映画『そして父になる』無料動画情報

▶無料動画配信

2013年に公開された映画『そして父になる』。

今回の記事では、映画『そして父になる』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『そして父になる』予告編

映画『そして父になる』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『そして父になる』は、5つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

U-NEXTでは、映画『そして父になる』の配信を終了しました。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『そして父になる』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『そして父になる』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

一つ目のいいところは映像が綺麗なところが気に入っています。

他のムービーアプリよりは鮮明だと感じています。
二つ目は、何より作品数が多いところです。
アニメから洋画、邦画が好きでよく見るのですが、たいていのものはあります。

ただポイントで購入必須なのが最新作だと多いですが、ポイントも貰える為特段不便には思っておりません。

またダウンロードしてみれるのもいいです。

料金は他の企業と比べると高めかなぁ、とやはり感じますが、家族割などのパッケージプランもあり、3人まではパッケージに加入できるなどといったシステムもあるため、そこで料金の問題については解決しつつ、毎日の映画の視聴や、漫画も楽しんでいます。
満足してますので是非利用してみてください。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『そして父になる』作品情報

是枝裕和監督作品で、主演は福山雅治、他にも、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、樹木希林などが共演しています。

子供の取り違え問題という社会的なテーマを扱ったことによっても、話題を集めると同時に、高く評価されることになりました。

大手建設会社に勤務するエリート会社員・野々宮良多は、仕事も家庭も順調で、何不自由ない幸せな生活を送っていた。そんなある日、病院から連絡が入り、良多は6年間愛情をかけて育てた息子・慶多が、赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (野々宮良多)福山雅治
  • (野々宮みどり)尾野真千子
  • (斎木ゆかり)真木よう子
  • (斎木雄大)リリー・フランキー
  • (野々宮慶多)二宮慶多
  • (斎木琉晴)黄升げん
  • 中村ゆり
  • 高橋和也
  • 田中哲司
  • 井浦新

スタッフ

  • 監督 是枝裕和
  • 脚本 是枝裕和
  • 製作 亀山千広、畠中達郎、依田巽

映画『そして父になる』ネタバレあらすじ

野々宮良多、嫁の野々宮みどり、そして2人の息子の野々宮慶多は、いたってふつうの幸せな一家でした。

野々宮慶多は、小学校のお受験に挑み、見事に合格をはたします。

ところが、そんな野々宮家をある日、激震が襲うことになりました。

野々宮良多と野々宮みどりが、いきなり、野々宮慶多が誕生した病院から呼び出されたのでした。

呼び出された理由というのは、重要なことを知らせるというもの。

あまりにも信じられないことに、斎木雄大と斎木ゆかりという夫婦の息子である斎木琉晴という男の子がいたのですが、野々宮慶多が生まれたとき、彼ら2人を取り違えてしまったというのです。

なんでも、斎木琉晴の血液検査の結果がおかしいということから、この事実が判明したとのことでした。

2家の交流

ショックを受けた野々宮良多は、気づかなかった野々宮みどりに向かって、憤っていきました。

一方、斎木雄大と斎木ゆかりは、野々宮良多や野々宮みどりとは異なり、裕福ではない家庭で、野々宮良多と野々宮みどりは、そんな彼らと顔を合わせることに。

野々宮慶多が生まれた病院から、早期に対応するようアドバイスされたため、野々宮良多と野々宮みどりは、斎木雄大と斎木ゆかりと、家族ぐるみで付き合っていくことにします。

野々宮良多は、病院に訴訟を起こし、野々宮慶多にくわえ、斎木琉晴も育てられないか、模索し始めました。

やがて、野々宮慶多は斎木家、斎木琉晴は野々宮家に泊まることになります。

そんななか、野々宮良多は、斎木家の経済状態がまずいと知ることになるのでした。

2人の息子の処遇

野々宮良多は、やはり2人とも育てたいと打診するものの、斎木雄大も野々宮みどりもそんな彼が理解できませんでした。

野々宮良多による病院を相手にした訴訟が始まり、女性看護師は野々宮家への嫉妬から故意に子供たちを取り違えたと証言します。

しかし看護師はすでに時効になっていて、野々宮みどり、斎木雄大、斎木ゆかりは、釈然としません。

野々宮良多は、野々宮慶多と斎木琉晴の扱いをめぐって苦悩しますが、野々宮慶多が、実父と他人だった父親に、それぞれ父の日のプレゼントを作ったことで、心を動かされました。

結局、野々宮慶多と斎木琉晴は、それぞれ本当の両親に引き取られることになります。

それを前に、野々宮良多と野々宮みどりは、野々宮慶多との思い出作りに励んでいきました。

真の親子関係とは?

野々宮良多は、斎木琉晴を野々宮家に引き取ることにしたものの、肝心の斎木琉晴から、なかなか、すなおに受け入れてもらえません。

しかし、そんななか、野々宮良多は、斎木琉晴に向かって、実は、自分こそが本当の父親なんだと語ります。

さて、野々宮良多は、病院を相手にした訴訟に勝訴しました。

しかし、野々宮良多は、まだ納得がいきません。

野々宮良多は、看護師に会いに行きますが、そこで彼女の血のつながらない息子に阻まれます。

野々宮良多は、息子には関係がないことだといいますが、息子は看護師のことを母親と認識したうえで、これに反論していきました。

これを受けて、野々宮良多は、血縁関係の有無と親子関係の問題について考えさせられることになるのです。

映画『そして父になる』ラストの結末

結局、斎木琉晴は、野々宮家になじむことができずに、斎木家に勝手に帰ってしまいました。

さっそく斎木家に斎木琉晴を連れ戻すためにやってきた、野々宮良多。

しかし野々宮良多は、斎木琉晴を叱責したりせずに、子供のころには、自分も家から逃げたことがあるんだと語っていくことにします。

このことによって、野々宮良多と斎木琉晴は、次第に信頼関係が構築されていきます。

とはいえ、やはり斎木琉晴は、斎木雄大と斎木ゆかりのもとへ帰りたがります。

一方、野々宮みどりも、斎木家に行った野々宮慶多のことを思い出して、泣いてしまいました。

もちろん、野々宮良多も複雑です。

やがて野々宮良多は、斎木家に行って、野々宮慶多のことを抱きしめるのでした。

映画『そして父になる』感想

是枝裕和監督といえば、これまで、『万引き家族』など、数々の家族をテーマにした映画を作ってきたことで知られています。

映画『そして父になる』もその1つだったわけですが、複雑な問題に取り組みつつも、温かみに満ちた、いいドラマとなりましたね。

血縁関係と親子関係は必ずしも一致しないということは分からなくもないですが、仮に自分の立場に置き換えれば、だれもが本当に考えさせられる作品でしょう。

とにかく、これは最低でも1回は観ておきたい映画ではないかと思います。

映画『そして父になる』視聴者の声

とても考えさせられる話でした。
人は子供が生まれたら親になると思っていたけど、そうではないんだと思いました。
私にも子どもがいて、彼のことがすごく好きです。
でも、それは血がつながっているからというそれだけの理由ではない気がします。
福山雅治さんの演じるお父さんは、最初、自分の子のことをきちんと見ていなかったかもしれないですが、一度離れてみてわかったことがあったのだと思います。
子どもが自分のこと見ていたから、自分もこの子を見ないとと思ったというのはなんとも自分勝手な話だとは思います。
でも、きっとそれだけではないのでしょう。
子どもがお父さんのことを見ていたと知ったとき、自分も彼のことを見ていたし、これからも見ていたいと思ったと信じたいです。
本来ならこんなに悩むことはなかったのに、1人の看護師のせいで振り回された子どもたちがかわいそうでした。
親もひどく悩んだでしょう。
リリー・フランキーらのほうは悩んではなかったようにも見えました。
血のつながりとか関係なく、今まで育てた子を手放す気など毛頭なくて、もう一人の子を引き取るか否かの悩みしかなかったのかもしれません。
私もそういう親になりたいなと思いました。【40代女性】

この作品は、家族ということについて考えさせられる作品です。

二つの家族の子供が生まれた時に、取り違えられてしまい子供が入れ替わった状態で一緒に暮らし、成長していきます。

その二つの家族は世間一般にいう、裕福な家庭と貧乏な家庭、育て方や生活の仕方も極端に違うというような家庭環境を持つ家族の物語です。

そして、子供の取り違えに気付いた時には、子供たちはしっかりと自我ができているくらいにまで成長した時期となってしまい、二つの家族の中で、血の繋がった息子か、それとも今まで育ててきた息子か、どちらと今後の生活をしていくのかと取り決めのなかで起こる様々なことが起こるというような内容となっています。

この映画を見て、とても家族ということについて考えさせられました。

自分自身は、血の繋がった家族がいて、その家族と一緒に生活して成長したが、その自分にとっては当たり前のことが、当たり前ではなくとても幸せなことであるということに気づくことができました。

そして、もし自分が映画の中の親の立場になったとしたら、そのような決断をするかと考えたら、血の繋がりではなく一緒に過ごしてきた子と生きていくことを選ぶだろうなと思いました。

どちらも大切であるが、血の繋がりは事実上のものであり、一緒に過ごしてきた時間の方が大切であると思ったからです。

でもこれは実際に、自身が体験したことでないからそう言えるのかもしれません。

このように、一本の映画ではありますが、いろいろ考えさせられる作品でありました。【20代女性】

血が繋がっていることが親子なのか、それとも一緒に過ごしてきた期間や注いだ愛情の量が親子なのか、とても考えさせられる映画でした。

内容はシリアスで、もし自分が当事者で、親だったらどんな選択を取るだろうとみている間ずっと考えていました。

今まで育ててきた子供が、自分の子供じゃなかったなんて信じられないし、信じたくない事実だと思います。

きっと知らない方が幸せだろうとも思います。

お互いの子供たちは全く違う環境の中で生活していました。

性格ももちろん違うし、お箸の持ち方から、態度だって違います。

また新しく一緒に生活して、そこから親子の絆が生まれるのか、不安にもなってしまいます。

また、子供達の立場になった時自分だったらどんな選択をするだろうかとも考えました。

自分の両親が本当は違う人だったら、自分はちゃんと受け入れられるのか、本当の両親のところに戻ったとしてもちゃんと家族として、生活することができるのか、不安になったと思います。

父親の良多と、息子の慶多が2人で歩きながら話をするシーンがとても印象的でした。

8歳の子供に、実は本当の親は自分ではないと話すのは、ほんとうに心苦しかったと思います。

お互いの両親がとった選択と、子供たちの別れのシーンはほんとうに感動しました。【20代女性】

取り違え問題は今どき珍しいので、それゆえに寛容になれない部分もあると思いますが、この作品はそこが問題では無かったようです。

タイトル通りに、「父」である良多の成長物語になっていると思います。

子供を産むという経験をしたみどりとゆかりは、看護師の告白後、怒り心頭している様子を見せていましたが、良多は相も変わらず無の状態で怖かったです。

しかし良多の父親が本当に捻くれた人で、息子である良多があのように育つのは当然だと思わされました。

またあれだけ嫌悪している父の発言を次の場面では内面化し、自分の口から同じ事を話していたのは、親が子に与える影響の恐ろしさを感じました。

6歳にもなれば様々な事が分かってくる年齢だと思っていたので、交換を選択するという展開には驚きました。

成長していくと顔が生みの親に似てくるのは理解できますが、人格形成は育った環境が重要になると思います。

俳優たちの演技はどれも素晴らしいものでしたが、特に子供たちが良かったです。全員愛らしく、そして実際にいそうなリアリティがありました。

既に知られている子役タレントをキャスティングしていたら、ここまで心に響かなかったと思います。

野々宮家は良多が子供の大切さを理解したこれからが、家族としての新しいスタートとなりそうです。

両家族に幸せになって貰いたいと切に感じる作品でした。【20代女性】

福山雅治については、あまりテレビドラマで見ることがあっても、何の感想も持てずにいました。

音楽についても、同じでした。

そんな印象をずっと持っていたので、この映画にはあまり期待はしていなかったのですが、それまでのイメージと違って、どこにでもいそうな雰囲気や、どこかダメそうな感じがとても好印象でした。

リリーフランキーと対照的な人間でありつつ、親としての覚悟を決めていく流れは、子供をもつ親であれば誰でも共感しうるもので、どこか応援もしたくなるような、そんな演技に魅了されました。

芸能界ではスーパースターなのかもしれないけれど、本当はこういう人間ぽいひとなんだろうな、と勝手な想像もしてしまいそうでした。

真木よう子さんの、ちょっとぶっきらぼうな親、尾野真千子さんの神経質そうな親もとてもよかったです。

是枝裕和監督特有の静かに進む話はとても心地よく、でも、どこか切ないもので、さすがの力量を感じました。

決して明るい話ではありませんが、未来を明るく感じられる、かすかだけれど、ぐっと幸せを感じられる映画だったと思います。

自分の親や自分の子供、家族がどんな気持ちだったのだろうなど、その後、自分のまわりをいろいろ思い出したくなるような、そんな映画でした。【40代男性】

福山雅治の役は嫌な男だと思いました。
最後は反省した感じでしたが、ちょっとなあって感じです。
実は取り違えがあったとわかっても、今まで育ててきたのに交換なんて思い浮かぶのかと思いました。
エリート思考というか、子どもに自分と同じ頭を求めたたりしていて、私は嫌いです。
子どもが母や父が迎えにきても黙っていたのはそりゃそうだと思いながら見てました。
てかあの奥さんも奥さんだなって感じです。
私なら絶対子どもと別れられないです。
でも、私が、話が読めてないだけで、あれはちょっと試しにって話だったのかもしれません。
どっちにしろ、もう大きい子なんだから説明が難しいだろうなと思いました。
もう一つの家族は、病院とのお金の件をずっと言っててこっちはこっちでそんないい人でもないって感じでした。
2家族とも問題ありでしたが、だからこそリアリティがあるのでしょう。
私も今はこんな偉そうなことを言っていますが、自分の子が別にいると知れば動揺すると思います。
そう考えると、あの看護師のしたことはだいぶ罪深いです。
そんな女でも子どもは母を守ろうとしたり、人の絆をいろいろ考えさせられました。
子どもの気持ちに立つと、あんまり主人公やその妻に感情移入できず、乗れないところもありましたが、なかなか深い話でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました