映画『リチャード・ジュエル』無料動画情報

▶無料動画配信

映画といえば、フィクションもさることながら、実話をネタにした作品も捨てがたいものでしょう。

今回ご紹介していく映画『リチャード・ジュエル』は、そんな実話系の傑作です。

主人公のリチャード・ジュエルは実在した警備員で、オリンピックで爆発物を発見したものの、逆に容疑者だと思われてしまった人物なのでした。

今回の記事では、映画『リチャード・ジュエル』のフル動画を無料視聴する方法や作品についてご紹介いたします。

映画『リチャード・ジュエル』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『リチャード・ジュエル』は、4つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
[字][吹]
hulu ×
TELASA ○(無料視聴できる)
[字][吹]
music.jp ○(無料視聴できる)
[字][吹]
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
[字][吹]
FODプレミアム ×
dTV ×

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『リチャード・ジュエル』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『リチャード・ジュエル』を視聴するためには「550ポイント」を必要としますが、お試し登録時にもらえるポイントを利用することにより、実質無料で視聴することができます。

映画『リチャード・ジュエル』本予告 2020年1月17日(金)全国ロードショー

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

U-NEXTのおすすめポイントは大きく二つあります。

一つは国内ドラマなどのコンテンツがかなり充実していることです。

ほかにも動画配信サービスはありますが、最新の国内ドラマなどはなかなかないので、もう一度見たいと思っていたドラマなどをレンタルショップに行かなくても見られるというのは非常にありがたいです。

もう一つのおすすめポイントは新作が見られるという点です。

U-NEXTは毎月ポイントが付与され、それを使用することで最新作もおうちにいながら見ることができます。

どの動画サイトでも最新作をみるには結構な期間待つ必要がありますし、レンタルショップでは一泊で返却しないといけなかったりと面倒ですがU-NEXTはそれらの時間や手間を省くことができるので便利です。【30代女性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『リチャード・ジュエル』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月17日時点)
今後、映画『リチャード・ジュエル』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『リチャード・ジュエル』作品情報

1996年、アトランタで爆破事件が発生。だが、第一発見者の警備員、リチャード・ジュエルは、国家とメディアの陰謀により容疑者にされてしまう。彼はたったひとり無実を信じる無謀な弁護士・ワトソンと共に、巨大権力に立ち向かっていくが…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • リチャード・ジュエル:ポール・ウォルター・ハウザー
  • ワトソン・ブライアント:サム・ロックウェル
  • ボビ・ジュエル:キャシー・ベイツ
  • トム・ショウ:ジョン・ハム
  • キャシー・スクラッグス:オリヴィア・ワイルド
  • ニナ・アリアンダ
  • イアン・ゴメス
  • ウェイン・デュヴァル
  • ディラン・カスマン
  • マイク・ニュースキー

スタッフ

  • 監督:クリント・イーストウッド
  • 原作:マリー・ブレナー
  • 音楽:アルトゥロ・サンドヴァル
  • 脚本:ビリー・レイ
  • 製作:クリント・イーストウッド、ティム・ムーア、ジェシカ・マイアー、ケヴィン・ミッシャー、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン、ジョナ・ヒル

映画『リチャード・ジュエル』ネタバレあらすじ

リチャード・ジュエルは、新人の中小企業局の職員です。

ワトソン・ブライアントは、そんなリチャード・ジュエルに対して、すぐれた察知力から、レーダーというニックネームをつけることに。

リチャード・ジュエルは、とてもまじめな性格でしたが、警察に憧れていました。

そして、警備員になると決めたリチャード・ジュエルは、中小企業局を辞めることにして、ワトソン・ブライアントに報告しに来ます。

ワトソン・ブライアントは、そんなリチャード・ジュエルを励ますのでした。

やがて、リチャード・ジュエルは、大学で警備員をしますが、その正義感の強さが裏目に出て、クビにされてしまいます。

失業したリチャード・ジュエルは、アトランタ・オリンピックが開催される予定だったため、開催中にコンサートが予定されていた公園で、あらたに警備員になりました。

テロの発生

1996年7月27日、リチャード・ジュエルが勤務していた公園で、異変が起きました。

公園にあるベンチの下におかしなバックがあるのを、リチャード・ジュエルが発見したのです。

警察はこれを不審物だと思いませんでしたが、リチャード・ジュエルだけは、不審物と思い、これに反発。

そんななか、警察に対して、リチャード・ジュエルが危惧したとおり、公園に爆弾を設置したという犯行声明が。

犯人によれば、爆弾が爆発するまで、あとたったの30分とのこと。

実際に、バックには爆弾が仕掛けられており、爆発によって、死傷者が出てしまいました。

一方、リチャード・ジュエルは、テロで活躍したとして、注目されて、本を出さないかというオファーも来たのでした。

運命の皮肉

ところが、リチャード・ジュエルが人気なのは、ごく短期間のことだったのです。

リチャード・ジュエルが勤務していた大学の学長が、彼を疑っていき、これを受けて、FBI捜査官のトム・ショウが、彼のことを調査し始めたからでした。

たまたまFBIの想定していた犯人の姿と重なったため、リチャード・ジュエルは、容疑者になってしまいます。

さらに、トム・ショウは、こともあろうに、新聞記者のキャシー・スクラッグスに、情報漏洩してしまいました。

こうして、リチャード・ジュエルがテロの犯人だという報道がされてしまいます。

トム・ショウは、リチャード・ジュエルを調べるため、彼をだまして連行。

以後、リチャード・ジュエルは、ワトソン・ブライアントに弁護してもらうことになります。

反撃の開始

FBIによる本格的な捜査が始まっていきますが、リチャード・ジュエルは、無実の身ながら、FBIに抵抗しませんでした。

なんと、リチャード・ジュエルは、まだ彼らに憧れていたからです。

にもかかわらず、リチャード・ジュエルは、すっかり、テロの犯人と決めつけられてしまいますが、それでも彼は、無実を証明するため、戦っていきます。

が、リチャード・ジュエルの友人まで、巻き込まれてしまうのでした。

やがて、リチャード・ジュエルは、嘘発見器によって、嘘をついていないと証明されます。

リチャード・ジュエルは、キャシー・スクラッグスに対して抗議を行い、母親のボビ・ジュエルも、ビル・クリントン大統領に、息子は犯人じゃないと訴えました。

映画『リチャード・ジュエル』ラストの結末

キャシー・スクラッグスは次第に、FBIが誤っていたと気づくことになります。

リチャード・ジュエルも、トム・ショウを追い詰めていきました。

結局、トム・ショウは、リチャード・ジュエルを容疑者から除外することにし、その事実が本人に告げられます。

本音では、トム・ショウは、まだリチャード・ジュエルを疑っていましたが、もはや、彼の敗北は確定的になっていました。

それから6年が経ち、リチャード・ジュエルは、憧れていた警察になっていました。

やがて、リチャード・ジュエルのもとに、ワトソン・ブライアントがやって来て、真犯人の自供を告げたのです。

その後、リチャード・ジュエルは若くして亡くなりますが、ボビ・ジュエルとワトソン・ブライアントの交流は続くのでした。

映画『リチャード・ジュエル』感想

実話ネタであるだけに、映画『リチャード・ジュエル』は、とても興味深いものとなりましたね。

当初、ヒーローだったリチャード・ジュエルが、いともかんたんに容疑者にされてしまうくだりは、誠に恐ろしいものがありました。

こんなことは現実にあってはいけませんので、いい教訓になるでしょう。

リチャード・ジュエルが亡くなったのは残念ですが、彼の名誉が回復され、ボビ・ジュエルとワトソン・ブライアントの交流も続き、救いとなったのが、何よりでした。

映画『リチャード・ジュエル』視聴者の声

ひどい話でした。

人々を救ったのに、イメージだけで犯人だと思われてそういう報道をされて、人生が狂った男の話です。

「リチャードって太ってるし、ミリタリーが好きっぽいし、お母さんと暮らしてるなんて怪しくない?」みたいななんの根拠もないことで、犯人だみたいな報道があってマスコミって怖いなと思いました。

偏見だといいつつも、私があの報道を見ていたら彼を犯人だと思ったかもしれません。
それくらいメディアの影響力って強いと思います。

なのに、あんな根拠にもならない根拠で彼を犯人に仕立てていて、ほんとマスコミはだめだと思いました。

ただ特ダネが欲しいだけって感じです。

ナイトクローラーみたいと思いました。

FBIの捜査もひどかったです。

リチャードは賢かったから逮捕とかはされなかったけど、不注意に行動してたら嘘の自白とか取らされて犯人にされていたって感じでした。

そんなことが本当にあったなんて驚きです。

リチャードのラッキーだったところは、彼を信じてくれる友人がいたことだなと思います。

彼がいなければ、リチャードもいつか心が折れて、警察と戦えなくなっていたと思いました。

この友人の弁護士役をサム・ロックウェルさんがしていてとてもよかったです。

彼のイメージはグリーンマイルの犯人なのですが、すごく渋くかっこいい人だったんだなと思いました。

ちょっと長いというところありますが、見ごたえのある映画でした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました