映画『母なる証明』無料動画情報

▶無料動画配信

2009年上映、韓国のヒューマンミステリー映画。

監督はパラサイト半地下の家族などで話題を集めたポン・ジュノに主演はキム・ヘジャ。

韓国では老若男女問わず人気があり国民的母親とも言われるベテラン女優です。

その母親の理想形とも言われるキム・ヘジャを狂気の母にさせた映画とあり母国で騒然とさせました。

息子役には日本でも有名なウォンビンが出ており、知的障害を持つ親離れの出来ない不安定な役柄を綺麗な顔で見事に演じます。

今回の記事では、映画『母なる証明』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『母なる証明』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『母なる証明』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字]
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
[字]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
[字]

ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)
[字]

※2020年8月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『母なる証明』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『母なる証明』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

韓国映画 [母なる証明] 予告版

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

映画の種類は邦画も洋画も含め豊富にあります。
アニメの種類も豊富で、見たいアニメ映画は大体あります。
大半が見放題となっており、有料なものは一部の映画やドラマなどです。
小さい子どもがいるご家庭にもおすすめです。
キッズメニューが存在するので、そこの映画やアニメなどを子どもに見せておけばしばらくおとなしくしてくれます。
他のサービスと比較して優れているところはメニューの見やすさかと思います。
マイメニューに登録することも削除することも簡単なので使い勝手が良いです。
ドラマや映画の中には時間が経てば見放題に変わるものがありますので、急ぎで見たいということが無ければマイメニューに登録してしばらく放っておきましょう。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『母なる証明』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年8月5日時点)
今後、映画『母なる証明』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『母なる証明』作品情報

田舎町で女子高生が無残な姿で発見される悲惨な殺人事件が発生。子供のように純粋な心を持つ青年・ドジュンが逮捕されるが、息子の無実を信じて疑わない母親は、刑事どころか弁護士にも話を聞き入れてもらえず、自ら真犯人を見つけ出そうとひとり走り出す。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (母親)キム・ヘジャ
  • (息子・トジュン)ウォンビン
  • (ジンテ)チン・グ
  • (ジェムン刑事)ユン・ジェムン
  • (ミソン)チョン・ミソン

スタッフ

  • 監督 ポン・ジュノ
  • 音楽 イ・ビョンウ
  • 脚本 パク・ウンギョ、ポン・ジュノ

映画『母なる証明』ネタバレあらすじ

韓国のとある田舎町。

主人公は漢方薬を作る仕事をしながら息子と二人でひっそりと暮らしていました。

息子はトジュンといい、立派な成年男子ですが知的障害を持っているため、どんなことをするか分かりません。

そのためか主人公も漢方の葉を大きい包丁で、ザクリザクリと切りながらも店の外で犬とじゃれているトジュンから目が離せません。

すると急に高級車がトジュンのすれすれを猛スピードで通り、トジュンは叫びました。

母親も絶叫し、トジュンのもとへと駆け付けます。

トジュンの身体には血がついており、怪我をしたのだと母親は心配しますが、その血は驚いた拍子に包丁で切った母の血でした。

当の本人はけろりとしているのにも関わらず、自分の怪我だと気づかないほど母親はトジュンしか見えていないのです。

トジュンは母親に素っ気ない態度を取りつつも日々の世話をしてもらい、夜はいまだに子供のように母と寝て、母の胸へと手を伸ばす始末。

この親子は全く親離れ子離れが出来ていません。

そんな毎日の中、母子の街で女子高生の死体が発見されます。

しかも犯行現場にトジュンのゴルフボールが落ちていた。

それだけでトジュンは捕らえられ、誘導尋問により犯行を認めてしまいます。

何かの間違いだと母は無実の証拠を探しに奔走しますが、だんだんと事件の闇を目にすることに。

訳も分からず波に流されるトジュン

急に証拠があると警察に捕らえられ、りんごをほうばらせて殴ったり、知能の低いトジュンにお前が犯人だ間違いないと教え、本当に僕が殺したんだと思わせたり、母の心配をよそに事がどんどん進んでいきます。

そして貧乏ながらも街で一番の弁護士を雇い、トジュンに会わせるが、当の本人は事の重大さが分かってないのか、まるで他人事です。

トジュンは昔から記憶力に弱く、あの晩の行動を思い出してと言われても、違う日のトラブルを思い出して喜んだりと話になりません。

弁護士もこりゃ駄目だと、精神病院に入れることを勧め、怒った母はクビにします。

トジュンには悪友でチンピラのジンテがおり、母はいつも一緒に行動していたジンテの仕業じゃなかろうかと、ジンテを探ります。

死んだ女子高生の裏の顔

素行の悪いジンテを疑い、家に忍び込んで証拠となる品を見つけ警察に見せますが、それは母の勘違いでありました。

あれだけ一緒に居たのに拘置所にいるトジュンの元に行かないなんて、後ろめたいことがあるんだと勘ぐっていましたが、実は彼は彼なりに情報収集をしており、トジュンの無実を信じていました。

そのため忙しくて面会に行けなかったのです。

ちゃっかり母に慰謝料を請求する鬼畜ぶりですが、死んだ女子高生について教えてくれるジンテ。

死んだ女子高生アジョンは援助交際をしており、犯人候補はたくさんいるということ。

母はアジョンの友人に近づき調べていくと、彼女が売春相手の写真を携帯に収めていることが分かり、そこに真犯人が写っていると確信します。

真犯人を思い出したトジュン

その頃拘置所で母に教えてもらったツボを刺激するトジュン。

母は資格のない闇鍼灸師で腕はいいので、未だに秘密裏に商売を続けられるほどです。

母にこのツボを押せば忘れていた記憶が戻ると言われて、日常でもその仕草はしていました。

するとある記憶が呼び起こされました。

それはトジュンに農薬を飲ませて心中しようとした幼き頃の記憶です。

そのことを母に告げると、まさか覚えていたなんてと取り乱し、記憶を忘れるツボを教えてあげるからと泣き叫ぶ母に、トジュンは冷たい目を向けます。

母はこのこともあり、ずっと罪悪感を持ってトジュンに接していたのです。

その晩、本当にあの事件のことを思い出しました。

現場には白髪の男性がいたと母に告げると、この人こそが真犯人だと母は確かめに行きましたが…

映画『母なる証明』ラストの結末

真犯人と思われる廃品回収のおじさんのもとへと向かう母。

鍼灸師だと告げ、施術をする間に事件のことを口にし、反応を見ます。

するとおじさんに自分は目撃者なのだと漏らします。

すぐにトジュンが捕まったため警察には言ってないと…トジュンが彼女を殺すところを見たと言うのです。

気が動転した母は、「そんなはずない」と。

トジュンは誤認逮捕で真犯人は捕まったと嘘を言うと「それはいけない!間違いだから自分が証言する」と警察に電話しようとするので、母は思わずおじさんを殺してしまいます。

そして火をつけ家に戻ると、警察が来て「真犯人が捕まりました」と言う。

真犯人はアジョンの恋人で、真実を知っている母は、その男が真犯人ではないことを知りつつも言わない道を選びました。

事件が落ち着いた頃、トジュンに「落としちゃ駄目じゃないか」とあるものを手渡されます。

それは母が殺した男のもとへ忘れてきた鍼灸針箱でした。

色んな疑問が浮かび上がる母は、自分に忘却のツボを刺して踊りだしました。

映画『母なる証明』感想

誰を信じるかによって見方の変わる映画です。

トジュンを信じてトジュンのために尽くしてきた母、最後の最後で息子に疑惑の念を抱いてしまい、その気持ちにそっと蓋をします。

これこそが母の愛であり証明であると。

主人公はこの映画で一貫して名前で呼ばれません。

存在自体が、存在意義が「母親」だけの主人公の姿は、事件が起こる前でも幸せそうに見えないです。

この映画の原題は「mother」自分の子供のためになら闇にも身を落とし、殺人を犯し、無実の罪を人に擦り付ける。

主人公は行き過ぎているように思いますが、自分の身から産み出した我が子が障害を持つというのは、一生懺悔しながらも目を背けられない存在なのでしょう。

トジュンのためにないお金を絞り出し、息子の友人ジンテを使い、情報を持つ男子高校生を拷問する姿は母の姿も共に痛々しく見ていて辛い気持ちになります。

息子が正しいと信じる気持ちは、ある意味で狂気であり恐ろしいほどです。

ラストは色んな解釈が出来るようにか、曖昧に終わっています。

トジュンは本当に殺したのか?そもそも本当にこの子の記憶はないのだろうか。

もし忘れたふりをしていたのなら?母の殺人には気づいているのか…

オープニングの母のダンスにすべて物語られているように感じます。

映画『母なる証明』視聴者の声

知的障害を持つ息子と暮らしている母が主人公のお話です。
ある日、近所で女子高生が殺される事件が起き、息子が捕まってしまいます。
母は息子の無実を信じ、真犯人が誰かを突き止めようとするというお話です。
警察は、息子が犯人と信じ込んでいて、彼を犯人にしたてあげようとしている感じがしました。
別に障害とかがなくても何度も何度もお前がやったんだろうとか言われると、自白しちゃうことはあると思います。
警察は、息子の障害を知っていたのにそれに配慮もしてなくて怖いなと思いました。
また、息子の友達も息子のことをいいように使ってるように見えて、やなやつかなと思っていました。
でも、息子のために捜査をしてくれたり、実は本当に息子と仲良くしてくれている人でした。
なんか追い詰められた人への対応でその人の本心が出るのだなと感じました。
母は、本当に息子のため必死に捜査していて、これが母の愛かとすごいなと感じたし、怖くもありました。
ここらへんについては詳しく書くと、オチがバレてしまうので詳しくは言いませんが、とにかく怖かったです。
彼女が周りにしたことも、自分にしたことも、なんでそんなことするの?と思えることでした。
その理由こそが母だからということなんでしょうか。
なんか、この映画を見て、母性の恐ろしさを知ってしまいました。
しばらくは本作を思い出して、落ち込みそうです。
良くも悪くも影響力の強い映画でした。【30代女性】

冤罪の息子のために奔走する母の話です。
母とはどういうものなのかってのがよく表れている作品でした。
母とは、息子の言い分を信じるものだし、息子のためになれない捜査をするものだし、そして、息子が悪い時でも庇ってしまいがちなものです。
そんなことするのは人としてはどうなんだと思います。
でも、これが母なのかも知れません。
私が同じ立場に立ったらどうするか、いやそんなことしないよと強く言えないところが怖いです。
この母親も、自分のしたことを正当化しているかっていうとそうではなくて、したことですごく悩んでて、最終的にすごい手段を取ってます。
そこが切ないし怖かったです。
見始めたときは、警察の偏見というか、知的障害の人をみんなで犯人に仕立て上げる、そういう系の怖さを描いた作品かなと思ってましたが、それだけではない怖さがありました。
母とは偉大なものであり、怖いものだと思います。
最後まで見て、タイトルを見るとまた味わい深いものがあるなと思いました。
母役の人はいかにも疲れた母という感じでしたし、息子役の方はぱっと見は愚鈍に見えるけど、あれ?もしかしてわかってんじゃねえ?って感じにも見えてすごかったです。
なんだか、いろいろ考えてしまう映画でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました