映画『キャッツ』無料動画情報

▶無料動画配信

『キャッツ』と言えば、劇団四季で有名なミュージカルの傑作(上演1万回を記録)。

1981年にロンドンで初演され、世界中で8100万人以上の観客を動員しているそうです。

製作総指揮をスティーブン・スピルバーグ、『レ・ミゼラブル』や『英国王のスピーチ』で知られるトム・フーパー監督の手により映画化され、日本では2020年に公開されました。

今回の記事では、映画『キャッツ』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『キャッツ』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『キャッツ』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『キャッツ』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『キャッツ』を視聴するためには「440ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

映画『キャッツ』第一弾予告映像

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

無料の映画の豊富さがおすすめポイントのひとつです。
邦画、洋画、ホラー、サスペンス、ヒューマンドラマ、海外ドラマ、韓流映画、アニメと幅広く種類があり、新作映画も500円弱と比較的安い価格で視聴できます。
ポイント購入で漫画も読め、種類も豊富にあり見たい映画がない時でも漫画を読むこともでき、とても充実した時間を過ごせます。
ポイントの使用方法としてU-NEXTが指定する劇場の映画チケットに引き換えることも可能なので映画館で上映されている最新の映画を観に行くことも可能です。
月額1,990円の使用料がかかりますが、毎月1,200円分のポイントがチャージされるので実際月額790円で見放題、読み放題なのもおすすめです。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『キャッツ』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月11日時点)
今後、映画『キャッツ』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『キャッツ』作品情報

若く臆病な白ネコ・ヴィクトリアは、ロンドンの片隅のごみ捨て場で個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たちに出会う。さまざまな出会いのなかで、自分らしい生き方を見つけていくヴィクトリア。そして今宵、一生に一度、一夜だけの特別な舞踏会が始まる。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (バストファージョーンズ)ジェームズ・コーデン
  • (オールドデュトロノミー)ジュディ・デンチ
  • (ラム・タム・タガー)ジェイソン・デルーロ
  • (マキャヴィティ)イドリス・エルバ
  • (グリザベラ)ジェニファー・ハドソン
  • (ガス)イアン・マッケラン
  • (ボンバルリーナ)テイラー・スウィフト
  • (ジェニエニドッツ)レベル・ウィルソン
  • (ヴィクトリア)フランチェスカ・ヘイワード
  • ローリー・デヴィッド

スタッフ

  • 監督 トム・フーパー
  • 音楽 アンドリュー・ロイド・ウェバー
  • 脚本 リー・ホール、トム・フーパー
  • 製作 ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、デブラ・ヘイワード、トム・フーパー

映画『キャッツ』ネタバレあらすじ

白猫のヴィクトリア(フランチェスカ・ヘイワード)は、何も知らずにロンドンの片隅にあるゴミ捨て場へとやって来ました。

そこにいる猫は、それまで彼女が会ったことのない、個性的な猫たちばかり。

彼らは自らを”ジェリクルキャッツ”と呼び、逆境の中でも人間に飼い慣らされることなく、たくましく生きている猫たちでした。

そして、その夜は年に一回だけ開かれる「ジェリクル舞踏会」の当日だったのです。

ジェリクル舞踏会で主役に選ばれると、新しい人生を歩むことが許されるといいます。

ヴィクトリアもジェリクルキャッツたちと一緒に、舞踏会に参加することにしました。

さあ、ついに特別な夜が幕を開けます。

しかし、期待と興奮に満ちたジェリクル舞踏会は、招かれざる客によって思わぬ混乱に陥っていくのでした。

さて、ヴィクトリアは今夜の主役になれるのでしょうか。

白描のヴィクトリアはゴミ捨て場で個性豊かな猫たちと出会う

ある満月の夜。

そこは、ロンドンの片隅にあるゴミ捨て場です。

一台の車がやって来て、人間が袋を置いて去って行きました。

中から出てきたのは、美しい白猫のヴィクトリア。

彼女は飼い猫だったようで、首輪をつけています。

ヴィクトリアはなぜ自分がここにいるのか分からず、戸惑いを隠せません。

さらに、袋の周りには大勢の猫がいました。

どうやら、彼らはよそ者のヴィクトリアを警戒しているようです。

その猫たちは、自分たちのことを「ジェリクルキャッツ」と呼んでいる町の猫でした。

つらい逆境にも屈することなく、人間に飼い慣らされずにたくましく生きています。

そして、それを誇りに思っていたのです。

また、今夜はジェリクルキャッツにとって特別な日でした。

今夜は、年に一度だけ開催される「ジェリクル舞踏会」の当日だったのです。

猫たちは、夜通し歌と踊りを競い合います。

そして、長老のオールド・デュトロミー(ジュディ・デンチ)に選ばれた一匹だけが、新しい人生を歩むことを許されるのです。

今夜の舞踏会の主役になるため、猫たちは歌と踊りを練習している

ジェリクルキャッツたちは皆、今夜の舞踏会の主役に選ばれるため、歌と踊りを練習していました。

はじめは警戒されていたヴィクトリアでしたが、次第に猫たちと打ち解けるようになります。

マンカストラップ(ロビー・フェアチャイルド)は町案内を自ら買って出て、ヴィクトリアをジェリクルキャッツに紹介してくれました。

しかし、どの猫も今までヴィクトリアが会ったことのない、個性的な猫ばかりです。

ネズミやゴキブリを手なずける猫、ヒップホップダンスが得意な猫、グルメな猫、そして元スターの雌猫グリザベラ(ジェニファー・ハドソン)。

その中に、一匹だけ皆と離れている猫がいました。

彼の名はマキャヴィティ(イドリス・エルバ)。

誰も、マキャヴィティとは関わろうとしません。

ジェリクルキャッツは、歌と踊りを練習していますが、マキャヴィティは一匹、また一匹と猫を捕まえては消し去っていきます。

でも、それに誰も気づいていません。

いったい何を企んでいるのでしょう。

その頃ヴィクトリアは、泥棒カップル猫のマンゴジェリーとランペルティーザにそそのかされ、人間の家へ入って行きました。

中には、きれいなネックレスや宝石がたくさんあります。

ヴィクトリアもそれを身に着けるうちに、つい楽しくなってしまいました。

とその時です。

犬の鳴き声が聞こえてきました。

この家は犬を飼っており、3匹の猫は見つかってしまったようです。

泥棒カップル猫のマンゴジェリーとランペルティーザはさっさと逃げてしまい、ヴィクトリアだけが取り残されてしまいます。

困っているところを助けてくれたのは、ミストフェリーズ(ローリー・デビッドソン)でした。

彼は気弱ながらも、手品が得意な猫。

ヴィクトリアとミストフェリーズの間には、特別な感情が生まれていました。

舞踏会に現れたマキャヴィティはオールド・デュトロミーを連れ去ってしまう

ついに、ジェリクル舞踏会の幕が上がりました。

劇場となる屋敷のホールには満月の明かりが降り注ぎ、集まった猫たちが練習した歌とダンスを披露していきます。

劇場の元スターだったグリザベラも入ってきましたが、皆に嫌われているため、追い出されてしまいました。

ヴィクトリアはグリザベラを追いかけ、自分のことを歌って励まします。

一方、ジェリクル舞踏会は例年通り盛り上がっていました。

老猫のガスや汽車を愛するスキンブルシャンクスが、皆をパフォーマンスで魅了しています。

ところが、悪党猫のマキャヴィティがガスとスキンブルシャンクスを連れ去ってしまいました。

さらに、マキャヴィティのパートナーである雌猫のボンバルリーナ(テイラー・スウィフト)が月の形をした乗り物で上から現れました。

ボンバルリーナが「マタタビ」をばら撒くと、ジェリクルキャッツたちは意識朦朧となり、あっという間に一網打尽にされてしまいます。

するとマキャヴィティは、自分を主役に選べと長老オールド・デュトロミーに迫るのでした。

しかし、オールド・デュトロミーは頑なにこれを拒否。

しびれを切らしたマキャヴィティはオールド・デュトロミーも連れ去ってしまい、残されたジェリクルキャッツたちは大混乱に陥ります。

映画『キャッツ』ラストの結末

ジェリクルキャッツたちは、姿を消したオールド・デュトロミーを取り戻す方法を考えました。

そして、手品猫のミストフェリーズの手品を頼ることにします。

気弱なミストフェリーズは何度も失敗してしまいますが、ヴィクトリアや猫たちの応援を受け、頑張りました。

そして、ついにミストフェリーズの手品が成功し、オールド・デュトロミーを取り戻すことができたのです。

悪党猫マキャヴィティの計画はこうして失敗に終わり、ジェリクル舞踏会が再び始まりました。

それから、オールド・デュトロミーが今夜の主役を選ぶ時間になったのです。

誰を選ぶのかとなったその時、ヴィクトリアがグリザベラを連れてきました。

ヴィクトリアはジェリクルキャッツたちが彼女を嫌っているのを知っていましたが、その歌声の素晴らしさに魅了されていたのです。

オールド・デュトロミーもヴィクトリのこの行動に説得され、グリザベラは皆の前で歌いました。

その歌声は美しさや喜びだけではなく、悲しみや失望も感じさせる見事なものです。

グリザベラの歌声を聴いたジェリクルキャッツたちも、次々に表情が変わっていきました。

グリザベラが歌い終わると、オールド・デュトロミーは今夜のジェリクル舞踏会の主役にグリザベラを選びます。

喜ぶグリザベラは気球に乗り、ジェリクルキャッツたちの祝福を受けながら天上へと去って行きました。

舞踏会が終わり、ヴィクトリアはジェリクルキャッツの一員になったことを実感して、柔らかい表情を見せるのでした。

映画『キャッツ』感想

映画『キャッツ』は、レベルの高い歌やダンスといったパフォーマンスを堪能できる、ミュージカル映画でした。

キャストには、テイラー・スウィフトやジェニファー・ハドソンといった、人気ポップシンガーも名を連ねています。

フーパー監督のこだわりもあり、劇中の歌唱も別録りではなく、生歌だったそうです。

さらに、主役のヴィクトリアを演じたフランチェスカ・ヘイワードは、現役の英国ロイヤル・バレエ団の一員です。

それも最高位のプリンシパルというのですから、パフォーマンスのクオリティは折り紙付きということですね。

映画自体の感想としては、逆に舞台版の『キャッツ』が見たくなったという感じです。

というのも、筆者はミュージカル慣れしておらず、冒頭からの歌の応酬に面食らってしまったところがありました。

映画『キャッツ』も、舞台版の魅力である歌やダンスといったパフォーマンスに焦点が当てられています。

そのため、”映画”と思って見ると、ストーリー性の面では少々消化不良にもなるんですね。

かといってライブの臨場感ともまた異なりますから、舞台版を見るとまた違った感想になるのかもなと思いました。

なんといっても世界中で愛されている名作ですから。

どうやら、映画ファンの間でも映画『キャッツ』の評判は芳しくなく、当初期待されていた興行収入にも届いていません。

とはいえ、パフォーマンスについては、十分に楽しめるものとなっていました。

映画『キャッツ』視聴者の声

劇団四季のキャッツがすごいとはよく聞いてましたが、見たことはありませんでした。
そんなミュージカルの王道が映画化ということでどんな感じなんだろうと楽しみに見に行きました。その結果は、うーんという感じです。
もともと話があるようでない話だったんですね。
それだけでも映画には向かないのかもしれません。
それに人間がネコというのも、舞台だったら違和感ないのでしょうが、スクリーンで見ると違和感ありありでした。
あれはネコなんですよね。
ネコ人間とかじゃなくて。
舞台だとああこれはネコだと思えるのに、映画だと思えないなんて不思議な話だけど、そうだなあと思いました。
あと、なんだかんだいって、やっぱストーリーがないときついですね。
一応あるのですが、天上に行けるネコを決めるってどういうことって思います。
コンクールの話だから、結局歌うだけって感じだし、なんかもっとこうあるだろうと思います。
曲はよかったです。
私は舞台を知らないけど、知っている友達はこの曲が好きなのとか言っていたし、舞台ファンにもうれしいラインナップだったのでしょう。
きっと、舞台でしたことを、再現しようとしたのでしょうが、映画化ってそれだけでいいもんじゃなかったんだろうなと思いました。
なんか、こう、違うだろーと叫びたくなるような作品でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました