【ワイスピ順番】ワイルドスピード一気見情報

▶無料動画配信

ワイルドスピードシリーズを時系列で見るおすすめの順番から、公開順といった2つの見方、シリーズ8作の無料視聴(一気見)について紹介したいと思います。

世界的な大人気シリーズの映画ワイルドスピード。

すでにたくさん作品が公開されており、興味があっても、どこからどう見ていけばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、ワイルドスピード見る順番を「時系列(おすすめ)」と「公開順」の2つのパターンで、紹介します。

時系列がおすすめな理由、ワイルドスピードシリーズのトリビア、お得に無料で見る方法についてもまとめています。

それでは、お楽しみ下さい。

ワイルドスピードを見るおすすめの順番は時系列

それでは、まずはワイルドスピードを見るおすすめの順番から見ていきましょう。

時系列

  1. 『ワイルド・スピード』(2001年)
  2. 『ワイルド・スピード X2』(2003年)
  3. 『ワイルド・スピード MAX』(2009年)
  4. 『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年)
  5. 『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)
  6. 『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』(2006年)
  7. 『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)
  8. 『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)
  9. 『ワイルド・スピード / スーパーコンボ』(2019年)

ワイルドスピードシリーズは、これまでに全8作品が公開され、2019年にスピンオフ作品の⑨『ワイルド・スピード / スーパーコンボ』も大ヒットしました。

⑨『ワイルド・スピード / スーパーコンボ』は、スピンオフ作品です。

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』最新予告映像

しかし、ワイルドスピードシリーズの世界観と人間関係は同じで、とても面白い作品となっています。

時系列的にも、⑦『SKY MISSION』→⑧『ICE BREAK』→⑨『スーパーコンボ』の順番で見ると、内容や人間関係がすんなりと理解しやすいのでおすすめです。

ワイルドスピードシリーズの時系列順で注目していただきたいのは、⑥『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』(2006年)になります。

公開された年を見ても、他と違うのはこの⑥『X3 TOKYO DRIFT』だけです。

さて、なぜワイルドスピードシリーズはこのような時系列の順番になっているのでしょうか。

おすすめである、理由についても解説していきます。

時系列順がおすすめな理由

実は、⑥『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』(2006年)は①『ワイルド・スピード』と②『X2』からかなり時間が経った頃のストーリー設定となっています。

『X2』~『X3 TOKYO DRIFT』の間にはメインキャラクターの身にも色々な出来事が起こり、その間の出来事が④『MAX』、⑤『MEGA MAX』、⑥『EURO MISSION』で描かれているのです。

何も知らずに、⑥『X3 TOKYO DRIFT』→④『MAX』の順番見てしまうと、理解できない部分があって初心者の方は混乱してしまうでしょう。

そのため、ワイルドスピードは時系列の順番で見るのがおすすめです。

もっと詳しく理由について解説していきますが、少々ネタバレを含んでいますので、注意して読み進めて下さい。

重要なキャラが死んでしまうから

なかなかのネタバレですよね。

シリーズ3作目⑥『X3 TOKYO DRIFT』の終盤で、重要なキャラクターである、ハン・ルー(サン・カン)が死んでしまいます。

ハン・ルーは、3作目⑥『X3 TOKYO DRIFT』の主人公ショーン・ボズウェル(ルーカス・ブラック)にドリフト技術を教える師匠でもあります。

しかし、ハン・ルーはシリーズ4作目の③『ワイルド・スピード MAX』で、再び登場しています。

ワイルドスピードを公開された順番で見た場合、なぜハン・ルーが生き返っているのか、頭の中が「???」だらけになってしまいますよね。

ワイルドスピードの時系列順を知っていれば、このような混乱は避けられ、存分に楽しむことができるでしょう。

なんでこんな順番に制作されたの?

これは少々言いにくいことなのですが、シリーズ3作目⑥『X3 TOKYO DRIFT』はワイルドスピードシリーズの中で不人気作に挙げられることの多い作品です(印象には個人差があります)。

東京が舞台だったり、北川景子さんや妻夫木聡さんが登場したりするのですが…。

シリーズ3作目⑥『X3 TOKYO DRIFT』は、製作費に余裕がなく、一部で1作目2作目と同じ俳優を起用できませんでした。

こうした理由で、主人公もブライアン & ドミニクの人気コンビではなく、高校生のショーン・ボズウェルだったのです。

3作目で下降線を辿ったワイルドスピードでしたが、4作目『MAX』の製作が決まり、ブライアン & ドミニクのコンビも復活。

以降は大ヒットを重ねていき、現在私たちが知る、大人気シリーズワイルドスピードとなったのです。

ワイルドスピードシリーズ(全8作)
動画配信サービス「hulu」
全作配信中
全8作無料視聴できます

今すぐ無料お試し

「hulu」2週間無料
無料期間内に解約すれば解約金なし
2週間以内に解約 →『0円』

ワイルドスピードの公開順

続いては、ワイルドスピードシリーズを公開順で見ていきましょう。

公開順

  1. 『ワイルド・スピード』(2001年)
  2. 『ワイルド・スピード X2』(2003年)
  3. 『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』(2006年)
  4. 『ワイルド・スピード MAX』(2009年)
  5. 『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011年)
  6. 『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)
  7. 『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015年)
  8. 『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)
  9. 『ワイルド・スピード / スーパーコンボ』(2019年)
  10. 『ワイルド・スピード / ジェットブレイク』(2021年公開予定)

ワイルドスピードシリーズは、8作品+スピンオフ作の『ワイルド・スピード / スーパーコンボ』を加えた9作品が公開されました。

そして、2021年にはシリーズ最新作となる『ワイルド・スピード / ジェットブレイク』(正規シリーズの9作目)の公開が予定されています。

スピンオフ作品

ワイルドスピードシリーズには、『スーパーコンボ』以外にもスピンオフ作品が存在します。

ワイスピマニアなら見逃せない、スピンオフ作品も紹介しましょう。

  • 『ベター・ルック・トゥモロー』(2002年)
  • 『ワイルド・スピード X2 序章』(2003年)
  • 『ロス・バンドレロス 盗賊たち』(2009年)

『ベター・ルック・トゥモロー』(2002年)は、ワイルドスピードシリーズ3作目~6作目の監督を務めたジャスティン・リン監督の作品で、人気キャラのハン・ルーにスポットを当てたストーリーとなっています。

『ワイルド・スピード X2 序章』(2003年)は、ワイルドスピードシリーズの”1.5”にあたる作品。

DVD & Blu-rayの特典映像として収録されました。

そして、『ロス・バンドレロス 盗賊たち』(2009年)は、ワイルドスピードシリーズの”3.5”となる20分ほどの短編です。

ワイルドスピードシリーズにはまって、もっと知りたいとなったら、こちらのスピンオフ作品もチェックしてみて下さい。

ストーリーの移り変わり

最近ワイルドスピードシリーズに興味を持った方にとって、ワイルドスピードはカーレースと同じくらいに、アクションの印象が強いでしょう。

なんか、毎回巨大な組織と戦ってますよね。

ワイルドスピードが純粋に”ストリートレースで白黒つけようぜ”という内容だったのは、1作目と2作目までになります。

3作目『ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT』からは、反社会勢力と戦うようになっていますね。

4作目『MAX』以降は、本格的にアクション要素も取り込み、屈指の大人気シリーズとなりました。

ワイルドスピードシリーズ人気キャラは何作目から登場する?

ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)

今や、ルーク・ホブスはワイルドスピードに欠かせないキャラクターですよね。

彼が登場するのは、5作目『MEGA MAX』からとなります。

演じているドウェイン・ジョンソンは、元々はアメリカのプロレス団体「WWE」の超人気レスラー。

「ザ・ロック」のレスラー名で有名でしたが、本名のドウェイン・ジョンソンで映画俳優に挑戦します。

ワイルドスピードは、そんな彼を一躍映画スターに押し上げました。

デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)

デッカード・ショウが登場するのは、8作目『SKY MISSION』からです。

演じているジェイソン・ステイサムは、アクション俳優として世界的に有名な大スターですよね。

スピンオフ作品である『スーパーコンボ』では、ルーク・ホブスとデッカード・ショウが大活躍。

二人の関係や過去を知るためにも、『SKY MISSION』→『ICE BREAK』→『スーパーコンボ』の順番で見るのがおすすめです。

ここまで読むと、すぐに「ワイルドスピードシリーズ全作品が見たい!」となりますよね。

以上、今回はワイルドスピードシリーズを時系列で見るおすすめの順番から、公開順といった2つの見方について紹介しました。

ワイルドスピードシリーズ(全8作)
動画配信サービス「hulu」
全作配信中
全8作無料視聴できます

今すぐ無料お試し

「hulu」2週間無料
無料期間内に解約すれば解約金なし
2週間以内に解約 →『0円』

まとめ

  • ワイルドスピードシリーズは現在8作品が公開されている
  • スピンオフ作品の『スーパーコンボ』が2019年に公開された
  • ワイルドスピードシリーズを見るおすすめの順番は時系列
  • 3作目『X3 TOKYO DRIFT』が時系列的には6番目になる点に注意
  • 時系列がおすすめな理由はキャラクターに関することで初心者は混乱しやすいから
  • ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)が登場するのは5作目『MEGA MAX』から
  • デッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)が登場するのは8作目『SKY MISSION』から

コメント

タイトルとURLをコピーしました