映画『パーフェクトストーム』無料動画情報

▶無料動画配信

2000年に公開された、映画『パーフェクト ストーム』。

今回の記事では、映画『パーフェクトストーム』フル動画無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

パーフェクト ストーム(字幕版) (プレビュー)

映画『パーフェクトストーム』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

おすすめはU-NEXT

映画『パーフェクトストーム』は、3つの動画配信サービス(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字]
hulu ×
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
[字]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

映画『パーフェクトストーム』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『パーフェクトストーム』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

邦画、洋画問わずサイレント映画から白黒映画、最新の映画と豊富にあります。
昔の映画もヒッチコックの有名な作品から、コアなものまであります。
最新の映画だと、結局買わなきゃいけなかったりしますが、毎月ポイントをもらえるので私は買わずに最新映画も見れています。
他にも、PFF作品などインディーズ作品もたくさんあり、映画館でもなかなか見る機会がないのあって、新たな出会いがたくさんあります。
また、操作に関してもマイページがありお気に入りのも簡単に登録できたり、ジャンルで探すこともできるので、かなり便利です。さらに、俳優特集や監督特集などでおすすめもしてくれるので、こんなな映画もあったのかと発見もあります。
私は動画配信サービスの中で最も好きです。【20代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

映画『パーフェクトストーム』作品情報

原作は、セバスチャン・ユンガーさんの小説『パーフェクトストーム-史上最悪の暴風に消えた漁船の運命』。

フィクションではなく、実際にあった出来事を描いた作品となっていました。

タイトルからもお分かりのとおり、パーフェクトストームと称されるおおきな嵐に襲われてしまった漁船のストーリーです。

1991年。メカジキ漁船の船長ビリーは、不漁による損出を取り戻そうと漁から戻って早々に仲間とともに再び海へ出る。遠方まで船を進ませて大漁を掴むが、嵐や温帯低気圧などが融合したパーフェクトストームと呼ばれる圧倒的パワーを誇る大嵐に遭遇してしまう。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ビリー・タイン)ジョージ・クルーニー
  • (ボビー・シャットフォード)マーク・ウォールバーグ
  • (クリスティーナ・コッター)ダイアン・レイン
  • (デイル・マーフィー)ジョン・C・ライリー
  • ウィリアム・フィクトナー
  • カレン・アレン
  • ボブ・ガントン
  • メアリー・エリザベス・マストラントニオ
  • ジョン・ホークス
  • ジョシュ・ホプキンス

スタッフ

  • 監督 ウォルフガング・ペーターゼン
  • 原作 セバスチャン・ユンガー
  • 音楽 ジェームズ・ホーナー
  • 脚本 ビル・ウィットリフ、ボー・ゴールドマン
  • 製作 ポーラ・ワインスタイン、ウォルフガング・ペーターゼン、ゲイル・カッツ

映画『パーフェクトストーム』のネタバレあらすじ

ときは1991年のこと。

ビリー・タインは、アンドレア・ゲイル号という漁船の船長です。

儲けが少なく、船員たちが不満を抱いているなか、ビリー・タインは、悩んでいました。

儲けたくても、出漁すればなかなか帰ることができず、仮に儲けることができれば大きな成果につながるという、きわめて極端な仕事だったからです。

さて、ビリー・タインは、結局、船員たちとともに出漁しました。

漁はうまくいきかけますが、天候に異変が生じてしまいます。

なんと、バミューダ海域では、ハリケーンの発生が危惧されていたのです。

アンドレア・ゲイル号は、引き上げようとするものの、めんどうなことになりました。

サメが船内に入ってきて、船員のボビー・シャットフォードが襲撃されてしまったのです。

天候の悪化

とうとうバミューダ海域にハリケーンが発生してしまいます。

一方、アンドレア・ゲイル号内では、仲間割れが起こっていました。

なかなか魚がうまくかからなかったからです。

さて、デイル・マーフィーからけしかけられたデヴィッド・サリヴァンは、転倒。

さらに、デイル・マーフィーも、海中に落ちてしまいました。

さいわい、デヴィッド・サリヴァンによって、デイル・マーフィーは救われ、2人は和解します。

が、天候はどんどんひどくなり、アンドレア・ゲイル号内は不穏な空気に包まれていくことに。

しかしどうしても成果を出したいビリー・タインは、船員たちの不安の声に、まったく耳を貸しません。

ビリー・タインは、さらなる魚を求めて、アンドレア・ゲイル号を進めていくのでした。

運命の分け目

アンドレア・ゲイル号は、たくさんの魚を捕らえることができました。

これによって、船員たちの興奮も高まって行きます。

ところが製氷機が故障したことによって、ビリー・タインはやむなく、帰ることに決めます。

一方、船員たちは天候不良でも漁を続けるよう主張したため、結局、アンドレア・ゲイル号は、帰る機会を失ってしまうのでした。

が、そのころ、ハリケーンは、嵐といっしょになって、パーフェクトストームになることが懸念されていたのです。

もっとも、アンドレア・ゲイル号は、進むことになっていましたから、ビリー・タインは、船員たちに向かって、船室に行くよう命じました。

ボビー・シャットフォードは、そんなビリー・タインを助けていきます。

襲い来る危機

アンドレア・ゲイル号は、アンテナが壊れ、通信に支障が生じてしまいます。

ボビー・シャットフォードは、アンテナを直そうとして、ピンチに陥りつつ、助かりましたが、肝心のアンテナはめちゃくちゃに。

外部と交信できなくなってしまったアンドレア・ゲイル号は、さらに、船内も壊れ、船員たちに動揺が広がっていきました。

船員たちは修理に乗り出しますが、どうにもなりません。

そんななか、交信不能になったアンドレア・ゲイル号を救うため、ヘリが向かっていましたが、あいにく、嵐で墜落してしまって、船員たちは絶体絶命になってしまいます。

さらに2名の船員がさらわれかけるという事態に発展してしまい、彼らは助かったものの、混乱は加速してしまいました。

映画『パーフェクトストーム』ラストの結末

さすがのビリー・タインも、自分たちが間違っていたと悟って、引き返すことを決断します。

ビリー・タインとボビー・シャットフォードは、力を合わせて、アンドレア・ゲイル号の立て直しに躍起になっていきました。

アンドレア・ゲイル号を取り巻く天候は、束の間、好転したかに見えます。

ところが、またしても嵐に襲われてしまいました。

そうしてとうとう、アンドレア・ゲイル号は沈没してしまうのです。

そんななか、ビリー・タインは、なんとか、ボビー・シャットフォードを助け出そうと必死になっていくことに。

やがてアンドレア・ゲイル号を取り巻いていた嵐は、ようやく姿を消しました。

しかしながら、アンドレア・ゲイル号が発見されることはなかったのです。

映画『パーフェクトストーム』感想

実話が元になっているだけに、映画『パーフェクト ストーム』のストーリーは、壮絶のひと言に尽きますね。

しかも、この種の話であれば、なんだかんだで、結局、最終的にはみんな、なんとか命を永らえるものですが、それすらなかったという、バッドエンド。

なんとも後味は悪いですが、海難事故は実際、このようなものでしょうし、啓蒙という意味では、とても勉強になる作品ではないでしょうか。

他人事だと思わず、海に出るさいには、本作を思い出して、気をつけたいものですね。

映画『パーフェクトストーム』視聴者の声

2000年のアメリカ映画ですね。
一度観たことがある作品だったので、「これは実話に基づいた作品である」と最初に出て、本当に驚きました。

シティボーイのジョージ・クルーニーさんしか知らないので、こういう漁村の漁師役もセクシーですね。

当時39歳ですが、もっと上に見えますね。
危険手当が付くようなお仕事を見るといつも、仕事って何だろうって思いますね。お金ですけどね。自分の身は自分で立てたいですよね。

それにやっぱり、その仕事が好きじゃないとやってられませんよね。
ボビー・シャットフォード役のマーク・ウォールバーグさん、2015年「パパvs新しいパパ」が好きです。

当時29歳で若手役ですね。
デイル・“マーフ”・マーフィー役のジョン・C・ライリーさん当時35歳ですね、若い。

2009年の「ダレン・シャン」好きです。
カジキの漁のシーンやサメを殺すシーンでは観てて不快になる人もいるだろうなぁと思いました。

いつも食べているくせにこういうシーンになると菜食主義になろうかと思ってしまう私には刺激が強かったです。
マーフが海に落ちた瞬間、喧嘩相手のサリーが最初に潜るなんてかっこいいなぁと思いました。

本当にちょっとしたことが命取りになりますね。

最後はみんな死んでしまうんですね。

そうですよね。

パーフェクト・ストームには誰も勝てないんですよね。【30代女性】

後半はずっと嵐のシーンです。
その映像はド迫力でした。
海、自然って怖いなと常々思っていましたが、この映画を見て、それを痛感しました。
ただ、もう駄目だと思ったら助かって、やっぱり駄目だと思ったらと繰り返しなので飽きちゃいます。
助けに来た救助隊にもちょっとイライラしました。
これで、最後に何か奇跡的なものがあるんだったら、待ったかいもあるってもんだけど、オチはちょっと…だし、実話だから仕方ないのですが、残念な終わりでした。
結局、この映画で言いたかったのは、あきらめない心とか、男同士の友情とかではなく、嵐って怖いよってことだったのねと思いました。
まあ、タイトルからしてそうだし、嘘はついてないです。
キャスト陣についてはジョージ・クルーニーが主役の船長を演じていてかっこいいです。
私は彼をER時代から好きだったので、映画スターになってくれてうれしいです
でも、船長の判断ミスのせいで…って話なので、よくよく考えるとひどい船長の役をやっていると思います。
まあ、彼は茶目っ気があり、ちょっと思慮足らずな役も似合うから、いいかなと思いました。
そんなに面白くもないのですが、嵐のシーンは見ごたえがあるので、大画面で見てほしい作品だと思います。【30代女性】

とても懐かしい映画ですね!しかしながら今の若い人たちでもタイトルだけは知っていると思います。

また、主演を務めたジョージ・クルーニーさんの名前も聞いた事はあるのではないでしょうか。

内容はタイトル通り嵐に巻き込まれる話となっているのですが、今よりも20年ほど前に製作された作品なので、今のCGスキルと差があります。

そして、そこが今観ると面白く感じられるポイントだと思います。

CGではどうにも出来ない部分を、出演者のオーバーとも感じられる決死の演技でどうにか形にしているので、真剣な場面も少し笑えてしまうかもしれませんが、そういう楽しみ方も今の時代では有りでしょう。

しかし結構真面目な冒険モノなので、観ていく内に映像技術の差には違和感を感じなくなると思います。

私は実際にそうでした。様々な困難に立ち向かっていく主人公たちの事を終盤には完全に応援していました。

また、何でその選択!?と途中思うようなくらいに主人公たちが意地が強いというか、ネバーギブアップ精神を持っています。

その為、かなり手に汗を握る展開が繰り広げられ、ハラハラしっぱなしでした。

そんなホットなハートを持ち合わせた男たちの、船旅物語です。

個人的には主人公たちに感情移入してしまい、船酔いしそうになるような刺激的な作品でした。【20代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました