映画『火花』無料動画情報

▶無料動画配信

2015年、お笑い芸人の又吉直樹の小説『火花』が芥川賞を受賞して、話題になりましたね。

そんな又吉直樹の作家としての出世作の実写化作品が映画『火花』。

板尾創路監督作品で、菅田将暉と桐谷健太がW主演、ほか、キャストは、木村文乃、川谷修士、三浦誠己、加藤諒など、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『火花』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『火花』予告

映画『火花』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信状況

映画『火花は、6つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまで時間がかかる
dTV ×

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『火花』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『火花』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

邦画、洋画問わずサイレント映画から白黒映画、最新の映画と豊富にあります。
昔の映画もヒッチコックの有名な作品から、コアなものまであります。
最新の映画だと、結局買わなきゃいけなかったりしますが、毎月ポイントをもらえるので私は買わずに最新映画も見れています。
他にも、PFF作品などインディーズ作品もたくさんあり、映画館でもなかなか見る機会がないのあって、新たな出会いがたくさんあります。
また、操作に関してもマイページがありお気に入りのも簡単に登録できたり、ジャンルで探すこともできるので、かなり便利です。さらに、俳優特集や監督特集などでおすすめもしてくれるので、こんなな映画もあったのかと発見もあります。
私は動画配信サービスの中で最も好きです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

自分に合うサービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思いま...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴や...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。...

映画『火花』作品情報

若手コンビ・スパークスとしてデビューするも芽が出ない芸人・徳永は、営業先で先輩芸人の神谷と出会う。神谷は“あほんだら”というコンビで常識の枠からはみ出た漫才を披露、その奇抜な芸風と人間性に惹かれた徳永は、神谷に弟子にしてほしいと申し出る。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 徳永:菅田将暉
  • 神谷:桐谷健太
  • 真樹:木村文乃
  • 山下:川谷修士
  • 大林:三浦誠己
  • 鹿谷:加藤諒
  • 高橋努
  • 日野陽仁
  • 山崎樹範

スタッフ

  • 監督:板尾創路
  • 原作:又吉直樹
  • 音楽:石塚徹
  • 脚本:板尾創路、豊田利晃
  • 製作:岡本昭彦、市川南

映画『火花』ネタバレあらすじ

徳永は山下とお笑いコンビ・スパークスとして活動していましたが、売れません。

そんななか、徳永は熱海でお笑いコンビ・あほんだらの神谷という先輩芸人と出会い、彼に傾倒。

徳永は神谷に弟子入りを申し出て、神谷は自分の伝記を書くことと引き換えに、これを承諾します。

その後、神谷は上京し、徳永は、神谷のアパートで、神谷と真樹という女性の同棲を知りました。

その後、スパークスとあほんだらはオーディションに挑むものの、鹿谷というお笑い芸人に優勝はさらわれてしまいます。

徳永は神谷をめぐって山下と対立し、神谷を擁護するものの、それから神谷が借金をしていると知ることに。

さらに、その神谷が、自分の模倣をしていたことに失望し、苦言を呈する、徳永。

やがて山下はお笑いを辞めることになり、スパークスは解散。

それから2年後、徳永はサラリーマンとなっていました。

そして真樹が子供といっしょにいるのを目撃し、安堵します。

徳永と神谷は再会しました。

神谷は借金で破産していて、徳永は神谷の変わり果てた姿に愕然とします。

そして徳永は神谷を熱海に連れていきました。

熱海に来ると、神谷は徳永にお笑いのコンテストへの出場を持ち掛けます。

結局、出場は出来ない、徳永。

しかしそれでも、神谷はけっしてネガティブにはならないのでした。

徳永と神谷の出会い

映画『火花』は、このように、お笑いをテーマとしつつ、徳永と神谷の青春ドラマとなっていました。

そんな徳永と神谷の出会いは、実に印象的なもの。

徳永はスパークスとして熱海でお笑いに挑むものの、チンピラに突っかかられたりした挙句、失敗してしまい、荒れてしまうのです。

すると、そこに神谷が現れて、徳永のことを励ましてくれ、個性的な漫才を見せてくれたのでした。

このように、出会いが独特だった徳永と神谷。

ところが、徳永と神谷は、その後の関係も実に不思議な感じになっていきますから、ますますシュールなのですね。

徳永の神谷リスペクト

徳永と神谷が運命的に出会った後、映画『火花』では、徳永の神谷リスペクトが始まり、見どころとなっていきます。

熱海から東京に戻ると、約束通り、本当に神谷の伝記を書くことにする、徳永。

山下からは、神谷から影響を受けていることで、忠告を受ける徳永でしたが、これに耳を貸さなかったばかりか、神谷の相方の大林に神谷の借金の事実を聞かされてしまいます。

しかし徳永は、大林から、神谷は徳永の話をするときは楽しそうだと聞いて、ますます神谷に傾倒していくのでした。

神谷もけっしてすぐれた男ではないものの、ここまで徳永の心をわしづかみにするとは、ただものではありませんね。

徳永と神谷の顛末

映画『火花』のラストは、徳永と神谷の感動的なものとなりました。

再会した神谷は胸にシリコンを入れていて、そんな神谷に向かって、徳永は、軽はずみな行動を非難します。

しかし、あきれながらも、神谷を熱海に連れていく、徳永。

そこで神谷は徳永をお笑いのコンテストに引っ張ろうとし、断られますが、お笑い芸人に対する熱い想いを語っていくのでした。

そこで徳永は、神谷が復活するのを感じますが、とうとうお笑いへの再挑戦とはならなかったのです。

が、神谷はあらたな漫才を考案したと嬉しそうなのでした。

映画『火花』感想

又吉直樹さんの芥川賞受賞は、2015年のこととはいえ、まだ記憶に新しいところでしょう。

しかし、著名人の受賞とはいえ、『火花』はけっして話題づくりではない傑作でした。

一方、この同名小説を原作とする映画も、実にみずみずしい青春映画。

少し変わった展開もあったものの、おかしさもせつなさも共有できて、お得ですので、見る価値はじゅうぶんにあります。

原作者がお笑い芸人であることを意識すれば、さらに楽しさは増すでしょう。

映画『火花』視聴者の声

芸人の世界の話で、なかなか私たちでは計り知れない感情があり、とても興味深かったです。
今、売れている人たちが下積み時代の話をしてくれますから、なんとなくは知っていますが、彼らはその後売れたので勝ち組です。
実はその周りには一度も日の目を見ることなくやめていった芸人さんがたくさんいるのだなというのを実感させられるお話でした。
一人の芸人があそこまで崇拝するのだから神谷には何かがあるのだろうに、それだけでは売れないのでしょうね。
きっと運とかも必要なのでしょう。
神谷はちょっと奇抜すぎるんだと思います。
あまり、一般受けしないというか、なんかテレビタレントみたいな芸人を、主人公が嫌ってるみたいな描写がありましたが、私はああいう芸人さんも結構好きです。
もう少し、周りを見る力があれば、神谷だって売れたかもしれません。
ああいう芸人らしい芸人が芸人には人気なのかもしれません。
私たちが見てもおもしろかったのですから芸人さんたちが見たらほんと共感の嵐の内容なのでしょう。
又吉さん、さすがです。
また、キャストの皆さんもちゃんと芸人に見えて、いい俳優さんを選んでいるなと思います。
菅田将暉さんも桐谷健太さんも素晴らしいですが、その相方に芸人、元芸人を置いたことがよかったです。
漫才がすごく漫才らしく見えて、違和感なくお話に入っていけました。【30代女性】

関西から上京し、お笑いを目指す菅田将暉演じる『徳永』と才能とカリスマ性があるもその破天荒な振る舞いになかなか目の出ない桐谷健太演じる『神谷』の夢を追う若者の映画です。
徳永は同級生だった山下ととともに上京し芸人として努力します。

しかし現実は上手くいかないことの連続で夢を追うことの厳しさを痛感させるような展開が多くありました。
同じイベントで一緒になった先輩神谷は作中でもそのカリスマ性と独特なオーラがすごくきっといつか売れるだろうと思っていました。
イベントの帰り徳永は神谷に惚れ込み弟子入りをお願いします。

その後徳永は神谷と一緒にいることが多くなります。
2人の日々は大好きなお笑いについて語り合い夢を語り酔い潰れる毎日でした。お金はなくても夢があって輝いて見えました。
しかしそんな日々も永遠には続くはずはありません。

神谷はずっと一緒にいた彼女と別れ徳永も相方が結婚するなど気づかないうちに時は過ぎていき、いつまでも夢を追い続けることが出来なくなっていきます。
あんなに輝いて見えた神谷はだんだんとヒモのような生活を送るようになりどうしょうもない人間になっていきます。

その姿にだんだん徳永も愛想を尽かし2人の距離はだんだん遠くなっていきました。

その後一度は芸人としてブレイクするもすぐに仕事はなくなり芸能界を辞めていきます。
この作品は夢を追うことの美しさと夢を追うことで失っていくものをリアルに描いた作品だと思いました。

人生は綺麗事では生きていけないということを伝えられた気がしましす。
しかし夢を追った日々は大切な思い出としてこれからの人生の糧になると思わせてくれる作品でした。【20代男性】

ピースの又吉直樹さんが芥川賞を受賞した小説「火花」の実写化と言うことでとても楽しみにしていました。中でも、先輩神谷の役を誰がやるのか、あの世間が求めているものと神谷が追求しているもののズレや、絶妙に、空気の読めない感じをどのように演じてくれるのかが気になっていました。
神谷は桐谷健太さんが見事に演じられており、本当にピッタリの配役だと思いました。
監督は板尾創路さんで、観終わった後に知りましたが、すごい才能だなと思いました。
スパークスは山下を二丁拳銃の川谷修士さん、徳永を菅田将暉さんが演じられています。
川谷さんは地でそのままいっている感じで、感情をもっと出せばいいのに、と思って観ていましたが、最後の感情を爆発させるシーンのための前置きだったのかと後で分かりました。
観ていると今度は菅田さんの関西弁が気になってしまって、関東の人が無理に関西弁を使っているのかと思って出身地を調べたら大阪府出身で驚きました。

普段関東弁で話されていることへの違和感だったことに気付きました。
そのあとは、絶妙な二人のトーンのズレや食い込み気味の神谷と徳永のやりとりなど、違和感がありましたが、それは全て原作を読んだ時に感じた、微妙なズレや空気の読めない感じを表現しているんだと気付き、こういう表現の仕方もあるのかと驚きました。
何せ、お笑いの世界は大変で、加藤諒さん演じる鹿谷のような人が売れるのを指を加えて見ているしかないということはよくあるんだろうなと、改めて感じました。
原作を見た人も見ていない人も楽しめる作品だと思います。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました