映画『GODZILLA ゴジラ』無料動画情報

▶無料動画配信

今回ご紹介するのは、2014年に公開された、アメリカ・ハリウッド版の映画『GODZILLA ゴジラ』になります。

ゴジラ映画は、日本だけではなく、世界中にファンがいる人気特撮シリーズですよね。

そのゴジラ映画がハリウッドの手によってどんな作品となるのか、ファンならずとも気になります。

今回の記事では、映画『GODZILLA ゴジラ』の無料動画の視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『GODZILLA ゴジラ』の無料動画をフル視聴する方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『GODZILLA ゴジラ』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字・吹]
hulu ○(無料視聴できる)
[字]
TELASA ×
music.jp ○(無料視聴できる)
[字・吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字]
FODプレミアム ○(無料視聴できる)
[字]
dTV ○(無料視聴できない)
[字・吹]

※2020年6月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『GODZILLA ゴジラ』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『GODZILLA ゴジラ』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

映画『GODZILLA ゴジラ』予告編

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTのメリットを紹介

  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

「U-NEXT」のおすすめポイントは、なんといっても自分が好きなアニメがたくさん見られるところだと思います。

とくに私は名探偵コナンが大好きでよく見るのですが、U-NEXTの中にはコナンがすべて映画のコナンがみられるところがいいと思っています。
メリットはたくさん見ることができるので飽きないところだと思っています。

それに、たくさんのアニメや子供向けにも配信されているものがたくさんあるので子供がいる家庭にはお勧めだと思います。

私の井出でもいないいないばあのやつとかアニメなどをたくさん見ることができるので重宝していました。

アニメが好きな方にはお勧めなんじゃないかなと思いますし、ほかにも邦画とか洋画とか豊富な気がしています。

昔懐かしい映画などがまた見たいと思っている人はお勧めだと思いますし何度も見ることができるところが魅力的なんじゃないかなと個人的に思います。

あとは、検索機能が付いていて検索して調べることができるところが魅力的だと思っています。

漫画とかもあるので本屋漫画や映画が好きな人にはとてもよいサイトじゃないかなと思います。

私はコナンやきたろうなど結構子供向けのものを見たりしていました。

楽しめました。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『GODZILLA ゴジラ』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年6月20日時点)
今後、映画『GODZILLA ゴジラ』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『GODZILLA ゴジラ』の作品情報

日本の原子力発電所に勤めるジョーは異常振動の調査をしていたが、緊急警報が鳴り、妻を原子炉内に残したまま、防護壁を閉じる苦渋の決断を強いられた。それから15年後、原発跡地に侵入したジョーと息子のフォードは謎の研究施設と巨大生物を目にする…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • (フォード・ブロディ)アーロン・テイラー=ジョンソン
  • (芹沢猪四郎博士)渡辺謙
  • (エル・ブロディ)エリザベス・オルセン
  • (サンドラ・ブロディ)ジュリエット・ビノシュ
  • (ヴィヴィアン・グレアム博士)サリー・ホーキンス
  • (フォード(少年時代))CJ・アダムズ
  • (サム・ブロディ)カーソン・ボルデ
  • (ウィリアム・ステンツ司令長官)デヴィッド・ストラザーン
  • (ジョー・ブロディ)ブライアン・クランストン
  • リチャード・T・ジョーンズ

スタッフ

  • 監督 ギャレス・エドワーズ
  • 音楽 アレクサンドル・デスプラ
  • 脚本 マックス・ボレンスタイン
  • 製作 トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ブライアン・ロジャーズ

映画『GODZILLA ゴジラ』のネタバレあらすじ

第二次大戦後のアメリカは、核開発と並行して、モナーク計画という調査・研究機関も設立していました。そして、ストーリーは1999年のフィリピンから始まります。

モナーク機関の研究者・芹沢猪四郎博士(渡辺謙)は、巨大な生物の化石を発見。そしてそこには、巨大な生物の孵化した痕跡がありました。同じ頃、日本の雀路羅(じゃんじら)市では謎の地震が発生し、原子力発電所が爆発。発電所で働くブロディ夫妻もこの事故に巻き込まれ、ジョー・ブロディは、妻のサンドラを亡くしました。

さらに時は過ぎ、2014年。ジョー・ブロディは、妻を死に追いやった原発事故の真相究明に取りつかれていました。彼は息子のフォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)と共に真相を突き止めようとしますが、そこで衝撃の事実を知ることになったのです。

フォードは知らせを受け日本へ

ジョー・ブロディ(ブライアン・クランストン)と妻・サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)の息子・フォードは、アメリカで爆弾処理班をしていました。フォードも結婚して家庭を持ち、5歳の息子を育てる父親になっています。

母・サンドラの死によって、父・ジョーとは関係がぎくしゃくしていたフォードでしたが、そんな父親が日本で警察に逮捕されたという知らせを受けます。

日本へ向かったフォードは父・ジョーと再会しますが、ジョーは15年前の原発事故が政府による隠ぺいだと信じていました。ジョーは真相究明に協力して欲しいとフォードに頼みますが、息子は乗り気ではありません。

しかし、父の並々ならぬ熱意に押されるような形で、親子で15年前の真相を調べることになりました。ジョーとフォード親子は、立入禁止区域となっている原発事故とかつての自宅があった土地へと向かいます。

原発事故の跡地で彼らが目にしたものとは

調査を始めようとしたジョーとフォードでしたが、正体不明の集団によって拉致されました。彼らを拉致した集団は、モナーク機関という秘密組織。ジョーとフォードは、モナーク機関によって原発事故の跡地へと連れていかれます。

本来廃墟であるはずの原発跡地は、モナーク機関によって管理されていました。そして彼らは、繭に包まれた巨大生物という、信じがたい光景をそこで目にしたのです。フォードは、ジョーの疑いが真実であったことを理解します。

ところがその時、「ムートー」と名付けられた巨大生物が羽化し始めました。その混乱の中でジョー・ブロディは不運にも重傷を負い、命を落としてしまいます。

フォードは父の遺志を継ぎ、情報提供するためモナーク機関の生物学者・芹沢教授と合流し、行動するようになります。そして、ゴジラやムートー、モナーク機関のことを知らされました。

巨大生物たちは、古代に放射能を餌にしていました。それが、水爆実験によって目を覚ましてしまったというのです。そして、その巨大生物の頂点にいるのがゴジラでした。

ムートーが目覚め羽化してしまった今、生態系の調和からゴジラも姿を現すだろうと、芹沢博士はフォードに語ります。

ムートーの羽化、そしてゴジラ現れる

芹沢博士によれば、「ムートー」は15年間に渡り放射能を飲み込み続けた、危険な巨大生物です。見た目は6本足で、まるでカマキリのようです。早期にムートーを抹殺しようと試みる芹沢博士でしたが、その意に反しムートーはハワイを襲撃。その脅威を阻止するのは、並大抵のことではありません。

そして、暴走を始めたムートーを追うように、海の中からゴジラが出現しました。ムートーは進路をアメリカ・サンフランシスコへ向け、ゴジラもそれを追いかけます。

その頃、ラスベガスには、2匹目のムートーが繭から羽化しようとしていました。研究後に捨てられた2匹目の卵は、核廃棄物処理場で人知れず孵化・成長し続けていたのです。ジョー・ブロディは「(ムートーが)まるで会話をしているようだ」と言っており、それがこの2匹目のムートーとのものであったことが分かります。日本にいた最初のムートーはオスで、アメリカの2匹目の方はメスでした。その証拠に、メスには羽がありません。

ムートーたちはサンフランシスコで合流し、繁殖しようとしているのです。それを阻止するため、アメリカ軍も核弾頭を持ち出します。

映画『GODZILLA ゴジラ』ラストの結末

核弾頭を使う作戦にフォードも参加しましたが、残念ながらムートーに奪われてしまいます。2匹のムートーは巣を見つけ、そこに卵を産みつけます。

フォードは核弾頭を回収するため巣に降り、卵も焼き払いました。ゴジラはそれを援護するかのように2匹のムートーと戦い、オスのムートーを尻尾でビルに叩きつけて倒しました。

被害が出ないように離れた海の上で爆発させるため、フォードは核弾頭を運びます。怒り狂ったメスのムートーはそれをものすごい勢いで追いかけてきますが、フォードと軍隊もこれに応戦。しかし、ムートーの力は強大で、なすすべがありません。

追い詰められたフォードでしたが、そこをゴジラが救います。ゴジラはムートーの口の中に光線を放ち、咆哮。倒されたメスのムートーは、海に沈んでいきました。

救出されたフォードの後ろで、核弾頭が爆発。作戦は成功し、ムートーの脅威から人類は守られます。力尽きたゴジラでしたが、再び立ち上がり、海へと去っていきました。アメリカ国民の感謝を背に受けながら。

感想

『GODZILLA ゴジラ』(2014)は、ゴジラ初心者でも楽しめる、パニックアクション映画に仕上がっていました。筆者もゴジラは子供の頃に少し見た程度で、あまり記憶がありません。それでも、『GODZILLA ゴジラ』(2014)は十分に楽しめる内容でした。かえって、リメイク元となった第1作を見てみたいとも思っています。

ゴジラシリーズは日本で作られましたが、世界中にファンがいる特撮映画です。『GODZILLA ゴジラ』(2014)はアメリカ・ハリウッドなりの解釈となっていました。ゴジラと言えば、「核」、「自然破壊」、「人間の醜いエゴ」といったテーマでも知られています。

ただ、『GODZILLA ゴジラ』(2014)は巨大生物との戦いという点によりフォーカスを当てた感じでしょうか。ゴジラの登場は後半からで、もっと動くゴジラが見たいという方にとっては少々不満が残るかもしれません。しかし、それでも『GODZILLA ゴジラ』(2014)の評価が高いのは、ゴジラの活躍が鮮やかで効果的なのと、映画本編の面白さに秘密があるからでしょう。

視聴者の声

あえて前半はゴジラの姿をあまり見せず、中盤から後半にかけてゴジラの活躍シーンをたくさん入れることによって展開にメリハリがついていて良かったと思います。
そしてこの映画のさらに面白いポイントは、いろんな視点からみたゴジラを見せてくれるというところです。例えば一般市民が下から見上げたときのゴジラ、ヘリコプターから見下ろしたときのゴジラ、ニュース番組にうつっているゴジラなどです。このように視点を変えることによってゴジラの体の全体像がより細かい部分まで分かりますし、1つの視点でずっと固定されているよりも飽きずに見ることが出来ます。役者の方たちもみんな演技が上手いのですが、特に魅力的に感じたのは渡辺謙さんです。ゴジラという日本で生まれた怪獣をハリウッドでリメイクするからこそ、劇中で日本を感じられる要素を入れ込むのは大切だと思うのですがその重要な役割を渡辺謙さんが見事に果たしてくれていました。ゴジラについて誰も知らないことを自分だけが知っているというキーパーソン感も出ていて良かったです。
後半ではゴジラと敵怪獣ムートーの戦闘になるのですが、暗闇のなかで戦っているのでゴジラの放射熱線の光が鮮やかに見えているのが美しくて良かったです。【20代男性】

映画「GODZILLAゴジラ(2014アメリカ)」を観た感想は、「日本のゴジラより迫力があり、圧倒的なスケールの大きさは、さすがハリウッドだな」と思いました。モンスターたちの巨大さの見せ方に終始しており、観ていてとても新鮮に感じました。
従来の迫力のある大バトルという感じではなかったですが、人間が介入する余地のない闘いは観ていてワクワクドキドキしました。少し残念に感じたところとしては、「バトルシーンが暗い」ことです。子供と一緒に観ていたけど、子供が「暗いから闘いがわからない」と言ったほどです。子供と「今誰か死んだ?」とか「ゴジラが出てきたかな」と確認していたので、想像力を働かせながら観ないといけない感じになってしまい、もう少し明るい場面で闘いを観たかったなと感じました。
どんな映画もそうなんだと思いますが、人気シリーズの監督さんは好きに作れるわけではないから、センスのいい監督さんでないとなかなか難しい部分があると思います。映画「GODZILLAゴジラ」は、観ていて良い部分と悪い部分が両極端に出ていた感じがしました。初めてゴジラ作品を観た子供には充分に満足できるストーリーになっていたと思います。【30代男性】

評価はゴジラ映画に何を求めるかによって分かれるでしょうね。日本のゴジラとまるきり同じでないことを楽しめれば勝ち的な作品です。ゴジラに関する設定もちょっと違うため、良い感じに拘りを捨てるのがおすすめです。そうすると純粋にこの作品の面白さが分かってくると思います。
ゴジラの魅せ方はさすがハリウッドというか、上手いです。迫力満点、あまりゴジラを知らない知人でも格好いいと言っていたし、私自身もこれこそゴジラだと思いました。このゴジラの魅力に関しては、日本と差はないのではと感じます。それ故に制作者のゴジラに対する愛が伝わってきた気がして、一ファンとして気分が良くなりました。
ただクローズアップされているのはゴジラだけでなく、案外人間達の愛や絆に尺がとられています。ここは評価が分かれそうですが、私はこのあたりもハリウッド風で好ましいと思いました。だからこそここぞという時のゴジラの登場が生えるのです。ゴジラが戦うシーンが短いから悪い、長ければいいというものでもないと思います。ヒューマンドラマ風に仕上がったところで作品に深みが増していました。どこか一点を見つめるのでなく、全体で捉えると凄く良い作品でした。【30代女性】

前回のアメリカ版リメイク作品(1998年のローランド・エメリッヒ監督版)が面白くなかったので、今回も…?と思っていたのですが、これは良かったです。ゴジラ映画は1954年の第一作目が一番好きなのですが、この作品は第一作目のシリアスな設定と、その後の怪獣バトルシリーズもの的な面がうまくミックスされていると感じました。ゴジラをただの排除すべき暴れん坊・悪者として描いていないところが好きです。また、前リメイク版ゴジラはトカゲのような体型で、いただけませんでしたが、この作品のゴジラは、まるで着ぐるみを着ているように見えるところもいいです!日本版ゴジラへのリスペクトを感じます。重量感、巨大感があり、さすがハリウッド、怪獣同士のバトルシーンも迫力がありました。残念な点は2つ。ゴジラの登場シーンが少ないと思います。日本の初代ゴジラも確かにそうなのですが…、映像に迫力があるので、バトルシーンをもっと観たかったです。あと、悪役の怪獣のヴィジュアルが、スタイリッシュでシャープすぎるような気がします。私は日本の怪獣の、恐いけれどもどこか愛らしい感じが好きなので、そこは惜しい気がしました。外国の人には、そういうのは気にならないのでしょうか…聞いてみたい気がします。全体としては面白かったので、日本版とは別の形でシリーズ化してくれたらいいなと思います。【50代女性】

2014年版ゴジラは日米共同制作の作品でゴジラも日本風になっており、以前のハリウッド版の「これがゴジラ?」という違和感はありません。

俳優陣の日本代表は渡辺謙氏で「芹沢博士」となっているのは初代ゴジラの芹沢博士を彷彿とさせる名前です。

しかし日本で制作されたゴジラとはストーリー展開が相当に違っています。この2014年版では、まずムートーと呼ばれる核燃料を餌とする2匹の怪獣が登場し、ムートーは世界中のあちこちに被害を及ぼしながら繁殖しようとします。

ゴジラはそのムートーを倒す役という位置付けで登場し悪戦苦闘しながらも2匹のムートーを倒し海へ去って行き終わりとなります。

日本映画のゴジラはゴジラ自体が人間の敵でしたが2014年版ではむしろ人間の味方として登場する訳です。

この辺りは日本映画風のゴジラを期待していたので正直、違和感を覚えました。

また映画が始まってからゴジラが登場するまでが相当に長く、先にムートーが出てくるので「あれ? ゴジラじゃないの?」という感じも受けました。

映像自体は、ちゃちなものではなく、相当にしっかりしているのですが、前振りが長くゴジラが中々出てこないのと、出てきたと思ったらムートーと戦って去ってゆくという展開は正直、肩すかしをくらった感じです。

やはりゴジラは人間にとって怖い破壊神的な存在として描いて欲しかったです。でも、その点を除けば映像的には良くできた作品ですし、それなりに楽しめた作品でした。【60代男性】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました