映画『新聞記者』無料動画情報

▶無料動画配信

2019年に公開され、日本アカデミー賞を受賞した映画『新聞記者』。

シム・ウンギョンと松坂桃李がW主演、キャストは、本田翼、岡山天音、郭智博、長田成哉、宮野陽名、高橋努、西田尚美、高橋和也など、豪華なものになっていました。

今回の記事では、映画『新聞記者』動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『新聞記者』予告編

映画『新聞記者』フル動画無料視聴方法

映画『新聞記者』は、動画配信サービス各社のお試し期間をうまく利用することにより、無料視聴できます。

▼▼お試しの詳細▼▼
\今すぐ無料視聴したい方はこちら/

『U-NEXT』で
『新聞記者』を視聴するには550Pが必要

無料トライアル登録時に600Pが付与
ポイント利用ですぐに無料視聴できます

31日間以内に解約 →『0円』

映画『新聞記者』作品情報

映画『新聞記者』はタイトルの通り、本作は新聞記者が活躍するストーリーとなっていました。

一見、ふつうのドラマのような響きがありますが、実は、その内容はサスペンス。

それもとても社会性の高いものとなっていたのです。

東都新聞記者・吉岡のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXが届く。日本人の父と韓国人の母を持つ彼女は真相を究明するため調査を開始する。一方、現政権に不都合なニュースのコントロールを任された内閣情報調査室官僚・杉原は葛藤していた。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 吉岡エリカ:シム・ウンギョン
  • 杉原拓海:松坂桃李
  • 杉原奈津実:本田翼
  • 倉持大輔:岡山天音
  • 関戸保:郭智博
  • 河合真人:長田成哉
  • 神崎千佳:宮野陽名
  • 都築亮一:高橋努
  • 神崎伸子:西田尚美
  • 神崎俊尚:高橋和也

スタッフ

  • 監督:藤井道人
  • 音楽:岩代太郎
  • 脚本:詩森ろば、高石明彦、藤井道人
  • 製作:河村光庸

映画『新聞記者』ネタバレあらすじ

すべてのことの発端は、東都新聞に送られてきた、とある大学の設立に関する秘密でした。

これを受け、記者の吉岡エリカは、いったい、だれが情報を寄こしたのか、調べることになったのです。

さて、エリート官僚の杉原拓海は、反政府的な情報を抑えるという自身の仕事に、ずっと違和感を覚えていました。

そんななか、首相と近い作家が性犯罪を起こし、被害者の女性がそれと戦うのを見て、吉岡エリカは記事で応援するものの、力及ばず。

一方、杉原拓海もこの件で裏工作をさせられていくのです。

そして杉原拓海の上司の神崎俊尚が謎の自殺を遂げることに。

吉岡エリカは次第に、自殺した神崎俊尚が情報提供者だったのではないかと考えていきました。

吉岡エリカに政府から圧力がかかるなか、彼女は杉原拓海と接触します。

マスコミ側と政府側という立場を超え、吉岡エリカと杉原拓海は協力関係になっていきました。

そして、大学設立の背景を探っていき、政府が軍事目的の大学を作ろうとしていると疑っていくことに。

吉岡エリカはこれを記事に書きますが、彼女も杉原拓海も、次第に苦境に立たされていきました。

やがて上司の多田智也から、海外駐在まで匂わされた杉原拓海は、すっかり苦悩を余儀なくされます。

そして吉岡エリカは、杉原拓海の姿を見かけますが、あまりにも変わり果てた彼の表情に愕然とさせられるのでした。

吉岡エリカの家族

映画『新聞記者』の主人公の吉岡エリカの人物造形はおおきな見どころとなることに。

吉岡エリカは、とても複雑な生い立ちの女性なのでした。

まず、母親が韓国人というハーフで、育ったのは日本ではなくアメリカ。

さらに、吉岡エリカの父親も新聞記者だったのですが、自殺していたのです。

理由は、誤報を出してしまったため。

そのため、吉岡エリカは、父親の死の真相を気にしてきました。

後半では、親しくなった杉原拓海の上司の多田智也から、そんな父親が実は誤報など出していなかったと匂わされますが、ここはとても不気味なシーンとなりました。

杉原拓海の家族

映画『新聞記者』のもう1人の主人公が杉原拓海。

そんな杉原拓海の家族も、見どころとなりました。

杉原拓海には杉原奈津美という嫁がいますが、彼女は妊娠中。

にもかかわらず、杉原拓海は政権の尻拭いに奔走させられていたのですね。

おまけに、そんななか、神崎俊尚が自殺してしまいます。

そして、杉原奈津美は、破水してしまい、帝王切開で何とか無事、出産したのでした。

これでは杉原拓海が追い詰められていくのも当然というものでしょう。

政府の果てしない闇

とにかく、映画『新聞記者』では、軍事目的の大学の計画といい、神崎俊尚の自殺といい、政府の不穏さが目立つ展開となりましたね。

なかでも、自殺した神崎俊尚が生前に描き遺した羊の絵のエピソードが印象的でした。

これは、アメリカの生物兵器実験場の近くでたくさんの羊が死んだ事件の暗示と受け取った、吉岡エリカ。

ここから、吉岡エリカと杉原拓海のあいだに、政府が軍事目的の大学を作ろうとしているという疑惑が生じていくのです。

映画『新聞記者』感想

映画『新聞記者』は、マスコミとは何なのか、そして権力とは何なのかを考えさせられる、そうとうな社会派のドラマでした。

タイトルこそシンプルなものの、ストーリーはあまりにも濃く、そしてダークさに覆われています。

本作で取り扱われていることは、ほとんど救いようがないといっても過言ではありませんからね。

一方で、大学をめぐる動きもさることながら、登場人物たちの家庭の描写も興味深いものとなりましたけどね。

それにしましても、くれぐれも、本作の内容が虚構であって、現実にはこんなことは起こりえないと信じたいものですよね。

映画『新聞記者』視聴者の声

真実を明らかにしようと、必死になる記者・吉岡と官僚・杉原の姿が緊迫感たっぷりに描かれます。
立場の違う二人が次第に心を合わせ、巨大な闇に立ち向かおうとする様子にハラハラドキドキの連続です。
吉岡が、癒えない苦しみや悲しみを抱えながらも、仕事を全うしようとする姿勢に胸を打たれます。
圧力に屈せず、ひたすら自分の信じる道を走る吉岡が、危なっかしい面もあるけれども応援したくなるんですよね。
言葉少なながら、目で強く訴えかける表情に引き込まれした。
杉原も自身の立場上、非常に重い決意のいる選択をするのが素晴らしいけれど、周りから追い詰められる状況が恐ろしくて。
全てが公表されれば、杉原一人だけの苦しみでは終わらないだろうと思われるのがザワザワした気持ちになります。
一体、どうなっていくのだろうと気が気ではない展開に、何とかスカッとする結末になってほしいと願うような気持ちになってきます。
やはり最後の手段としての杉原が決めたことをせざるを得ないのか、それとも全く違う結果となるのか。
たとえ今回のことがすっきりしたとしても、それで本当の問題を解決したことになるのかどうか。
最終的に、杉原はどんな答えを出したのでしょうか。
吉岡に向けた無言の表情が何を表しているのか、様々な想像を掻き立てられます。【50代女性】

日本アカデミー賞で受賞した作品でしたのでとても気になっていました。全体的にとても重厚な人間ドラマでした。

全体的に暗いですし取り扱うテーマも重く、実際に起きたレイプ事件の告発をもとにしたとおもわれるシーンはなんともいえない感情で見ていました。

松坂桃李は爽やかだったりクズな役だったり、官能的な役だったりと演技の幅が広がり、今回は真面目な人間でホッとしました。

全体的に重い中、彼の妻役の本田翼があっけらかんとしていて夫の重圧をあまりかんじず、生まれてくる子供のこと、家庭のことしか見てないのですがその抜けた感じか全体的な重さをふと軽くしてくれているので胃もたれせずスッキリみることはできると思う。

エリカの役は韓国の女優さんが帰国子女という役で演じていたがとても上手いとは思いつつも日本の女優さんでできなかった理由はなんだろうか。

演じられる女優さんはたくさんいたはずだろうが事実をもとに作られた作品だから、ということであろうか。

真っ黒な日本の悪いところが目に見えた作品。

とても攻め込んでいると思う。

WOWOWでは関連番組もやっていたがそれも合わせてみてほしい。

役者さんのバランスも良く、落ち着いてみられました。【30代女性】

豪華なキャストさん達ですが、皆さんよくこの映画への出演を決めたな…と思うくらい挑戦的な内容でした。
主人公を演じられたのが韓国の有名俳優さんであるシム・ウンギョンさんでしたが、確かにこの内容は日本人が主人公という設定では無理だろうと思います。
アジア系のアメリカ人の女性という設定でしたが、リアリティーのある社会派の作品を作ろうとするのであれば、主人公にはそのくらいの背景が必要です。
アメリカで生まれ育った日韓混血女性と聞くだけで、英語が母語で人種差別や自分の意見を堂々と言う事に慣れていて、歴史の重要性等を深く理解しているであろうと想像出来ますね。
そんな主人公がある真実を求めて日本の新聞社で記者として働いている、これだけで記者として相当な覚悟があるのが伝わります。
設定の時点でもう十分に意志の強い女性だと感じられるのではないでしょうか。
日本の映画とは思えないほどに、責めています。
ここまで踏み込んだものが、現代日本にて、松坂桃李さんや本田翼さんという世間的な人気や知名度もある俳優さん達を集めて製作された事には、製作側の物凄い気合いを感じます。
そして衝撃と救いの気持ちを覚えます。
この映画に携わった方々に感謝と尊敬の念を抱くような作品でした。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました