映画『Diner ダイナー』無料動画情報

▶無料動画配信

2019年に公開された異色のサスペンス映画『Diner ダイナー』。

主演は藤原竜也、ほか、キャストは、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、小栗旬など、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『Diner ダイナー』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『Diner ダイナー』本予告【HD】2019年7月5日(金)公開

映画『Diner ダイナー』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信状況

映画『Diner ダイナー』は、4つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『Diner ダイナー』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『Diner ダイナー』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

視聴できるコンテンツが多いのが一番のおすすめポイントです。
見られる動画の本数は他の動画配信サービスに比べ圧倒的に多いです。
基本料金は高いですが、料金内で4つまでアカウントが作れるので、家族や友人に子アカウントを作って一人あたり500円まで安くなると考えれば妥当な金額です。
新作映画や電子書籍には追加料金がかかりますが、毎月1200ポイントが付与されるため、月に1、2本ぐらいなら新作映画も基本料金内で視聴することが出来ます。
電子書籍はカバーしているジャンルが広く、古典から漫画・科学書まで幅広く取り揃えています。
絶版となり書店では手に入りにくい漫画も電子書籍化され、毎月のポイントで購入できるので非常に重宝しています。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

自分に合うサービスを選ぶ

動画配信サービス各社の内容を確認し、ご自身に合ったベストなサービスを選びましょう。

動画配信サービス『U-NEXT』
動画配信サービスと聞いて、思い浮かべるのが「U-NEXT」という方も多いのではないでしょうか? テレビのCMで見かけたり、ネット広告で見る回数も多いでしょう。 でも気になるけど、ほかの動画配信サービスと比べて何がいいのか分からな...
動画配信サービス『hulu』
動画配信サービスは、月額料金を支払うことで、観たい作品を視聴できるのサービスです。 月額料金を支払うことで、どの作品も見放題になるのが嬉しいポイントですね。 観たいときに観れるため、24時間いつでもどこでも視聴できるのがおすすめ...
動画配信サービス『music.jp』
「music.jp」と聞いて、音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか? しかし、「music.jp」は、音楽だけでなく、動画やマンガ、小説など様々なコンテンツを楽しむことができます。 月額料金で見放題のサービスとは違い、...
動画配信サービス『TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV』
TSUTAYAのネットレンタルサービスに、 TSUTAYA DISCAS TSUTAYA TV があるのをご存知でしょうか? 名前を聞いたことがあるけど、詳しいサービス内容が分からない方も多いのではないかと思いま...
動画配信サービス『FODプレミアム』
FODプレミアムという、動画配信サービスをご存知でしょうか? 名前を聞いたことはあるけど、サービスの詳しい内容は知らないという方も多いのではないかと思います。 FODプレミアムを詳しく知りたい方に向けて、FODプレミアムの特徴や...
動画配信サービス『dTV』
dTVは、NTTドコモが提供している動画配信サービスです。 ドコモを使っている方はもちろん、ドコモ以外の方も使用することができます。 映画は邦画や洋画、ドラマも国内から海外など、たくさんのジャンルを楽しめるのが魅力的なポイント。...

映画『Diner ダイナー』作品情報

読んで字のごとく、ダイナーを舞台とした作品になっていますが、そこは一般的なダイナーとは違い、なんと殺し屋専用のダイナーなのでした。

ここにて、シェフとひょんなことからやってきたウェイトレスの命がけのドラマが始まるのです。

極上の料理目当てに殺し屋が集う狂気に満ちた食堂。“命がクズ”同然に扱われるこの場所で、天才シェフ・ボンベロは欲望も生死も支配していた。だがある時平凡な女・カナコがこの食堂に身売りされてきたことから、新たな殺しあいのゲームが幕を開けてしまう。

出典:U-NEXT

キャスト

  • ボンベロ:藤原竜也
  • オオバカナコ:玉城ティナ
  • スキン:窪田正孝
  • キッド:本郷奏多
  • ブロ:武田真治
  • カウボーイ:斎藤工
  • ディーディー:佐藤江梨子
  • ブタ男:金子ノブアキ
  • マテバ:小栗旬
  • マリア:土屋アンナ

スタッフ

  • 監督:蜷川実花
  • 原作:平山夢明
  • 音楽:大沢伸一
  • 脚本:後藤ひろひと、杉山嘉一、蜷川実花
  • 製作:今村司、堀義貴、池田宏之、井上肇、石垣裕之、瀬井哲也、谷和男、山本浩、千葉均、吉川英作、田中祐介、和田倉和利

映画『Diner ダイナー』ネタバレあらすじ

オオバカナコは、外国に行きたくて、怪しいアルバイトをはじめ、その結果、ギャングに襲われてしまいました。

そしてダイナーにウェイトレスとして売られます。

ダイナーは客が殺し屋という店で、シェフのボンベロも危険人物でした。

さて、そんなダイナーに、次々と殺し屋がやって来ます。

まず入店したスキンは、ブロたちから襲われたオオバカナコを助けてくれます。

スキンは、スフレを食べるのが好きなのでした。

さらに、教授や子供に見えるものの大人であるキッドがやって来ました。

やがて、殺し屋たちのボスだったデルモニコの一周忌を記念した集まりがダイナーで催されると決まります。

マテバ、マリア、無礼図、コフィの縄張りをデルモニコが抑えていただけに、抗争が勃発する日も近いとみられていました。

さて、スキンが来店し、オオバカナコが出したスフレを食べますが、それが初のちゃんとしたスフレだったところ、スキンは暴走。

いきなり銃を乱射し始め、そのままボンベロに殺されてしまうのでした。

そして、マリア、無礼図、コフィがダイナーに集まります。

マテバは殺されていました。

デルモニコはコフィを後継に指名していましたが、無礼図が残りの2人を抹殺し、自分があらたなボスの座に。

そしてボンベロと無礼図のバトルが勃発。

ボンベロはオオバカナコをダイナーから逃がすと、無礼図とともに自爆することを選びます。

オオバカナコの強さ

映画『Diner ダイナー』で、危険なダイナーに売られてしまった、オオバカナコ。

絶体絶命と見られましたが、彼女は数々の危機をかいくぐっていきました。

ギャングに捕まった時点で殺されかけましたが、身売りで済ませましたし、ボンベロを相手に、高級な酒を手に入れて対抗したりもしました。

が、さらに、ボンベロからの信用を勝ち取って、スキンからも助けてもらうなど、うまく立ち回っていったのです。

もっとも早く殺されそうなキャラクターであったにもかかわらず、オオバカナコが最後まで生き残ったところが圧巻でしたね。

ボンベロのやさしさ

映画『Diner ダイナー』で、オオバカナコを翻弄していったのが、ボンベロでした。

ダイナーの王を自称し、過去のウェイトレスがみんな殺されていると語るなど、はじめは暴君そのもの。

が、そんなボンベロは、次第にオオバカナコを認めていくことに。

しまいには、無礼図と一戦構える前に、オオバカナコを逃がしてくれましたから、おどろきでしたね。

ちなみに、逃げ切ったオオバカナコが、行きたかった外国でボンベロと再会するシーンがラストに描かれますが、これは現実だったのか、彼女の妄想だったのか…?

スキンの狂気

映画『Diner ダイナー』では、数々の個性的な殺し屋たちが登場しました。

そんななかでも際立った男がスキンでしたね。

スフレが大好物という、変わった殺し屋だったスキン。

しかし、オオバカナコには親切だっただけに、最後の暴走は衝撃的でした。

実は、スキンは、それまで不完全なスフレしか食べておらず、それは彼の暴走を抑えるための対策なのでした。

それなのに、オオバカナコが彼のために初のちゃんとしたスフレを出してしまったため、暴走し、自滅したというわけです。

ボンベロがそんなオオバカナコを叱責する姿が印象的でした。

映画『Diner ダイナー』感想

以上、映画『Diner ダイナー』のあらすじを見てきましたが、壮絶のひと言に尽きますね。

ここまで狂った、それでいて切ないお話もありません。

が、サスペンスであり、アクションであり、ラブストーリーでもありますから、非常にお得な作品だといえるでしょう。

そしてボンベロ役の藤原竜也さん、オオバカナコ役の玉城ティナさんの演技も本格的。

これまでに見られなかった革新的なこの作品を、1人でも多くの視聴者に味わってほしいと思います。

映画『Diner ダイナー』視聴者の声

蜷川実花さんが監督の映画です。
いつもながら、すごい色彩の画でした。
なんだか、ずっと見ていると目が痛くなるような感じです。
でも、今回は描かれている世界がもともとぶっ壊れているので、そんな色彩も合っていました。
殺し屋なんていう仕事をしていると、奇抜な部屋が落ち着くのかもしれません。
主役の女性は、母親に捨てられたことで自分に存在価値を見いだせない女性です。
その感じが出ていて、すごく悲しいなと思いました。
なんだか、ずっと寂しそうでかわいそうでした。
だから、あんな、どう見ても怪しい仕事に手を出してしまったんだなって感じです。
この女性は玉城ティナさんが演じているのですが、お人形のような顔も相まってとても感じが出ていました。
ダイナーにきてからは、結構うまく立ち回ってて、いやいや、立ち直り早すぎないかって思わなくもないけど、まあ、店長は藤原竜也ですしね。
怖くもあるのですが、女性から見たら端正な顔立ちでどっちかっていうと幼顔の人ですから、すぐに慣れるというか、強面の男の元に行かされるよりは立ち直りも早いかもしれません。
彼女が変わっていくのがなんとも爽快でした。
また、出てくる殺し屋もなんとも個性的ですごい世界観でした。
ストーリー展開はなんか見たことある感じでしたが、なかなか面白い作品だと思います。
藤原竜也もかっこいいですし、見てよかったです。【30代女性】

一番に目を引くのは蜷川実花監督特有の、美しすぎる美術、演出です!

これが「ダイナー」という作品、そして藤原竜也、登場する全ての俳優さんたちと見事にマッチングしていました!

すべてのシーンが、まるでミュージックビデオのような美しさで、画面に釘付けになります。

派手なメイド服姿のヒロイン、タトゥーやシルクハットで着飾る、異様な出立の客(殺し屋)たち、シェフが作る料理一品一品の、浮世離れした彩りの鮮やかさすら、この世界では不思議なほどに馴染んでしまいます。

殺し屋がメインの映画はかずあれど、ここまで美術的に描いた映画には、まだ一度も出会ったことがありません。

後半のバトルシーンは、迫力はもちろん、舞い散る花弁や、飛び散る火花、流れる血の一滴までが、一枚絵のように配置され、演舞のような華やかさに思わずため息が出ます。

序盤やラストシーンで描かれる、メキシコの雰囲気を表した場面も、この映画にぴったりと馴染んでいます。

序盤の、仮面を被った集団がビラをまくシーンなんて、舞台に誘われたようで、一気にストーリーの中に吸い込まれてしまいました。

こんなにも異常と不思議が入り混じった世界なのに、最後には涙が出るほど感情移入しているのだから、その魅力は言うまでもないでしょう。

何度でも見返したい作品の一つです。【20代女性】

「渇き。」のような、絶望を感じさせる内容なのに、それを綺麗な映像で誤魔化すようなショッキングな映画 かと覚悟していましたが、前半はギャグっぽくて良かったです。

美少女を痛みつけて楽しむ事に重きを置いていなかったのにも、安心しました。

シャワーのカットや武田真治軍団等、危ない部分もありましたが、男性陣 が止めに入る姿を入れていたのでギリギリセーフです。

ボンベロは、最初からカナコの事を気に入っていたの でしょうか。

スキンがカナコに優しくしたくなる理由は分かりやすかったです。

全体的にお客さん達はワンピースに出てきそうな海賊らしさがありました。

メキシコが裏コンセプトだと考えると、地中海に属する国という事で海賊にいきついたのでしょうか。

後半は、シリアスで戦いのシーンが多かった印象です。

皆さん血を流していましたが、あまりリアルなグロテスク描写はしないような工夫がなされていたと思います。

死に際までも、美しく撮る事を優先されていたのかなと感じました。

そういった演出に関しては意見が分かれそうですが、私には有難かったですね。

また、終盤の宝塚軍団は流石だなと感じる格好良さがありました。

料理に関しては、スフレはとても美味しそうでした!

気軽に観られるお洒落な作品だと思います。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました