼をしたこともありました。

一方、オズボーンは2重人格になっていました。

普段はいつもどおりの生活をする陰で、肉体を進化させ戦闘スーツに身を包んだ姿で、街を破壊します。

そんな彼を、新聞社はゴブリンと名付けました。

ゴブリンは、街のヒーローであるスパイダーマンが邪魔になってきました。

ゴブリンが街の子供たちやMJを危険にさらしたりして、スパイダーマンをおびきだします。

スパイダーマンは闘いの果てに、ようやくゴブリンを追いつめますが、ゴブリンは仮面を外して、自分はオズボーンであると正体をさらして、スパイダーマンを油断させようとします。

そしてオズボーンは罠を仕掛けて攻撃しました。

スパイダーマンは、オズボーンの攻撃をかわします。

その攻撃が自分に返ってきたオズボーンは死んでしまい、闘いが終わりました。

オズボーンは死ぬ直前に、息子のハリーにはこのことは言わないでくれと、スパイダーマンに頼みました。

スパイダーマンはオズボーンの部屋にその亡骸を運んで寝かせてやり、静かに去ろうとするところをハリーに見られてしまいました。

オズボーンの葬儀に出席したピーターは、ハリーを慰めます。

ハリーは父を殺したのはスパイダーマンだと思い込んでいて、復讐の言葉を口にします。

そして、ゴブリンのせいで危険な目に遭ったMJが、ピーターに駆け寄ってきました。

危険な目に遭っていた最中、頭に浮かんだのはピーターの顔だったと言い、キスをしてきました。

ピーターは、これからもスパイダーマンとして生きていく事を決めていたので、MJからの交際の申し込みを辞退します。

MJは、去っていくピーターを見送りながら、キスの感触がスパイダーマンの時と同じだと確信したのでした。

映画『スパイダーマン』感想

私は原作のコミックを読んでないので、描かれかたがどれだけ原作に忠実なのかはわかりません。

しかし、高校生がある日突然特殊な能力を手に入れて強くなって浮かれていたり、叔父さんが死んだことに責任を感じて、その失敗を取り返そうとするかのように街のヒーローになっていこうとする様を丁寧に描いた映画であることがわかります。

原作を読んでいない私でも、とても楽しめました。

主人公がはじめは私利私欲で使っていた力を、叔父さんの死をきっかけにして、大いなる力に責任を伴わせていく主人公の心の変化が見どころのように感じました。

主人公は憧れの女性MJに、話しかけることもできなかったのに、正義のヒーローとして活躍し、自分に自信もついてきて、ある日、叔母さんの入院している部屋でMJに愛を語るシーンが、感動しました。

アクションシーンが多いなか、恋愛映画としても楽しめました。

お金持ちのボンボンとして育ったハリーが、父親を失ってこの先どんな人生が待っているのかと思うと、悲しくなりますが、最後にハリーが言っていた、スパイダーマンへの憎しみの言葉。

今後の展開で、スパイダーマンとハリーとの対決があるのかと想像させられる場面に、驚愕しました。

ハリーは、ピーターにMJを取られたと思っているようで、そんな恋愛事情も絡んで、ピーターとハリーの今後の関係性も心配でなりませんでした。

映画『スパイダーマン』視聴者の声

スパイダーマンは、ほんと悲劇のヒーローというか、すごく悩んでいるヒーローという印象です。
他のヒーローもそうですけど、世界を守るために自分が犠牲になっていて、すごく重い責任を背負っていて見ているととても切なくなります。
とくにこのお話だと、ピーターは最初、あまり深く考えていなかったところがあって、そこを注意してくれたおじさんがあんなことになって、そこから変わったという展開なので、悲しさも倍増です。
もともと人付き合いもうまくなさそうな青年が、急にヒーローになって、いろいろしょいこむなんてとてもつらいことでしょう。
私も、陰キャだったので、ピーターにすごく共感してしまいます。
ピーターは、おばさんが狙われたり、好きな人が狙われたり、親友に言えない秘密ができたり、ほんと災難続きでした。
見ていてもうやめてあげてと思う展開です。
でも、もちろん暗いだけの映画ではありません。
やはり、スパイダーマンの攻撃ってかっこいいです。
あの蜘蛛の糸を使って空中闊歩するところもかっこいいし、敵との戦いもすてきです。
敵もなんだかちょっと間抜けな感じも見た目なところが好きです。
また、MJとスパイダーマンの逆さキスは映画史に残るキスシーンだったと思います。
すごく面白いけど、根底には暗さのある、深い話でした。【30代女性】

スパイダーマンシリーズは色々ありますが、こちらは2002年公開のトビー・マグワイア主演、サム・ライミ監督の映画スパイダーマン三部作の一作目です。(一作目2002年、二作目2004年、三作目2007年公開)

アメージング・スパイダーマン(一作目2012年公開、二作目2014年公開)はアンドリュー・ガーフィールド主演、マーク・ウェブ監督で作成されたもので、地球の次元が異なる世界で起きているお話ということのようです。

その後、マーベルシリーズにもスパイダーマンが出てきますがまたそれは違う次元のお話で、スパイダーマン:ホームカミング(2017年公開)、スパイダーマン:ファーフロムホーム(2019年公開)は主演トム・ホランド、監督ジョン・ワッツの作品です。
このことから言えることはみんなスパイダーマンが大好きということですね。
遺伝子操作されたクモに噛まれ、クモの遺伝子が組み込まれたクモ人間になってしまった青年がニューヨークを救い、彼女もモノにするという話ですね。
クモは足が8本ですが、そういったところは似なくて良かったなと思いました。あと、あのクモは逃げ続けているわけだから、もっとスパイダーマンが増えてもおかしくないだろうなと思いました。
2020年現在のCGに比べればちょっと雑な面もありますが、壁を登るシーンや雲の巣を張るシーンなどすごく精巧にできています。
スタン・リーさん出てましたね。

グリーン・ゴブリン(ノーマン・オズボーン/ウィレム・デフォー)が街を襲うシーンで女の子と逃げる姿がチラッと映っていました。
全7作ありますが、全部見たいと思います。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました