海月姫(映画フル)無料動画情報!DVDレンタルより手軽な視聴方法

▶無料動画配信

2014年に公開された映画『海月姫』は主人公がクラゲオタクの女性、その相手役が女装趣味のある男性という、とてもマニアックなラブストーリーとして、話題を振りまくこととなりました。

オタク女性役が能年玲奈(のん)さん、女装男性役が菅田将暉さんという、豪華なキャスティングでも人気に。

今回の記事では、映画『海月姫』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『海月姫』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『海月姫』は、6つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
dTV ○(無料視聴できる)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『海月姫』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『海月姫』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

映画『海月姫』予告編

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

\U-NEXTの特長/
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

今現在、たくさんの動画配信サービスがある中迷っている方はU-NEXTをおススメします!!
なぜかといいますと、31日間無料トライアルがあり初めての方でも最初の1ヶ月間は無料でご登録いただけます。
数ある配信サイトの中でも見放題作品数No.1!最新作の配信もどこよりも早く観ていただけます!
他の配信サイトにはないコンテンツも多数!書籍、雑誌、アダルトも見放題!
テレビ、スマホ、パソコンにも対応していますので、通勤や休憩時間、お家に帰ってきてからゆっくりなど好きな時間に好きなタブレットでご覧いただけるのも魅力に一つ。
毎月1,200円分のポイントももらえますので、U-NEXT内で使ったり、映画館のチケット購入などにもお使いいただけます。
ご登録は簡単ですので是非ご登録を!【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『海月姫』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月4日時点)
今後、映画『海月姫』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『海月姫』作品情報

男子禁制の古びたアパート「天水館」で、オタク仲間の「尼~ず」たちと一緒に暮らしている月海。ある日、熱帯魚ショップでオシャレ女子と出会うが、実は彼女はファッションが大好きな女装男子・蔵之助。その日以来、蔵之助は天水館に入り浸るようになり…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 倉下月海:能年玲奈
  • 鯉淵蔵之介:菅田将暉
  • 鯉淵修:長谷川博己
  • ばんばさん:池脇千鶴
  • まやや:太田莉菜
  • 千絵子:馬場園梓
  • ジジ様:篠原ともえ
  • 稲荷翔子:片瀬那奈
  • 花森よしお:速水もこみち
  • 鯉淵慶一郎:平泉成

スタッフ

  • 監督:川村泰祐
  • 原作:東村アキコ
  • 音楽:前山田健一
  • 脚本:大野敏哉、川村泰祐

映画『海月姫』ネタバレあらすじ

主人公である倉下月海は、クラゲオタクで、風采がパッとしない感じの女性です。

鹿児島から出てきた倉下月海は、イラストレーターになることを夢見ていて、天水館という、ボロアパートにおいて生活を送っていました。

この天水館には、どういうわけなのか、極度のオタクの女性ばかりが集まっていました。

クラゲオタクの倉下月海を筆頭に、鉄道オタクのばんば、三国志オタクのまやや、枯れ専オタクのジジ、和物オタクの千絵子から構成されている彼女たち。

みんな、自分だけの独自の世界に没入していたため、当然のことながら、男性とはまったく無縁という毎日を送っていたのです。

そのため、彼女たちは、自分たちのことを尼ーずと称していたのでした。

鯉淵蔵之介との出会い

倉下月海は、ペットショップにて、クラゲが危険にさらされていることを察知して、そのことを店員に話しますが、聞いてもらえません。

すると、倉下月海を見かねた美人が彼女をピンチから救ってくれたのです。

これに感謝する倉下月海でしたが、実はなんと、美人は女性ではありませんでした。

女装が好きな男性で、名前は鯉淵蔵之介とのこと。

こうして、鯉淵蔵之介は、倉下月海に興味を持っていき、正体が男性だということは秘密にしたまま、天水館に出没するようになります。

そんな鯉淵蔵之介は、政治家の家系の出身で、父親の鯉淵慶一郎は大臣であり、兄の鯉淵修も将来を有望視されていました。

もっとも、鯉淵修は女性経験がまったくなかったのです。

倉下月海の変身

鯉淵蔵之介は、倉下月海を、いつもオタクルックからイケた感じへと改造していきます。

すっかり変身を遂げた倉下月海を見て、鯉淵修は彼女を好きになってしまうのでした。

倉下月海と鯉淵蔵之介と鯉淵修は、水族館へデートに行くことに。

しかし、その一方で、天水館の周辺では、再開発が検討されていて、鯉淵慶一郎は、これを主導する立場にあったのです。

その後、再開発反対運動の場にて、倉下月海は鯉淵修と再び会いますが、彼女がオタクに戻っていたため、彼は同一人物だと気づきませんでした。

倉下月海らは、天水館を守るため、お金を稼ごうと躍起になっていくことに。

が、鯉淵修は女性といっしょにいて、これを目撃した倉下月海は愕然となってしまいます。

鯉淵修との接近

やがて鯉淵蔵之介は、クラゲドレスを作って販売することを、倉下月海に持ち掛けるのでした。

みんなは、さっそくクラゲドレスを作っていき、天水館の周辺を活気づかせるため、ファッションショーを開催。

その後、鯉淵修は、ペットショップでクラゲを眺めている倉下月海を目撃し、やっと彼女が水族館デートした女性だと悟ることに。

そこで、鯉淵修は、あらためて倉下月海とデートすることにしました。

倉下月海は、鯉淵修によって、鯉淵蔵之介の過去を聞かされます。

鯉淵蔵之介は途中から引き取られた子で、引っ込み思案だったというのです。

そして鯉淵蔵之介は、天水館にすっかり親しんでいるとのこと。

やがて鯉淵修は、倉下月海に向かって、結婚することを前提としての交際を持ち掛けるのでした。

映画『海月姫』ラストの結末

とうとう、ファッションショーの日がやって来ますが、天水館のオーナーの判断によって、天水館の土地が売られることになってしまいます。

これに困った鯉淵蔵之介は、鯉淵慶一郎の街宣に便乗して、ファッションショー開催をアピール。

これによって、天水館の周辺は人々でごった返し、ファッションショーはうまくいったのでした。

そしてクラゲドレスが欲しいという声が、あふれかえるという事態に発展していきました。

これには、さすがのみんなもうれしい悲鳴です。

再開発のほうも、反対が激化したため、とうとう白紙撤回されることになって、天水館は生き残ります。

倉下月海たちは、やっと平穏な日々を取り戻し、ふたたびクラゲドレス作りに取り組んでいくのでした。

映画『海月姫』感想

当時、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクしたばかりの能年玲奈(のん)さん主演とあって、映画『海月姫』は、注目されることに。

この後、2018年には、芳根京子さん主演によって、月9ドラマとしてドラマ化されるという、ファン待望の展開にもなりました。

そうとう奇抜な設定ではあるものの、あたたかい人間ドラマ、そしてラブストーリーである本作を、このさい、ご覧になって、そのおもしろさを存分に味わってみてください。

映画『海月姫』視聴者の声

どんな話かと思ったらすごく見ている間に興味が湧いてすごく惹かれました。

服飾系の学校に通うとこんなに大変なのかなと思いましたし、こんな服飾系の学生たちにすれば夢のような話なのかなと思いました。

自分たちで服を作ってファッションショーを開催したりしているのが楽しそうで夢があっていいなと羨ましくなりました。

女装男子とオタク系の女子が仲良くしていてなにか見慣れないような光景でしたが、お互いが仲良くなって協力していく姿がかわいく微笑ましいなと思いました。

自分のやりたいことを親に反対されても好きなことをやり続けるような根が強いのが羨ましいしいいなと思いました。

菅田さんの女装姿は少しおもしろかったです。

お顔が綺麗で目鼻立ちがはっきりしているけど、男性らしい顔をされているので見慣れなくておもしろかったです。

のんさんの挙動不審さもあんな子なかなかいないだろうなと思いました。

元々は暗い性格のみんなですが真剣に服を作っている姿とか、ファッションショーを開催したときの姿がキラキラしていてかわいかったです。

そしてクラゲを好きな方はみたことがありますが、あんな風に飼って愛でている姿が新鮮だったしおもしろかったです。【20代女性】

のんさんは、あまちゃんのときから好きでした。
今回のやくはのんさんにとても合っていてよかったです。
オタクのときはオタク然としている(かわいいですけどね)し、着飾ると雰囲気が変わる感じが原作の月海ちゃんそのものでよかったです。
また、いろんな天水館で暮らすいろんなオタクたちも原作の通り、個性的な面々でした。
アフロの池脇千鶴とかほんと貴重です。
菅田将暉の女装姿もよかったです。
男が女の服を着ても、どれだけきれいでも違和感があったりするのに、彼には違和感がありませんでした。
それは、原作の蔵之介そのものでした。
こんないい人をキャスティングしたのは奇跡のようです。
彼の女装姿だけでも見ていってやってくださいよって感じです。
原作は長い話だから、映画では原作のすべてを語っていたわけではありませんが、月海とクラゲの関係、蔵之介のファッションへの愛、オタクで全然自分をきれいに見せようとかしてこなかったし、自分の世界にこもっていたみんなが、力を合わせて、世に出ようとするところなど、原作の大事なところは語られていました。
まあ、引きこもってても別にいいとは思いますが、それでも自分らのため、興味のない、興味を持つのが怖かったファッションにみんなで取り組む姿は感動的でした。【30代女性】

印象として強く残っているのは、「SEKAI NO OWARI」の楽曲が流れる、後半の共同作業とファッションショーのシーンです。

目標に向かって、わくわくしながら作業をしている主人公たちの、服を作る作業シーンと、実現したときの、キラキラしたファッションショーのシーン。

その両方に、「SEKAI NO OWARI」のテクノ感ある、明るくファンタジーな雰囲気の音楽がマッチしていて、みているだけでこちらまで、ときめいてくるようなワンシーンになっていました。

主人公たちの、ときめく心を象徴するような、ポップで可愛い音楽は、この「海月姫」の、日常ものでありながら御伽噺の雰囲気を持った作風と、ぴったり重なっています。

主人公たちがデザインした服を着る、プロポーション抜群の女装男子を演じた菅田将暉も、この映画で見事な存在感を発揮していました。

「男子」部分を残しながら、だけど女装が似合う、すらりとした両足や足腰などの特徴を存分に生かしつつ、絶妙な女装男子に仕上げていました。女子っぽくなりすぎず、でもかわいくてかっこよくて、美しい。男性の格好になったときは、ちゃんと男性の姿に見える。

この切替えができるのは、演技力と生まれ持ったプロポーションあってのことだと思います。

素晴らしいキャスティングでした!【20代女性】

いつもグレー系スウェットに眼鏡という格好のさえない、くらげおタクの女の子が主役の映画です。

彼女の名前は月海。演じるのはのん!ぴったりです。

これは、シンデレラストーリー!かわいめのキュンポイントが多めの映画です。

コミック原作で、ギャグ的なシーンもちらほら見られるし、なんせ、だらーんとした力の入ってない格好の女子が主役。

さらに癒しクラゲがメインとあって、肩の力を抜いてリラックスして楽しめちゃいます。「男を必要としない人生!」を掲げ、自らを尼〜ずとよぶ個性豊かなオタク仲間たちと一緒に暮らすアパートが舞台です。

この尼〜ずたち、うまくキャスティングされていて、それぞれがいい感じでした!

個人的には池脇千鶴がアフロ頭の電車オタクを演じていたところに、「お!!」て、なりました!漫画を読んでいるように見れました。

みなさんの演技力あってです!彼女たちが、きれいなものやお洒落なものに接すると、石化するのは面白いです。

ある日、1人のオシャレ女装男子と出会い、おタクたちが変わっていく…。

おタク女子が眼鏡を取り、きれいに化粧をしてもらい、かわいさ爆発。

そこで恋の予感も。

基本はおタクで、素朴さや、純粋さをそのままにすごいかわいいお姫様になれるんです。

そして仲間たちと力を合わせて、みんながオタクの殻から少し外の世界に出て楽しみます。キラキラした世界観です。

菅田将暉の女装もすごく似合ってていい!そして、しゅうちゃんというハイスペック童貞兄には長谷川博己です。

豪華!彼が月海に惚れるシーンは大好きです。

ぽーってしています。

キュンとします。

笑えて、ぐっときて、ほんわかできる、そんな映画です。

なんだか、疲れてるなっていうときになんも考えずくらげのようにただ漂うように見るという見方もおすすめです。【30代女性】

ドラマの方を観ていたのですが、割と頭から抜けていたので、そういえば…と思い出すように視聴しました。

菅田将暉さんが女装していたのはどこかで見たような記憶があったのですが、この映画だったのですね。

ドラマでは瀬戸康史さんが演じていましたが、瀬戸さんは女顔なので、とても似合っていました。

ドラマ内で一番美形だったのもあり、オタク集団の中でも断トツ華がありました。

菅田さんの方は、個性派の女性という色が濃かったように思いますが、お綺麗でした。

久々にのんさんが演技をしている所も拝見出来ましたし、映像的にとても楽しめました。特に、終盤のランウェイの場面は最高ですね。

着ている洋服のキラキラ感が子供の頃にアニメに出てきそうなデザインの物もあり、とても可愛いのです。

漫画が原作のこの作品ですが、綺麗な衣装に身を包んだ姿は、実写ならではの良さが表れていると思います。

そして、オタクの動きを誇張しコミカルにしている部分は、原作の作風をよく再現していると感じました。

全体的にテンポよく進んでいきますし、分かりやすい内容になっているので、誰にでも見易いのではと思っています。

また、ドラマ版のストーリーと違いをあまり感じなかったので、視聴時間が短い方が良いという方には、映画版のこちらをお薦めしたいです。【20代女性】

原作を読んだとき、尼~ずの面々の個性にびっくりしましたが、映画でもそれをちゃんと再現していました。
鉄道オタクの人のアフロ(ほんとは天パだけど)も漫画そのままだったし、すごいなと思います。
また、主役の月海ちゃんを演じたのんさんが、もうハマりにハマってました。
あのおどおどした感じとクラゲのことになると雄弁になる感じが漫画そのものでした。
ストーリーも漫画は、クラゲドレスのデザイナーとして海外にいったり、商売の話が出たりでもっと複雑な話になっているけど、映画はもっとわかりやすいです。
ファッションショーの話に絞ってるところが偉いと思います。
最後は見ているこっちも月海ちゃんたちと一緒にファッションシショーの成功を喜べました。
クラゲっぽいドレスってありそうでなかったから、作ったら本当に流行りそうです。
それに、本当はファッションとか興味ないというか、今まであまり考えてこなかった尼~ずの面々も巻き込んでドレスを作るって展開が素晴らしいです。
それに今までしてこなかった分野でも勉強したり、周りと協力すればここまでできるんだなって思えて、なんだが勇気づけられました。
私も、尼~ずよりの人間で、ファッションから逃げてきました。
でもこの映画を見て、もう少し、自分をきれいにする方法とか研究しようかなと思えました。
何かにハマっている女子なら共感できるところ満載のオタク女子ムービーでした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました