映画『不能犯』無料動画情報

▶無料動画配信

2018年に公開された映画『不能犯』。

松坂桃李が不能犯の宇相吹正を、沢尻エリカが彼を追う刑事の多田友子を演じ、傑作になっています。

今回の記事では、映画『不能犯』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『不能犯』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『不能犯』は、6つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『不能犯』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『不能犯』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

映画『不能犯』(2月1日(木)公開)本予告

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

無料で視聴できる作品が多く、有料のものもポイントを使用すれば無料で観ることができるので、うちは家族ぐるみでよく使用しています。
一契約で親機+子機3台の計4台まで同じサービスを利用可能です。
もちろん一契約分の料金しか必要ありません。
なので私は実家で契約しているU-NEXTを自分の家で視聴したりしています。
また毎月U-NEXTに支払っている分程度のポイントが入り、そのポイントを使用して新作などを視聴することができます。
なので、実質最新作を視聴するためにお金を払っているだけでその他の動画も見放題という感覚なのでかなりお得に感じます。
ポイントは4台で共有なのですが、どれかの台でポイントを使い新作等を視聴すると同じ作品がどの台でも観れるので、離れて暮らしていた私でも視聴することができました。
新作もDVD発売と同じくらいの速さでUPされますし、その他の見放題のものもかなり多くあります。
新作もしばらくすると無料になることが多いような気がします。
実際に私はほとんどポイントを使用することなく、毎日楽しく動画視聴を行なっています。
ちなみに、私はあまり観ないのですが韓流ドラマの種類がかなり多いように思うので、韓流好きの方にも良いかもしれません。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『不能犯』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月22日時点)
今後、映画『不能犯』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『不能犯』作品情報

とある電話ボックスに殺人を依頼する紙を貼ると、犯行を引き受けてくれる男・宇相吹正。彼はマインドコントロールを駆使して相手を死に追いやる、犯行を罪に問われない“不能犯”だった。唯一支配を受けない刑事・多田は彼を止めようとするが…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (宇相吹正)松坂桃李
  • (多田友子)沢尻エリカ
  • (百々瀬麻雄)新田真剣佑
  • (川端タケル)間宮祥太朗
  • (赤井芳樹)テット・ワダ
  • (若松亮平)菅谷哲也
  • (前川夏海)岡崎紗絵
  • (木村優)真野恵里菜
  • (羽根田健)忍成修吾
  • (木島功)水上剣星

スタッフ

  • 監督 白石晃士
  • 原作 宮月新、神崎裕也
  • 音楽 富貴晴美
  • 脚本 山岡潤平、白石晃士
  • 製作 岡田美穂、村田嘉邦、勝股英夫、水野英明、木下暢起、三宅容介、森川真行

映画『不能犯』ネタバレあらすじ

世間では、殺人事件や自殺がひんぱんに起こっていき、なぜか現場には宇相吹正という男の影がちらつくことに。

実は、宇相吹正は、他人への復讐をしたい依頼人から仕事を受けては、被害者を殺害していたのですが、どういうわけか、犯罪の物証はまったく存在しなかったのでした。

さて、一連のあまりにも不可解な事件の捜査をしていた刑事の多田友子は、宇相吹正を任意で警察に読んで、さっそく彼のことを調べ始めます。

が、刑事の夜目美冬が、よりによって、宇相吹正によってその心を操られてしまうことに。

その結果、夜目美冬は自殺を遂げてしまって、多田友子は、宇相吹正のせいだと気づくものの、やはり肝心の物証はなかったのでした。

そんななか、多田友子によって逮捕されたことがある川端タケルによって、連続爆破事件が引き起こされてしまいます。

川端タケルは、多田友子をさらって、みずからが犯人であることを告げたうえで、仕掛けてきたたくさんの爆弾を起爆させるスイッチを押させようとします。

が、そこに宇相吹正が現れて、川端タケルを殺してしまいました。

実は、宇相吹正は、川端タケルの先輩の櫻井俊雄から、彼への復讐を依頼されていたのです。

宇相吹正は、多田友子に向かって、これからも犯行を続けるという意思をにじませるのでした。

夜目美冬の自殺

映画『不能犯』における宇相吹正の動きは、実に不気味なものとなりました。

そんななかでも、とりわけ恐ろしかったのが、ずばり、夜目美冬の自殺です。

宇相吹正は、他人の心を支配する能力を持っていたのでした。

このことによって、夜目美冬は、風呂場でムカデに襲われるという妄想を抱かされた末に、手首を切って自殺してしまうという、グロテスクな最期を遂げたのですね。

ちなみに、夜目美冬が殺された原因とは、彼女の捜査に私怨を抱いていた者によって宇相吹正に対してなされた依頼なのでした。

宇相吹正のさらなる暗躍

夜目美冬の自殺もさることながら、映画『不能犯』における宇相吹正の暗躍は、さらに露骨なものになっていくことに。

数々のエピソードの中でも印象的だったのは、木村優という女性による、姉の夢原理沙への殺害依頼。

木村優は、自身と夢原理沙の境遇の違い、そして姉の自身への態度に不満があったのです。

宇相吹正によって交通事故を起こさせられた夢原理沙は、軽傷を負い、婚約者が医師として勤務する病院へ搬送されたものの、婚約者の不倫を知って彼を殺害。

が、その後、木村優は、夢原理沙の態度は悪意ではなかったと知って、自殺してしまい、夢原理沙も自殺してしまうのでした。

多田友子の決意

映画『不能犯』のラストは、宇相吹正と戦っていった多田友子によるシーンが見どころとなりました。

宇相吹正に心を操られない体質の持ち主だった、多田友子。

そのために殺されずに済みましたが、最後における宇相吹正とのやり取りが、実に鮮烈な

ものとなったのです。

川端タケルを始末した宇相吹正は、多田友子に向かって、これからも人を殺す意欲を明らかに。

そんな宇相吹正に対して、多田友子は、自分の希望で彼の力を止めると語ったのでした。

映画『不能犯』感想

映画『不能犯』は、文字通り、不能犯を題材にしたミステリーでした。

数あるミステリーのトリックではありますが、さすがにこんな能力を使われたら、警察も太刀打ちができませんよね。

あらためて宇相吹正の怖さを痛感させられますが、そんな彼と対峙していく多田友子の活躍も見ものです。

松坂桃李さんも沢尻エリカさんも演技力が高いため、宇相吹正にも多田友子にも惹きつけられますね。

これまでにさまざまなジャンルの作品に出演してきた2人にとっても、本作は印象深いものとなったことでしょう。

映画『不能犯』視聴者の声

巷では「電話ボックスの男」と呼ばれる男の噂が飛び交っていた。
それはその男に依頼することで完璧に消したい相手を殺してくれるというものだった。
そんなダークヒーロー「電話ボックスの男」こと、宇相吹正を松坂桃李さんが演じます。
そして宇相の完璧な殺人犯罪を追う刑事、多田友樹を沢尻エリカさんが演じます。
宇相の手口は証拠を全く残さない暗示によるものであり、多田たち警察は手も足も出せずにいました。
そんな中、遂にその被害は多田の職場の仲間にまで及び、多田は怒りを覚えます。
多田は宇相の暗示が効かないことから自らが宇相を殺そうと考えますが…。
昔、犯罪を犯し多田が世話した現在は料理人として更生したはずの間宮祥太朗さん演じる川端タケルが宇相と多田の対決をかき乱すなど、そのストーリー展開には目が話せません。
宇相の「愚かだねぇ、人間は。」というセリフがとても印象的で、フィクション作品であるものの日々日常を生きる私達の人生観や倫理観に対して一石を投じる感情を抱かせます。
主題歌「愚か者たち」を歌うGLIM SPANKY のハスキーボイスの歌声や歌詞もこの作品ととても良くマッチしており、注目ポイントの1つです。
ぜひ、このスリリング体験を味わってみてはいかがでしょうか。【20代男性】

人間だれでも根の底に常に思っていることがむき出しになっている映画でリアル感がたっぷりとあって少し奇妙です。
不能犯役の松坂桃李さんが神秘的にも目が赤くなったらして「東京グール」を思わせるところがあります。
人を憎むことはいけないなと反省出来て自分と向き合えるひと作となっています。
平成にこんな人間味のある映画があったんだなと恐怖もありますが、ズシート共感できるところがなぜだかありました。
刑事役の沢尻エリカさんできた人間性とよい刑事であったのにあの事件は??と悲しくなります。
そして残念です。
プライベートも強く冷静であって欲しかった沢尻エリカさんです。ヤンキーさも演技に出ていました。
やはり。
矢田亜希子さんが追い詰めた少年に浴槽の中で亡霊のように追い詰められてしまう場面は気持ち悪すぎです。
夜眠れないかと思いました。次の日かなりストレスがたまりました。
対人恐怖症と少し幻覚みたいになって私は何もしてないのに気分が悪くなりました。
この映画はかなり精神状態が良くないと見れないと思います。
矢田亜希子さんは自分の手に亡霊が貼りついて歯ブラシで自殺したという設定ですが、誰でもパニックなります。
基本的にこの映画の登場人物で幸せになった人はいるのでしょうか?
評価としては反省をする人が見たらいいと思います。【40代女性】

後味悪い、でもまた見たい! そんな中毒性を持った映画でした。
まず松坂桃李がとにかくかっこいいです。
不能犯の主人公は、暗示だけで人を殺すことができる、いわばダークヒーロー。
薄気味悪い笑いを浮かべながら、人の心を翻弄し、暗示にかけて、死へと誘い込む、ぞくぞくするような恐ろしい雰囲気を、松坂桃李の低くくぐもった声が、より盛り上げています。
ビジュアルについては、原作ファンの間でもかなり話題になったそうです。
原作の漫画を見てみると、たしかに、見た目がそっくりです。
あとから原作を読んでみましたが、映画自体の雰囲気も、かなり寄せてありました。
映画化するにあたって、変更点はいくつかありましたが、一本の映画作品として、十分すぎるクオリティです。
主人公に暗示をかけられた人がみる、幻覚の表現もよかったです。
CGの使い方がとても自然で、みているだけでぞわぞわするような気持ち悪さを見事に再現していました。
幻覚に溺れて命を落とす人々を傍目に、松坂桃李がぽつんと呟く「愚かだねぇ、人間は」というフレーズには、体の芯が痺れるかっこよさがあります。
そしてエンディング曲では、そんな決めセリフにかぶせるかのように流れる「愚か者たち」が使用され、本編で殺された、あるいは自滅した人々の鎮魂歌のようにも感じられます。
エンディング曲にまで力が入った、見事な一本の映画でした。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました