映画『真田十勇士』無料動画情報

▶無料動画配信

映画『真田十勇士』は、2014年、堤幸彦演出、中村勘九郎主演で公開された舞台がベースとなった作品。

ほか、キャストは、松坂桃李、大島優子、永山絢斗、高橋光臣など、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『真田十勇士』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『真田十勇士』予告編(90秒)

映画『真田十勇士』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『真田十勇士』は、5つの動画配信サービスお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『真田十勇士』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『真田十勇士』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

とにかく作品数が多いところがおススメですね。
見放題のラインナップ数はおそらくダントツでナンバーワンだと思います。
邦画、洋画、アニメだけでなく漫画、雑誌も揃っていて、どのジャンルにおいても豊富なラインナップで今まで全く知らなかった作品や昔懐かしの作品まで幅広く出会うことができます。
自分の見てきた作品の傾向などからさまざまなカテゴリー分けで作品を探すことができるので、作品選びも簡単です。
今は31日間無料トライアルもやっていて、どのサービスを利用しようかと悩んでいる人も気軽に試すことができて、気に入らなければ期間内であれば無料で解約することができるので、お試しで契約してみるのもいいかもしれません。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『真田十勇士』作品情報

猿飛佐助をはじめとする「真田十勇士」たちが、真田幸村とともに、大阪冬の陣、大阪夏の陣で、徳川家康率いる幕府軍と戦っていくさまを描くストーリー。

関ヶ原の戦いから14年。
名将として尊敬を集める真田幸村は、実は運よく勝ちを拾ってきただけの気弱な男だった。
実像と虚像の違いに悩んでいた幸村は、猿飛佐助と運命的な出会いをする。
佐助は仲間を集め、幸村を本当の英雄に仕立て上げようと試みるが…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (猿飛佐助)中村勘九郎
  • (霧隠才蔵)松坂桃李
  • (火垂)大島優子
  • (根津甚八)永山絢斗
  • (筧十蔵)高橋光臣
  • (三好清海)駿河太郎
  • (海野六郎)村井良大
  • (三好伊三)荒井敦史
  • (真田大助)望月歩
  • (望月六郎)青木健

スタッフ

  • 監督 堤幸彦
  • 音楽 ガブリエル・ロベルト
  • 脚本 マキノノゾミ、鈴木哲也
  • 製作 大角正、佐藤直樹、熊谷宜和、薮下維也、永井聖士、安部順一、弓矢政法、長坂信人

映画『真田十勇士』ネタバレあらすじ

猿飛佐助は、女性を人質にしたところ、真田幸村が代わりを申し出たことに感心して、彼の傘下に入ることに。

徳川軍が大阪を狙う中、彼の配下の者は増えていき、やがて真田丸が完成して、根津甚八が最後に加わって、とうとう真田十勇士がそろったのです。

そしていよいよ大阪冬の陣が勃発。

真田幸村らの活躍によって、戦いは豊臣方の勝利となったのです。

徳川方は大坂城の堀を埋めることを条件に和睦し、戦いはひと段落ついたかに見えましたが、すぐに大阪夏の陣が勃発。

そんななか、真田幸村は徳川家康と刺し違えようと考え、猿飛佐助はおどろきます。

一方、真田十勇士の筧十蔵がスパイだったと発覚しますが、結局、彼はからくも許されました。

さて、戦で真田十勇士は次々と徳川方に敗れていき、とうとう真田幸村までもが倒れてしまうことに。

真田幸村の遺言通り、淀殿を守ろうとしていく、猿飛佐助。

しかし、霧隠才蔵は、彼女が徳川家康とつながっていると、不満をあらわにするのでした。

そして、猿飛佐助、霧隠才蔵、淀殿、豊臣秀頼はみんな倒されてしまい、戦で徳川の天下が確立したのです。

と見せかけて、実はみんなは死んだふりをして、ちゃんと生きていました。

大阪は徳川に取られてしまったものの、薩摩に出奔して、その後もしぶとくやっていくことになるのです。

真田幸村と猿飛佐助の出会い

さすが堤幸彦作品だけあって、あらすじ全体がシュールだった、映画『真田十勇士』。

しかし、それは冒頭から言えることで、映像が実写からアニメになって、また実写に戻るという斬新な演出がなされていたのですね。

猿飛佐助が真田幸村と出会って、彼の配下の者が増えていくシーンはアニメだったのです。

が、途中でアニメ映画ではないというメタ演出があって、実写に返っていくのでした。

歴史ものに興味がない人であっても、これには惹きつけられることでしょう。

十勇士へのこだわり

堤幸彦監督の色が冴えわたった、映画『真田十勇士』。

随所に面白おかしいエピソードが見られますが、とくに注目したいのが、数字へのこだわり。

劇中では、「十勇士」であることへのこだわりが何かと伺えたのですね。

たとえば、冒頭で、根津甚八が10人目の勇士に採用されるシーンですが、九勇士より響きがいいからという理由だったのです。

また、筧十蔵がスパイだったのに放免となったのも、九勇士になりたくないからでした。

めちゃくちゃな理由ですが、いかにも堤幸彦作品らしく、味わいがありますよね。

天草四郎の乱

映画『真田十勇士』は冒頭だけではなく、ラストもユニークなものでした。

こちらは演出ではなくあらすじですが、実は生きていた豊臣秀頼らは、薩摩、琉球、インドネシア、中国と居所を転々としていくことに。

いくらフィクションとはいえ、やりすぎな感がありますが、まだまだすごいオチが残っていました。

豊臣秀頼は天草四郎と同一人物で、天草四郎の乱を引き起こし、再度、徳川方と一戦交えるのですね。

豊臣秀頼=天草四郎説は実際に提唱する人がいる説ですが、この映画の作風だとやはりシュールです。

映画『真田十勇士』感想

映画『真田十勇士』は、堤幸彦監督が贈る、現代劇でないと観る気がしない層でも鑑賞に堪えうるエンターテインメント。

未見だったという方は、この機会にぜひご覧になった方がいいでしょう。

すでにご覧になったという方であっても、再度観ることによって、新たな発見があるに違いありません。

とにかく、大阪冬の陣、大阪夏の陣をこれだけ面白く描いた映画はほかにないと思いますので、ぜひ、最後までお楽しみいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました