映画『マイ・インターン』無料動画情報

▶無料動画配信

2015年公開の映画『マイ・インターン』を取り上げていきたいと思います。

タイトルからもお分かりのように、インターンに関するストーリーです。

しかし、ふつうのインターンとは異なっているところがポイント。

ジャンルはコメディですが、感動できる部分もある作品ですので、見る意義は大きいのではないでしょうか。

今回の記事では、映画『マイ・インターン』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『マイ・インターン』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『マイ・インターン』は、5つの動画配信サイトお試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TELASA ○(無料視聴できる)
[吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『マイ・インターン』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『マイ・インターン』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

映画『マイ・インターン』予告編(120秒)【HD】2015年10月10日公開

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

今回のU-NEXTのおすすめ出来るポイントについてですが、まず最初に月額¥2.149で動画見放題になることです!
これがまず、最大のおすすめ出来るポイントになっていまして。
様々なコンテンツ内容の動画が視聴できるので、普段からよく動画視聴している方で有料登録を考えているのであればU-NEXTが無難な選択かと思います。
二点目が、U-NEXTは1人分の契約で動画視聴を4人同時に接続できる点です。
例えばですが、4世帯での家庭の方が、1名分契約すれば残りのご家族の方もみんながU-NEXTを利用できるようになるという点が非常におすすめポイントです。
3点目のおすすめポイントは、週刊誌やファッション誌が無料で読み放題であることもおすすめ出来るポイントです。
有料登録するならU-NEXTが一番いいかなと思います。【20代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『マイ・インターン』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月21日時点)
今後、映画『マイ・インターン』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『マイ・インターン』作品情報

舞台はニューヨーク。華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。そんな彼女の部下としてシニアインターンのベンが雇われる。最初はベンに何かとイラつくジュールスだが、やがて彼の的確な助言を頼りにするようになる。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (ベン)ロバート・デ・ニーロ
  • (ジュールズ)アン・ハサウェイ
  • (フィオナ)レネ・ルッソ
  • (マット)アンダーズ・ホーム
  • (キャメロン)アンドリュー・ラネルズ
  • アダム・ディヴァイン
  • セリア・ウェストン
  • ナット・ウルフ
  • リンダ・ラヴィン
  • ザック・パールマン

スタッフ

  • 監督 ナンシー・マイヤーズ
  • 音楽 セオドア・シャピロ
  • 脚本 ナンシー・マイヤーズ
  • 製作 ナンシー・マイヤーズ
  • スザンヌ・ファーウェ

映画『マイ・インターン』ネタバレあらすじ

ベン・ウィテカーは、それまで勤めてきた会社で定年を迎えたものの、まだまだ引退して社会から離れたくはありません。
そんななか彼は、シニア・インターンなる求人を見つけることに。
アバウト・ザ・フィットという会社が募集していたシニア・インターンに応募して、うまいことにこれに就職することができたベン・ウィテカーは、ジュールズ・オースティンという女性社長と出会います。
当初、ベン・ウィテカーは、彼女に苦手に思われていましたが、やがて、社内全体で評判の存在になっていくことに。
が、ジュールズ・オースティンは、アバウト・ザ・フィットに外部から経営者を迎えるよう求められたり、夫のマットに浮気されて離婚の危機にあったり、なにかと大変な状況にあったのでした。
ベン・ウィテカーは、そんな彼女のことを、友人として励ましていくことにします。
やがて、アバウト・ザ・フィットに外部から経営者が入るという話が、いよいよ本格化。
一方で、マットはこのことに反対し、ジュールズ・オースティンとの関係を取り戻そうと努力していくようになるのです。
すっかり喜びを隠しきれない、ジュールズ・オースティン。
その後、彼女は、太極拳をやっているベン・ウィテカーのところへやって来ます。
そして、ベン・ウィテカーとジュールズ・オースティンは、太極拳をすることにするのでした。

ベン・ウィテカーの応募

映画『マイ・インターン』でベン・ウィテカーは、シニア・インターンとして活躍するのですが、そもそもの応募が興味深いものになりました。
応募方法がふつうの書類ではなく、自身をアピールする動画を作れというものだったのですね。
が、意に介さないベン・ウィテカーは、やり方を教えてもらいながら、YouTubeに動画を投稿します。
やがて、アバウト・ザ・フィットの面接が始まりますが、ここでもベン・ウィテカーは、ウェットを効かせて、なんなく突破。
こうしたユニークな過程を経て、物語は始まっていくのです。

ジュールズ・オースティンの個性

映画『マイ・インターン』では、アバウト・ザ・フィットの社長のジュールズ・オースティンのキャラクターも見どころの1つに。
1代で会社を急成長させた彼女は、まさにカリスマ経営者。
が、社内を自転車で回ったりと、かなり個性が際立った女性でもあったのです。
そんなジュールズ・オースティンは、最初こそ、年上のベン・ウィテカーとどう接していいのか分かりません。
しかし、ベン・ウィテカーの働きぶりを見て、次第に彼とうち打ち解けていくことができるようになるのでした。

ベン・ウィテカーの人柄

映画『マイ・インターン』では、ベン・ウィテカーが人間性のよさゆえに、みんなの信頼を勝ち得ていくさまが魅力的でした。
苦境に立たされていたジュールズ・オースティンへの励ましだけではなかったのですね。
ジュールズ・オースティンと母親のトラブルを解決したり、秘書のベッキーと彼氏のジェイソンを仲直りさせたり、大活躍です。
シニア・インターンの域を超え、公私ともに力を発揮するベン・ウィテカーの存在感も、ジュールズ・オースティンに負けてはいませんね。

映画『マイ・インターン』感想

このように、映画『マイ・インターン』は、70歳の男性インターンが、社内でも社外でも有能に働いていくという、変わったストーリー。
ベン・ウィテカーとジュールズ・オースティンとのやり取りがおもしろくて、まったく退屈しません。
従来の企業もののストーリーとは一線を画する内容になっていますので、見逃すのはあまりにも惜しいといえるでしょう。
けっして損をすることはないと思いますので、興味を持った方は、ぜひ一度、ゆっくりとご鑑賞を。

映画『マイ・インターン』視聴者の声

私は主人公『ベン・ウィテカー』という人物の懐の広さ、紳士な立ち振る舞いにとても魅力的だと思いました。

彼は退屈な日々を「退屈だ」と愚痴をいうのではなく誰よりも周りを見て自分で行動して現状を変えようという気持ちがあります。

そんな彼を会社の社長『ジュールズ・オースティン』は苦手意識を持ち遠ざけるのですがそこにも諦めず自分に今なにができるのかを考え相手のために行動するという生き様が、70歳という年齢を感じさせず今の自分の未熟さを感じさせてくれました。
その主人公ベンの勤める会社の社長『ジュールズ・オースティン』は会社を1年半で220人もの従業員を雇うほどの会社に成長させるだけでなく幸せな家庭まで気づきあげていて最初は順風満帆にも見えました。

しかし作品を見れば見るほどその印象とはかけ離れていました。

時間に追われる日々に家族の時間も満足に取れず作り上げできた会社さえも別の人に経営を任せたほうがいいと言われ認められず孤独なイメージを抱きました。

その彼女を支えたのかベンでた。

彼女のたくましさと弱さの部分にとても人間味を感じどこか共感せずにはいられませんでした。

そんな人生の先輩だが部下のベンと選択する道を悩むジュールズの少し変わった友達でもありビジネスパートナーの2人を見ているのが面白くてたまりません。

また周りのキャラクターも1人1人個性がしっかりしていて見応えもあり何度も見たくなるような作品でした。【20代男性】

まるで『プラダを着た悪魔』の続編のような感じがしました。

主人公のジュールズは物書きになったわけではないけれど、立ち上げたネットビジネスが軌道に乗り、順風満帆な人生が始まったばかりです。

仕事を辞めて専業主夫になって応援してくれるだんな様もいるし、かわいい娘もいる。

時間はないし、ママ友もできないけど、十分に人もうらやむ人生です。
会社がイメージアップ作戦の一つとして”シニア・インターン“を採用することを決め、現れたのがロバート・デ・ニーロでした。

妻に先立たれ、時間を持て余し、余暇程度のことでは飽き足らずに応募してきました。
自分の倍以上の年齢の男性をどう使ったらいいのかも、好意なのか厚かましいのかもわかりかねていましたが、二人は次第に距離を縮めていきます。

人との関わり方や、自分の信念を貫くことなど、人生に大切なことを教わっていきます。
アン・ハサウェイが等身大で魅力に溢れています。

オフィス内を自転車で走り抜けるシーンが印象的です。
年齢差を越えて友情を育むデ・ニーロがまたいいんです。

押しつけがましいところがなく、周囲に気配りができて、こんな人生の先輩ならそばにいてほしいと思うはずです。

70歳を過ぎてなお、まだまだこれからと思っているところも素敵です。【40代女性】

大ベテランデニーロに立ち向かうアン・ハサウェイの堂々たる佇まいはさすがなもの。

アン・ハサウェイはバリバリ働くキャリアウーマンの役がすごく似合うのでかっこいい!と思わず惚れ惚れしてしまうほど。

仕事上のパートナーとしての結びつきを深めていく二人の物語ですが、実際に見てみると、このふたりの関係性は親子ほどの年齢差や性差を超えた友情のように見えます。

とても素敵で憧れてしまうけれど、実際には(特にこの日本では)難しいだろうな、とも。

ベンみたいに若者を見下したり偏見を持たずにフラットに接することのできる本物のジェントルマンな男性はそうはいないだろうし、ジュールズのように年老いた老人とコミュニケーションを取ろうとする若者はそういるはずもない。

このふたりは仕事で否応なしに知り合ったとはいえ、現実ではこんな機会そうないですよね。

若者とシニア世代、お互いに人生経験や価値観の違う同士が不得意なところを補い合う関係性にグッときましあ。

どれだけ世の中が便利になっても、いつだってなによりも大切なのは人と人が関わり合い、理解し合おうと歩み寄ることなんだと再確認させてくれる素敵な作品です。

ありがちなとってつけたような恋愛要素もなく、最後まで安心して見られるのも好感触でした。【30代女性】

主人公を演じたのはアン・ハサウェイさんです。この映画が日本で公開された当時、テレビコマーシャルを打っていたのを覚えていますが、アンさんの赤いワンピース姿がかなり印象的でした。ゆえに私の中では今でも彼女のイメージは、赤となりました。そのくらいパキッとした原色的な赤が似合う女優さんですから、当然格好いい役も似合います。今作では社長さんを演じられていますが、とてもキマっていましたね…。女性も惚れる女性です。インターンと聞くと、日本では大学生を想像しますが、アメリカにはシニア・インターンなんていう制度があるのですね。さすが世界の中心の国、進んでいるなと感じました。しかしながら、日本でもおじいさんとも言える年齢の人が後から派遣社員として入社する事は、結構あることですよね。自分よりもかなり年上の方への指導は、なかなか難しく悩みの種になっている方も多いのではないでしょうか。この作品でも、若い社員ばかりの中に突然おじいさんがインターンとしてやってくるのですが、年齢における上下関係がないとされているアメリカで、同じような反応が起こるんだ!とかなり驚きましたが、そこはやはりアメリカ。人間性をちゃんと重視出来るんですね。若者にも色んな人がいるように、おじいさんにだって色んな人がいます。長く生きてきたからこそ、様々な状況に対応出来る力と余裕を持っている人だっている…そんな年を重ねている事への魅力を、改めて気付かせてくれる素敵な作品でした。【20代女性】

妻に先立たれてしまい、虚しい隠居生活を送っていたベンが、海外旅行や多くの習い事、愛する息子一家と過ごしていても、心に空いた穴を埋められずにいる姿は胸が痛かったです。
しかし、そんなベンが貼り紙を見て、再び仕事をしてみようとシニア・インターンに挑戦しようとするのは格好良かったです。
しかも、慣れないパソコンなどをこれから覚えてでも頑張りたいと、応募の際アピールしたのです。
見事にインターンに採用されたときは、まるで自分のように喜びました。
久しぶりに仕事することが決まって、心なしかワクワクしているベンの姿はとても可愛らしかったし、微笑ましかったです。
ジュールズの指示のメールがくるのを、ただデスクで一人待っている姿は切なかったです。
そんなベンが行動あるのみだと思って社内の人間と仲良くなっていき、仕事を手伝い、職場に馴染んでいく姿は素晴らしかったです。
そんなジュールズが部下にCEOを雇うように勧められた時、初めて気丈な彼女が涙したので切なかったです。
ベンがジュールズのために役立っていくたびに、ジュールズが変わろうとしていき、友人のように仲良くなっていく姿に感動しました。

ベンがその職場で新たな恋を見つけたのも嬉しかったです。【20代女性】

年を重ねてから、新しい仕事に就こうなんて、すごい勇気だなと思いました。
また、ベンは今まで結構いい役職にいたり、先輩も年下だったりするのに、素直に話を聞いて雑用をこなしたりしていて、そこがすごい、なかなかそんな人いないと思います。
まわりにとっても年を重ねた人間のいうことだから素直に聞けるってところがあって、まわりもよくなっているって感じでした。
会社を作るのは若い人でもできるし、その方が柔軟な対応ができていいかもしれないけど、やっぱり長く生きた人の教えは偉大です。
疲れて昼食もままならないかもってときにチキンスープが用意されているくだりは大好きな場面です。
ベン役のロバート・デ・ニーロはこわもて役もできるのに、こんなキュートで人のいい老人役もできるなんてすごいなと思います。
私も、こんなおじいさんと友達になりたいです。
すごくいい話でしたが、アン・ハザウェイ演じるジュールズの夫婦関係の問題の帰結はあまり納得できませんでした。
今、許してもどうせまた浮気するぞ、この男はと思います。
まあ、すぐ離婚、離婚というのもよくないのかもしれませんが、夫と別れて心機一転、会社の経営に励むという終わり方でよかったのになあと思いました。
そこが、1点気になりましたが、全体的には好きな作品です。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました