映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』無料動画情報

▶無料動画配信

2006年製作、ワイルド・スピードシリーズの第三作目となる映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の舞台は日本、東京です。

主人公は高校生であり、シリーズを通して一番年齢層が若く異色の作品としてワイルド・スピードファンからも注目を浴びた作品です。

また日本を舞台としているため日本車も多く出ており、カーチェイスでは狭い東京とあってドリフトが多用され迫力満点のレースが見どころで、日本の俳優、女優もカメオ出演しているため妻夫木聡や北川景子など知った顔を探すのも醍醐味です。

今回の記事では、映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は、6つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できる)
[字][吹]

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT 予告

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

3ヶ月前くらいからU-NEXTを利用しています。おすすめのポイントは、以下5点です。
1、見放題の動画が多いため、定額で様々なコンテンツを楽しむことができます。
2、新作映画の配信が早いため、映画館で見逃した映画が、すぐに観ることができます。新作の映画はポイントが必要になりますが、毎月、1200ポイントの付与があるため、そのポイントを利用すれば、新作の映画も毎月の定額料金の中で、閲覧が可能です。
3、複数端末で同時視聴が可能なため、家族や友達と一緒に視聴する際も便利です。
4、動画のダウンロードが可能なため、オフラインでも動画の視聴が可能で便利です。
5、動画だけではなく、雑誌も読み放題のため、お得です。【30代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月15日時点)
今後、映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』作品情報

ストリート・レースで事故を起こした高校生ショーンは、少年院送致を逃れようとカリフォルニアから父親の暮らす東京へ。転校先で知り合ったトゥインキーに誘われてドリフト・バトルに足を運んだ彼は、ハンという男に車を借りて参戦するが大敗してしまう。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ショーン・ボズウェル)ルーカス・ブラック
  • (トゥインキー(トゥインク))バウ・ワウ
  • (カマタ)JJ. Sonny Chiba
  • (ハン)サン・カン
  • (ニーラ)ナタリー・ケリー
  • (D.K.(タカシ))ブライアン・ティー
  • (レイコ)北川景子
  • 妻夫木聡
  • 柴田理恵
  • KONISHIKI

スタッフ

  • 監督 ジャスティン・リン
  • 音楽 ブライアン・タイラー
  • 脚本 クリス・モーガン
  • 製作 ニール・H・モリッツ

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ネタバレあらすじ

主人公はカルフォルニア在住の高校生、ショーンです。

彼は複雑な家庭のためか非行に走ることも多く数々の問題を起こし学校でも孤立しています。

そんな中でも大好きな車の操縦だけは誰にも負けないと自信を持っていますが、ある日学校の金持ちグループと衝突し経済力のないショーンが退学することに。

問題児のショーンに手を焼いて母親は日本の米軍基地で働く父親の元へと行かせます。

そこで異文化を目にし戸惑うショーンでしたが場所柄自分と同じ外国人も多くおりクラスメイトのトゥインキーと親しくなります。

トゥインキーも車好きということで意気投合、情報通な彼にショーンは色んなことを教えてもらい夜に立体駐車場で行われるストリートレースに連れてくれるトゥインキー。

そこでドリフト・キング、D・Kと呼ばれるタカシに挑発されレースに参加するも広いカルフォルニアでのレースと違い狭いコースで勝負するため運転の技術はあるがドリフト経験のないショーンは惨敗します。

タカシにリベンジするため技術者のハンに特訓をつけてもらい、再挑戦しますがレースにはヤクザも絡んでくるほど危険なものになっていきます。

果たしてショーンは日本でドリフト・キングとなれるのか。

カルフォルニアで居場所が無くなるショーン

ショーン・ボズウェルは過去に問題を起こし何度も母と共に引っ越しをしています。

今回も同様、カルフォルニアの学校に転校しますが有力者の息子クレイに目をつけられ挑発に乗ってカーレースをすることに。

広く乾いた土地で砂埃を巻き上げながら激しいバトルの末、勝ったのはショーンでした。

ですがあまりにも暴れすぎて警察の世話になるはめに。

そのうえクレイらは親が保護してくれるため無罪放免、ショーンだけ別室に連れられこの街はもう居られないぞと言われます。

母親はそこをなんとか、と懇願しますが争った相手が悪かった…そこで諦めて日本の父親の元へ行けとショーンに告げます。

日本へ着くと狭い家に愛人を連れ込んでいる父と再会するが、素っ気ない態度で車にはもう近づくなと釘を刺されるショーンでした。

日本のドリフトを目の当たりにして

日本の学校へ行くと上履きを履けと言われたり、異文化に戸惑うショーンだがクラスメイトのトゥインキーと親しくなり東京を案内してもらうことに。

トゥインキーも同じく車好きとあり夜な夜な開催されるストリート・カーレースにショーンを連れていくが、ドリフト・キングのタカシに馬鹿にされたことをきっかけにレースに参加します。

腕には自信のあるショーンですがレース場はカルフォルニアのだだっ広いコースと違い立体駐車場の中とありとても狭いです。

タカシはキングと名がついているだけありドリフトの上手さで優勝、ショーンはタカシの友人のハンに借りたのにも関わらず負けて車を大破してしまうがハンはショーンに見込みがあるとみてテクニックを伝授してくれることに。

リベンジのため特訓を重ねるショーンです。

ハンによる特訓と裏社会

ハンによりドリフト技術を叩き込まれるショーンですが、すべきことは練習のみではありません。

レース時に壊してしまったハンの車の弁償があります。

タカシはヤクザの甥っ子であり友人のハンもその仕事を手伝っています。

ショーンはハンと共に借金の取り立てをすることで修理代を稼ぐことになりました。

ハンの所有する整備工場に車好きが集まることでショーンはやっと居場所を見つけたような気持になります。

ですがタカシはハンがショーンに力をつけることで自分を潰そうとしていること、取り立ての際にお金をくすねていることを知りハンをカーレースでクラッシュさせ消すことに成功させます。

タカシが故意的に事故を起こさせたことに気づきショーンはタカシを倒すと固く決意する。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ラストの結末

ショーンのただならぬ様子に気づいた父は日本でもトラブルを起こす息子を叱りアメリカに返そうとしますが、ハンの仇を討つためまだ帰れないんだと熱く説得する。

そしてハンが抜き取っていた金はヤクザの大元、カマタ組長のところへ行き直接返すことにしました。

組長は怒っていましたがハンに変わり謝罪するショーンはある提案をすることに。

それはドリフト・キングのタカシとレースをし敗れたら日本を去るということでした。

コースはとても危険な峠で失敗すれば命はありません、真剣なショーンに組長はチャンスを与えその勝負を認めます。

そしてタカシとの危険なバトルが始まりました。

この峠はタカシしか攻略出来ないと言われていましたがハンから伝授した技術とハンの車についていたエンジンを使い見事勝利する。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』感想

作中では激しいレース模様がたびたび描かれますが、全体を通して見ると主人公ショーンの成長の物語であることが分かります。

両親の離婚のせいなのか、どこか心を閉ざした様子のショーンですが東京に行きトゥインキーやハンたちと共に過ごすうちに表情が豊かになっていきます。

割と絡みは少ないですがタカシの恋人、ニーナとも親しくなりお互い似た者同士だと胸の内を語る場面もありますがニーナに近づくなとタカシに睨みをきかされます。

ヤクザが出てきたり高級車がばんばん出てきますが一応皆ティーンエイジャーであるので青春チックなやりとりが所々で出てきます。

また柴田理恵が教師役で出演しており転校してくるショーンに上靴を履きなさい!と叱責する場面は笑いを誘い、その他にも有名な俳優陣がちらちら出演しているので彼らを探すのも一つの楽しみ方です。

そしてワイルド・スピードシリーズのなかでも今作はストーリーとして独立していますが、ラストには新たなドリフト・キングとなったショーンに勝負を挑むドミニク・トレットの姿がありファンを喜ばせます。

途中亡くなるハンはその他のシリーズで裏でなにをしていたのか明かされるので是非覚えていて欲しい役どころです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました