映画『プライベート・ライアン』無料動画情報

▶無料動画配信

映画『プライベート・ライアン』は第二次世界大戦におけるノルマンディー上陸作戦で、兵士を救出するため尽力していく兵士たちを描いていく、という内容となっています。

スタッフ、キャストは、スティーヴン・スピルバーグ監督作品で、トム・ハンクスさん主演という、あまりにも豪華なものとなっていました。

アカデミー賞において、複数のノミネート実績もあるなど、きわめて評価の高い作品でもあります。

今回の記事では、映画『プライベート・ライアン』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『プライベート・ライアン』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『プライベート・ライアン』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)
[字][吹]

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『プライベート・ライアン』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『プライベート・ライアン』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

プライベート・ライアン – 予告編

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

今回のU-NEXTのおすすめ出来るポイントについてですが、まず最初に月額¥2.149で動画見放題になることです!
これがまず、最大のおすすめ出来るポイントになっていまして。
様々なコンテンツ内容の動画が視聴できるので、普段からよく動画視聴している方で有料登録を考えているのであればU-NEXTが無難な選択かと思います。
二点目が、U-NEXTは1人分の契約で動画視聴を4人同時に接続できる点です。
例えばですが、4世帯での家庭の方が、1名分契約すれば残りのご家族の方もみんながU-NEXTを利用できるようになるという点が非常におすすめポイントです。
3点目のおすすめポイントは、週刊誌やファッション誌が無料で読み放題であることもおすすめ出来るポイントです。
有料登録するならU-NEXTが一番いいかなと思います。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『プライベート・ライアン』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月11日時点)
今後、映画『プライベート・ライアン』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『プライベート・ライアン』作品情報

ノルマンディに上陸した連合軍のミラー大尉は、ライアン二等兵を戦場から救出するよう命じられる。ライアンの3人の兄が全員戦死し、兄弟すべてを死なせられないという上層部の判断だった。ミラーは中隊から7人の精鋭を選抜し、ライアンを探しに出るが…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ジョン・H・ミラー大尉)トム・ハンクス
  • (マイケル・ホーヴァス軍曹)トム・サイズモア
  • (リチャード・ライベン二等兵)エドワード・バーンズ
  • (ダニエル・ジャクソン二等兵)バリー・ペッパー
  • (スタンリー・メリッシュ二等兵)アダム・ゴールドバーグ
  • (エイドリアン・カパーゾ二等兵)ヴィン・ディーゼル
  • (アーウィン・ウエイド伍長)ジョヴァンニ・リビシ
  • (ティモシー・E・アプム伍長)ジェレミー・デイヴィス
  • (フレッド・ハミル大尉)テッド・ダンソン
  • (アンダーソン中佐)デニス・ファリナ

スタッフ

  • 監督 スティーヴン・スピルバーグ
  • 音楽 ジョン・ウィリアムズ
  • 脚本 ロバート・ロダット、フランク・ダラボン
  • 製作 スティーヴン・スピルバーグ、イアン・ブライス、マーク・ゴードン、ゲイリー・レヴィンソ

映画『プライベート・ライアン』ネタバレあらすじ

1人の老人が、ノルマンディー米軍英霊墓地に、家族とともにやって来ました。

老人は、ある墓の前に来たところ、過去を思い出して、しゃがみ込みます。

これを見ていた家族が老人のもとへ近づくと、老人は第二次世界大戦について、語り始めるのでした。

ときは、第二次世界大戦中。

アメリカ軍はノルマンディー上陸作戦において、ドイツと戦った結果、勝ったものの、多くの犠牲者を出してしまうことに。

さて、そんななか、将軍のジョージ・マーシャルは、ライアン家の4人の兄弟のうち、3人の戦死を知らされます。

唯一残っていたジェームズ・ライアンも、戦死したという情報こそなかったものの、行方不明になったとされていました。

ジョージ・マーシャルは、そんなジェームズ・ライアンを救出するよう命じます。

ジェームズ・ライアン探し

ジェームズ・ライアン救出を担うようになったのは、ジョン・H・ミラーでした。

そこで、ジョン・H・ミラーは、ティモシー・E・アパムを含む部下の兵士たちとともに、動き出します。

みんなが向かったのは、ジョン・H・ミラーがいると考えられたフランスでした。

ジョン・H・ミラーたちはやがて、ドイツと戦っていきます。

そしてフランス人の一家が救いを求めるものの、ジョン・H・ミラーは、二次被害を予防するため断り、一家を救おうとした部下のエイドリアン・カパーゾは殺されてしまいました。

その後、ジョン・H・ミラーたちは、ジェームズ・ライアンを発見し、3人の兄弟の戦士を教えましたが、あいにく、その男は名前が同じ他人だったのです。

やがて、ジョン・H・ミラーたちは、ジェームズ・ライアンが第101空挺師団にいると突き止め、これを追っていきました。

再びの犠牲者

ジョン・H・ミラーたちは、さっそく、ジェームズ・ライアンを見つけるため、兵士たちへ彼の行方を尋ねたり、地道に活動していきます。

そんななか、ジェームズ・ライアンの知り合いが見つかり、彼の消息について教えてくれました。

ジョン・H・ミラーたちが進んでいくと、ドイツの兵士たちと遭遇することになります。

部下たちからドイツと戦うことを避けるよう勧められるジョン・H・ミラーでしたが、彼はこれに耳を貸さず、戦いも辞さないことに。

ジョン・H・ミラーたちは、成果を挙げましたが、アーウィン・ウェイドが犠牲になりました。

リチャード・ライベンは激怒し、ドイツの兵士を殺そうとしますが、ジョン・H・ミラーは止め、アーウィン・ウェイドの墓を掘らせます。

ジェームズ・ライアン発見

ジョン・H・ミラーはドイツを降伏させようとします。

ところが、ジェームズ・ライアン探しが嫌だったリチャード・ライベンは、マイケル・ホーヴァスと対立してしまうことに。

ジョン・H・ミラーに説得され、リチャード・ライベンとマイケル・ホーヴァスはなんとか矛を収めます。

そしてとうとう、ジェームズ・ライアンが発見されることに。

ジョン・H・ミラーは、ジェームズ・ライアンに帰還を命じたものの、仲間を見捨てられない彼は拒みました。

そこでみんなは、ドイツと戦っていくことにしました。

が、ドイツは手ごわく、マイケル・ホーヴァス、ダニエル・ブーン・ジャクソン、スタンリー・メリッシュが戦死。

さらに橋の爆破も失敗してしまいます。

映画『プライベート・ライアン』ラストの結末

ジョン・H・ミラーたちはドイツと戦っていき、援軍も来たことによって、敵は退却していきます。

そして、ジョン・H・ミラーは、戦死し、息を引き取る前に、ジェームズ・ライアンに、残りの人生をしっかり生きるように言い残すのでした。

舞台は、第二次世界大戦中から現代へと戻ります。

老人は、ジョン・H・ミラーによって命を救われた、ジェームズ・ライアンだったのです。

そして、ジェームズ・ライアンが見ていた墓に眠っていたのは、ジョン・H・ミラーでした。

ジョン・H・ミラーとその部下たちに向かって感謝する、ジェームズ・ライアン。

彼は嫁に、ジョン・H・ミラーが望むものだったかどうか、自身の人生について訊き、同意を得ます。

映画『プライベート・ライアン』感想

このように、映画『プライベート・ライアン』は、戦争映画であるものの、バトルシーンがメインではない、ヒューマンドラマでした。

もちろん、バトルシーンも多々、出てきますが、ジョン・H・ミラーとジェームズ・ライアンをメインとする物語が涙を誘いますね。

第二次世界大戦中と現代を行き来するストーリーの構成も見事なものでした。

スティーヴン・スピルバーグ監督作品でも、代表作の1つに数えられる名画ですから、ぜひ、この機会に鑑賞してみましょう。

映画『プライベート・ライアン』視聴者の声

数々の大ヒット作を作り出す名監督、スティーブン・スピルバーグ。

色んなジャンルを手掛け、どの作品も高評価では有りますが、その中で代表作を1本挙げるとしたら?と聞かれたら、選ぶのはかなり困難だし、人によって意見が様々だと思います。

ですが、この「プライベート・ライアン」を選ぶ方もそれなりにいる事でしょう。

リアルな戦争映画といえば「地獄の黙示録」、「プラトーン」、「ブラックホーク・ダウン」といった作品があります。

どれも評価が高いですが、この「プライベート・ライアン」もそうしたリアルな戦争映画の金字塔です。

 

物語は行方不明になった一人の兵士を探す部隊の話です。

この映画の見どころは、のっけから来ます。

有名な第二次世界大戦、ノルマンディー上陸作戦のシーン。

この戦闘シーンが凄まじいほどリアルです。

手持ちカメラを使い、わざと劣化した撮影方法で撮られています。

浅瀬で機関銃に撃たれ、海に血が混じる、内臓が四方に飛び散る、現実の戦争は、こんな感じなのかと思う程息を飲む20分間です。

これだけでも観る価値があります。

この映画は戦争というテーマを扱った約3時間の作品なので、見終わった後は多少疲れる事だと思います。

体調を万全にして挑みましょう。【50代男性】

数ある戦争映画の中で、とくにリアルな作品といえばこの映画を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

あたり一面に飛び交うおびただしい数の弾丸。

途切れることの無い激しい砲撃。手足がちぎれ、腸が飛び出た兵士たちが血まみれになり、悶え苦しみながら衛生兵を呼ぶ。

今までの戦争映画にはなかったグロテスクで臨場感溢れる演出が次々と繰り出されていき、観る人を圧倒していきます。

私も、はじめてこの映画を観たときは、地獄のような戦場の悲惨さに息をのみ、そして、あたかも自分がその戦場にいるような感覚に興奮し、目の前のスクリーンに釘付けになったことを覚えています。

また、そんなハイクオリティな演出もさることながら、脚本の出来もすばらしく、ハリウッド映画にありがちな単なる勧善懲悪の物語ではなく、主人公たち、兵士一人ひとりの内面にスポットを当て、その苦悩や葛藤を丁寧に描くことで、戦争を撮ることに対するスピルバーグの姿勢をうかがい知ることができ、戦争とは何か、深く考えさせられる作品でもあります。

その後も、リアリティを売りにした映画が数多く発表されていますが、それら作品群のパイオニアとなった映画として、また、戦争映画のバイブルとしても、是非観ていただきたい映画です。【20代男性】

‘98年にスティーブン・スピルバーグが監督し、トム・ハンクスやマット・デイモンなどが出演した映画です。
アカデミー賞の監督賞、撮影賞など5部門を受賞しています。
第二次大戦のノルマンディー上陸作戦が主な舞台となる映画です。
簡単なあらすじとしては、ノルマンディー上陸後の米軍の小部隊が、4人のうちの3人が戦死したライアン家の兄弟の最後の一人を保護する任務を描いたものです。
米軍が苦戦したオマハビーチへの上陸から始まりますので、米軍が敵の銃火にさらされて、多数の損害を出すところから映画は始まります。スピルバーグ監督の映画ですが、けっこうグロい描写が多く、その後のハリウッド映画に大きな影響を与えたようです。
上陸シーンは当時の混とんとした上陸地点を表現するため、手持ちカメラで撮影したりするなどしたとのことで、画面が揺れたりぶれたりします。
その後の市街戦シーンなどは、石造りの街並みを上手くかつ大規模に制作したのでリアルさがあります。
さらにドイツ軍側のタイガー戦車なども、ソ連製のT-34をベースに上手く作っていて、迫力満点でした。
ハリウッド映画というと、米軍や善人が死なない映画が多いですが、この映画ではドイツ軍相手にどんどん戦死していきます。
グロ描写も多く、「ET」などのそれまでのスピルバーグ監督の映画とはかなり違っています。【50代男性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました