映画『孤狼の血』無料動画情報

▶無料動画配信

2018年に公開された映画『孤狼の血』は、柚月裕子の同名小説が原作。

主演は役所広司、ほか、キャストは、松坂桃李中村倫也、真木よう子、滝藤賢一など、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『孤狼の血』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『孤狼の血』予告編

映画『孤狼の血』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『孤狼の血』は、6つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
ポイントがたまるまでに時間がかかる
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『孤狼の血』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『孤狼の血』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

映画やドラマの本数が圧倒的に多く、本当に一日中見れてしまうところが一番おすすめです。
アマゾンプライムビデオやネットフリックスでは、出てこない洋画が見れます。不朽の名作はもちろん、最新作も早く、見れることが嬉しいです。
1ヶ月の無料お試し登録も簡単で、手軽に自宅で映画を楽しめます。大きなスクリーンやiPadなどで見ると、なお、本物の映画館のようです。片手にポップコーンを共に、映画を本格的に楽しめる、そんな素晴らしいサービスを提供してくれます。
プラダを着た悪魔(2006年)を久しぶりに見ました。
ほかの動画配信サービスでは見当たらず、諦めてしまったが、U-NEXT だけは、きちんと配信してくれました。
本当に素晴らしいサービスです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『孤狼の血』作品情報

とにかく、原作者が女性だとはとても思えない圧倒的なヴァイオレンスによって、観客を圧倒した、まれにみる本格的な警察もの、ヤクザものとなっていました。

世の中に無数に存在しているこの種の作品の中でも、もはや別格のレベルといってもいいでしょう。

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団同士の抗争が激化し…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 大上章吾:役所広司
  • 日岡秀一:松坂桃李
  • 高木里佳子:真木よう子
  • 吉田滋:音尾琢真
  • 上早稲二郎:駿河太郎
  • 永川恭二:中村倫也
  • 岡田桃子:阿部純子
  • 嵯峨大輔:滝藤賢一
  • 善田大輝:岩永ジョーイ
  • 善田新輔:九十九一

スタッフ

  • 監督:白石和彌
  • 原作:柚月裕子
  • 音楽:安川午朗
  • 脚本:池上純哉
  • 製作:村松秀信、木下直哉、堀内大示、新井重人、丸橋哲彦、吉崎圭一、宮崎伸夫、大村英治、吉村和文、丸山伸一、瀬井哲也、間宮登良松、荒波修、渡辺勝也、長谷幸範

映画『孤狼の血』ネタバレあらすじ

舞台となるのは昭和末期の広島県。

大上章吾は所轄の刑事で、上早稲二郎という加古村組の経理を担当していた男の失踪を追うことになりました。

大上章吾はかなりおきて破りな刑事で、加古村組の苗代広行を、部下の刑事・日岡秀一とけんかさせて捕まえるなど、乱暴な捜査手法を駆使します。

大上章吾は、苗代広行に向かって、逮捕しないことを条件に、上早稲二郎の事件に協力させようとするも、苗代広行は真相を教えてくれませんでした。

一方、けがをした日岡秀一は、薬剤師の岡田桃子から処置を受け、接近していくことに。

さて、大上章吾は、上早稲二郎がラブホテルからさらわれていたと知って、現場に行きますが、協力を得られず、放火して監視カメラを調べるという挙に出たのです。

大上章吾の強引さ

大上章吾は想像以上に手段を択ばない男でダーティーでもあったため、日岡秀一は彼に嫌気がさしていきます。

さて、大上章吾がラブホテルの監視カメラを調べると、たしかに上早稲二郎がさらわれていたと分かったものの、関与が濃厚な五十子会を吐かせることはできませんでした。

一方、クラブ梨子のママ・高木里佳子にセクハラしていた加古村組の吉田滋が、尾谷組のヤクザに襲われ、ヤクザは殺されます。

これがキッカケで、加古村組と尾谷組の抗争が現実味を帯びてきて、大上章吾は、尾谷組の一ノ瀬守孝に向かって、3日以内に上早稲二郎の死体を探し、加古村組を洗うと約束しました。

が、日岡秀一はこんな大上章吾を問題視して、県警本部についに彼の手法を報告します。

大上章吾が核心に迫るも…

やがて日岡秀一は、大上章吾に加古村組のヤクザの殺人容疑があったと知り、驚愕することに。

さて、大上章吾は、吉田滋をはかせて、五十子会会長の五十子正平が上早稲二郎を殺させたこと、彼が殺された原因が、五十子会の資金をめぐるトラブルだったと突きとめます。

上早稲二郎が殺された豚小屋にやってきた大上章吾は、またしても強引なやり方で上早稲二郎の死体を発見することに成功しました。

しかし、大上章吾は謹慎を命じられてしまい、約束していた3日というタイムリミットを超えてしまうことに。

そのため、尾谷組と五十子会が騒ぎ出し、大上章吾は、謹慎を破って五十子正平に接触し、止めようとするも失敗。

そして大上章吾は行方が分からなくなってしまいました。

大上章吾の最期

日岡秀一は大上章吾を追っていき、そんななか、高木里佳子から、彼から渡されたというノートを見せられます。

ノートには、警察幹部に不都合なことがたくさん書かれていて、高木里佳子は、大上章吾を擁護していきます。

日岡秀一は大上章吾を認められませんでしたが、すると高木里佳子は、例の加古村組のヤクザの件は、自分が殺し、大上章吾はそれを救ってくれたのだと、真相を語ったのでした。

そんな大上章吾は変わり果てた姿で見つかってしまいます。

死体には豚の糞があったため、日岡秀一は殺害現場が上早稲二郎とおなじ豚小屋とにらみ、加古村組が犯人だと突き止めました。

そして日岡秀一は、大上章吾のノートから、自分への激励を見つけて、胸を打たれるのでした。

映画『孤狼の血』ラストの結末

大上章吾の復讐を遂げることを決めた日岡秀一は、五十子会つぶしに奔走していきました。

そして一ノ瀬守孝も無理やり逮捕してしまいます。

やがて日岡秀一は、大上章吾の遺した例のノートを県警本部に持っていき、幹部をおおいに困惑させました。

懐柔のために県警本部栄転を打診されるものの、日岡秀一はこれを拒否。

やがて日岡秀一は、かねてから好意を持っていた岡田桃子と出会い、実は彼女が大上章吾から頼まれて日岡秀一に寄って来ていたと聞かされます。

これにガッカリする日岡秀一でしたが、岡田桃子は意に介しません。

が、そんな日岡秀一は、いつのまにか、すっかり以前とはふんいきが変わっていて、あの大上章吾の後継者といった感じになっていたのです。

映画『孤狼の血』感想

映画『孤狼の血』は、大上章吾やヤクザたちによる暴力描写がすさまじく、なかには、正視に絶えないようなシーンも出てきます。

とはいえ、あまりにも迫力があり、人間ドラマとしてもすぐれていますから、観る価値はきわめて大きいといえるでしょう。

日岡秀一が、あれだけ嫌っていた大上章吾のように変わっていく描写などは、まさしく圧巻ですからね。

ふつうの刑事もの、ヤクザものの枠にははまらないといってもいいこの娯楽作を、ぜひとも、お見逃しなく。

映画『孤狼の血』視聴者の声

ヒーローとして描かれないアウトロー作品

極道が登場する映画は仁義を重んじ曲がりなりにもヒーロー的要素がある作品が多い中で、この作品に登場する極道、警察、周辺人物全て決してヒーローとは言えない薄汚れたアウトローとして描かれています。

現実の極道や警察をリアルに描けばこのようになるのではないかそう思わせる作品でした。

物語は主人公の若手刑事と極道顔負けの不良刑事を中心に展開されていきます。

不良刑事を役所広司さんが、若手刑事を松坂桃李さんが演じておられました。

極道同士の抗争とそれに関わる殺人を描いていますので、どうしても残酷な描写が出てきます。

その残酷な描写を役所さんをはじめとする演者の方が見事に演じておられ、さながら本物の形相だと思いながら鑑賞いたしました。

年齢制限のある作品ですが、完全な大人向けの作品それも従来の極道映画を見ても大丈夫な方に鑑賞をお勧めします。

とにかく従来の一般的価値観では起こりえないことがこの作品では起きていますので目を背けたくなるようなシーンがいくつも存在します。

また付け加えて裏世界と国家権力の上層部特有のドロドロした人間関係も詳細に描かれていますので決して明るい気分にはなれません。

昭和時代末期の極道がどのようなものであったか、また極道担当の警察がどのような存在かを知るには教材のような作品になっております。

前述のとおり極道映画に抵抗のない方、仁義として描かれない極道が平気な方に鑑賞をお勧めいたします。

とても評価が分かれる作品だと思います。【20代男性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました