映画『容疑者Xの献身』無料動画情報

▶無料動画配信

これまでに数えきれないミステリーを発表して、世間をにぎわせてきた、東野圭吾。

そのキャリアのなかでも、直木賞を受賞し、作家キャリアの代表作となった同名小説の映画化作品が、映画『容疑者Xの献身』。

今回の記事では、映画『容疑者Xの献身』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

容疑者Xの献身(プレビュー)

映画『容疑者Xの献身』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『容疑者Xの献身』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『容疑者Xの献身』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『容疑者Xの献身』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

5月上旬にU-NEXTを契約しました。
ゴールデンウィークで自粛生活のせいか、昼間なかなか読み込まなかったりアクセス集中のため繋がらなかったりしたことが少しあったくらいで、ゴールデンウィークを過ぎるとサクサクアニメや映画を見ることができます。
また、大変わかりやすいサイトで見やすくかつ検索しやすい、トレンドがわかりやすいなど大変満足できます。
なんといっても、動画の数がおおく飽きることはありません。
地上波で放送されていない映画やポイントで読める漫画などおおくあります。
今回契約するに至った経緯は引越しの際に不動産屋から渡されたパンフレットとプレゼントポイントがあったからです。
また、ポイ活サイトでも高額ポイント返還で幅広く広告を使っております。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『容疑者Xの献身』作品情報

原作小説は、本格ミステリーとヒューマンドラマを融合させた力作で、この日本版を始め、韓国版、中国版の映画も登場するなど、世界的な評価を得ることに。

花岡靖子は娘の美里とふたりで質素なアパートに暮らしていた。その隣人である高校の数学教師・石神は孤独な日々を送る中年であったが、この母娘とだけは交流があった。そんなある日、靖子の元夫が死体で発見され、事件解明に湯川学が乗り出すが…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (湯川学)福山雅治
  • (内海薫)柴咲コウ
  • (草薙俊平)北村一輝
  • (花岡靖子)松雪泰子
  • (石神哲哉)堤真一
  • (工藤邦明)ダンカン
  • (富樫慎二)長塚圭史
  • (花岡美里)金澤美穂
  • (葛城修二郎)益岡徹
  • (柿本純一)林泰文

スタッフ

  • 監督 西谷弘
  • 原作 東野圭吾
  • 音楽 福山雅治、菅野祐悟
  • 脚本 福田靖
  • 製作 亀山千広

映画『容疑者Xの献身』ネタバレあらすじ

まったく男運というもののなかった花岡靖子は、結婚相手探しに失敗した結果、ろくでもない富樫慎二という旦那と結婚してしまって、生活していくために、以前は、ホステスをしていました。

その後、花岡靖子は富樫慎二と離婚して、弁当屋を営みながら生活していたのです。

そんな花岡靖子には花岡美里という娘がいて、ずばり、弁当屋の名前も美里としていました。

なんだかんだで、花岡美里といっしょになって、小さな幸せをつかんでいた、花岡靖子。

ところが、花岡靖子と花岡美里のもとへ、離婚していた富樫慎二が姿を現します。

富樫慎二は、花岡靖子にお金を無心して、断られ、2人はいい争いになってしまいました。

その結果、花岡靖子と花岡美里は、富樫慎二を殺してしまうハメになったのです。

石神哲哉の登場

花岡靖子と花岡美里は、富樫慎二を殺してしまったことで、混乱します。

しかし、この事実に、2人のとなりの部屋に住んでいた石神哲哉が気づいてしまいました。

物音がすごかったため、花岡家にやって来たところ、花岡靖子と花岡美里と死体の富樫慎二を発見してしまったというわけです。

花岡靖子と花岡美里は、もちろん、石神哲哉が富樫慎二殺しを通報すると身構えました。

ところが、石神哲哉は、花岡靖子と花岡美里を助けてくれ、富樫慎二殺し対策に尽力してくれたのです。

実は、石神哲哉は元天才と称された数学者で、今は高校教師になっていたという人物。

そのため、人生に感動を味わえずにいたものの、花岡靖子と花岡美里の存在が、石神哲哉の心の励みになっていたのでした。

湯川学の登場

その後、富樫慎二の死体は発見されることとなります。

女性刑事の内海薫は、さっそく捜査を開始。

花岡靖子は、富樫慎二の元嫁で、不仲だったため、容疑者の1人として名前が浮上していくことに。

ところが、富樫慎二が死亡した時に花岡靖子と花岡美里は、映画鑑賞していたことが分かります。

つまり、花岡靖子と花岡美里が富樫慎二を殺したとは考えられないのでした。

内海薫は、捜査がうまくいかないため、これまで事件があるたび、協力してもらっていた、物理学者の湯川学の協力を仰ぐことに。

湯川学は、物理学者としては天才ですが、人間的にはそうとうな変人という男です。

やがて湯川学は石神哲哉と会います。

実は、2人は同級生で、方や物理、方や数学ながら、天才同士、ライバルだったのでした。

石神哲哉への疑惑

湯川学は、石神哲哉と付き合っていきますが、彼が微妙に変わったと気づきました。

湯川学が知っていた石神哲哉は、あくまでも数学にしか興味がないような男だったのです。

ところが、どういうわけか、そんな石神哲哉が湯川学のルックスをほめ始めたからでした。

こうした石神哲哉の言動から、湯川学は、どうやら彼が花岡靖子を異性として見ているらしいと見抜くことに。

そして必然的に、そのまま湯川学は、石神哲哉が殺人犯である花岡靖子をかばうため、トリックを使ったと推理するのです。

しかし、警察が花岡靖子を調べ出すと、信じられないことに、石神哲哉は、自分こそが富樫慎二殺しの犯人だと自首したのでした。

ショックを受けた湯川学は、囚われの身になった石神哲哉と面会することにします。

映画『容疑者Xの献身』ラストの結末

湯川学が何を言っても、石神哲哉は、自身が犯人だという話を曲げません。

一方の花岡靖子は、石神哲哉の行動に黙っていられず、とうとう警察に自首して、真相を自白することに。

実は、富樫慎二だとみられていた死体は、石神哲哉が用意した別人のもの。

花岡靖子と花岡美里のアリバイ作りのため、なんと、ホームレスを殺し、富樫慎二の死体に見せかけ、その間、2人を映画鑑賞に行かせたというわけです。

石神哲哉は花岡靖子への愛から、このような行為に及んだのでした。

しかしながら、肝心の花岡靖子の自供によって、彼女が犯人だと発覚。

このようにして、石神哲哉は犯人ではないと分かったものの、結局、ホームレス殺しの犯人として逮捕されることになります。

映画『容疑者Xの献身』感想

映画『容疑者Xの献身』は衝撃的な内容でしたね。

ジャンル的にはミステリーですが、中身は恋愛映画といってもいいかもしれません。

石神哲哉のした行為は決して許されないことですが、これが愛する者への「献身」とは、なんともすごい発想だと思います。

一方、キャラクターのほうは、福山雅治さん演じる湯川学や、柴咲コウさん演じる内海薫は、ドラマ『ガリレオ』シリーズでも、すっかりおなじみ。

一方、石神哲哉役の堤真一さんもさすがの存在感でしたね。

映画『容疑者Xの献身』視聴者の声

別にたいしたことされたわけじゃない、それでもその人のおかげで救われた。
そういうことってあると思います。
たぶん、石神にとって、花岡親子はそういう存在だったんだろうなと思いました。
でも、助け方がひどいです。
相手は超やなやつだし、もちろん人を殺していい人はいないから罪にはなるだろうけど、真実を話す、ちょっとねじまげるだけでもよかったのではと思いました。
そういうときに、自分をささげてしまう、彼女のために関係のない人を巻き込む、そこらへんは彼のばかなところだと感じました。
でも、そのばかさは彼女に一切の傷も負わせたくないという、そういう純粋な気持ちから来たのだと思うと、すごく切なかったです。
湯川教授と石神さんは、そんな毎日話すとかそういうタイプの友人ではなかったでしょうが、石神さんは湯川教授が天才と認めた大事な人です。
そんな人の罪を暴くのもしんどかったでしょう。
映画では、石神さん、花岡さんが主役で、湯川教授はそんなに出ていないのですが、彼の切ない表情に参ってしまいました。
石神役の堤真一は、ちょっとかっこよすぎるきらいはありますが、とてもいい映画でした。
ガリレオシリーズは大好きなので、また映画とか作られたらなあと思います。【30代女性】

2008年公開の東野圭吾さん原作の小説とドラマ「ガリレオ」を合体させた作品ですね。
湯川学役に福山雅治さん当時39歳、内海薫役に柴咲コウさん当時27歳、石神哲哉役に堤真一さん当時44歳、花岡靖子役に松雪泰子さん当時36歳、草薙俊平役の北村一輝さん当時39歳と本当に豪華なメンバー勢揃いという感じです。
大学教授のクルーザーの死亡事故と弁当屋の元旦那の殺人事件と事件が起き、最初から山場があって、目が離せません。健気に幸せに生きている人にたかる、ハゲタカのような奴っているんだろうな。

石神が助けたくなったのも分かるなと思いました。
死体を損壊する前にちゃんと警察呼べば、正当防衛になったと思うんですけどね。

なんやかんや、ややこしくなるとは思いますが、元夫が殺されるとなると疑われるのは花岡靖子であろうことは想像がつきそうなものなのに。

一度嘘をつくと嘘に嘘が重なって、ドンドン泥沼にはまり、罪悪感で死にそうになると思います。

論理的思考ではどうにもならないと思うんですが。
堤真一さんは明るい役のイメージがあるので、演技の幅が広いんだなぁと思いしました。

寡黙だけど優しくて孤独な男を見事に演じていました。

福山雅治さんは主題歌も担当されていて、本当に多才だなぁと思います。【30代女性】

石神さんがただのお隣さんである花岡靖子のために、なぜそこまでできたのかを考えるとなんとも切なくなる話です。
でも、だからって石神さんがすごくいい人ってわけではありません。
だって、そのためにひどい目に遭う人がいるんですから。
だから、どっちかっていうと、盲目というか、小さい子が母親をあがめたてるみたいな、周りを見ていない行為だったように思います。
でも、石神さんは自分の行為がそういう類の行為だとはわかってて、あえてしたんだと思います。
よくよく考えると、そんなたいしたことないトリックだからばれそうなんだけど、そんなことするはずないからばれないだろうと思われた今回の事件。
やはり、湯川さんはとても冷静な方です。
普通はありえないことでも、証拠から考えられる仮説は検証できる人なんですね。
とても面白い映画でしたが、映画だと石神さんが堤真一なのであまり説得力はなかったように思います。
いや、モテるでしょうと思うし、そんな派手な恋愛はなくても頑張れば松雪泰子とも結婚できたはずです。
そんなこというのは野暮なのかもしれませんが、ちょっと気になりました。
あと、湯川と石神の関係性もあんまりよくわからなくて、それは小説もあんまり詳しく書かれてはいないのかもだけど、なんか石神を尊敬していますよってエピソードが欲しいなって感じです。
別に仲良くなくても、どっかで好きだった友人ていうかクラスメートっているから、それでいいとは思うんだけど、あんまりそういう関係性の二人だってのが伝わってこなかったなって感じがしました。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました