映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』無料動画情報

▶無料動画配信

『DEATH NOTE デスノート the Last name』は、2006年に公開された『DEATH NOTE デスノート』の後編。

同年に公開された本作品は、片瀬那奈などの新たなキャストも加わり、前編以上の見応えとなっています。

新たな死神キャラクター“レイ”の声を担当したのはピーターこと池畑慎之介、リュークの声は前編同様中村獅童が担当しています。

今回の記事では、映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』のフル動画の無料視聴方法や作品についてご紹介いたします。

映画『デスノート the Last name』フル動画無料視聴方法

  1. 動画配信サービス・・・無料視聴できる
  2. 動画共有サイト・・・無料視聴できない
    ※パンドラ、デイリーモーションなどでのフル動画配信はありません

動画配信サービス

映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』は、5つの動画配信サイト(CM広告なし)お試し登録後に見放題、もしくは付与されるポイントを利用することにより、無料視聴できます。

U-NEXT hulu TELASA 
music.jp
TSUTAYA TV 

※動画配信サービス名をクリック後、公式サイトへ移動します。

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT ○(無料視聴できる)
hulu ○(無料視聴できる)
TELASA ○(無料視聴できる)
music.jp ○(無料視聴できる)
TSUTAYA TV ○(無料視聴できる)
FODプレミアム ×
dTV ○(無料視聴できない)

※2020年7月時点の情報となります。最新の配信情報は各公式サイトでご確認して下さい。

おすすめはU-NEXT

映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を無料視聴できるおすすめのサービスはどこ?

お試し登録するだけで600円分のポイントがもらえて31日間無料期間があるU-NEXTが一番おすすめよ!

映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』お試し登録後、31日間見放題で無料視聴することができます。

\U-NEXT CM動画/

その他にもたくさんの見放題作品があるため、無料期間中でも十分に楽しめるかと思います。

登録は5分ほどで完了し、すぐに視聴可能となります。

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特長
  1. 31日間無料で利用できる
  2. お試し登録後にもらえる600ポイントで新作映画を無料視聴できる
  3. 無料期間内に解約すれば違約金もなく「0円」で解約できる
  4. 国内最大級の動画配信サービスで見放題作品は14万本以上
  5. 読み放題の雑誌が約70冊以上
  6. 4つのアカウントを作成でき、それぞれログインすることで最大4台のデバイスから同時視聴できる
  7. 継続後、実質989円で利用できる
    ※月額1,990(税抜)で毎月1,200ポイントが付与されるため

また動画や雑誌をあらかじめダウンロードしておくことでインターネットが繋がっていない環境でいつでも好きな時に見ることができるのもおすすめポイントの一つです。

U-NEXTユーザーの声

3ヶ月前くらいからU-NEXTを利用しています。おすすめのポイントは、以下5点です。
1、見放題の動画が多いため、定額で様々なコンテンツを楽しむことができます。
2、新作映画の配信が早いため、映画館で見逃した映画が、すぐに観ることができます。新作の映画はポイントが必要になりますが、毎月、1200ポイントの付与があるため、そのポイントを利用すれば、新作の映画も毎月の定額料金の中で、閲覧が可能です。
3、複数端末で同時視聴が可能なため、家族や友達と一緒に視聴する際も便利です。
4、動画のダウンロードが可能なため、オフラインでも動画の視聴が可能で便利です。
5、動画だけではなく、雑誌も読み放題のため、お得です。【30代男性】

▼U-NEXTで無料動画を視聴する▼

今すぐ無料お試し

▼解約・退会方法はこちらをご確認下さい▼

U-NEXTの解約・退会方法

※無料期間(31日間)内に解約すれば違約金もなく解約できます。

U-NEXTの特徴と登録方法

登録は5分ほどで完了し、スムーズに見たい映画を視聴できます。

手順をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

『U-NEXT』お試し登録・入会する方法
「U-NEXT」のお試し登録や入会したいけど、iPhoneとアンドロイドのスマホの入会方法は違うのか、気になる方も多いのではないでしょうか? 「U-NEXT」は、iPhoneとアンドロイドのスマホから入会する方法は一緒です。 i...

パンドラやデイリーモーション

パンドラ、デイリーモーションの無料動画サイトで映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を検索しましたが、フル動画はアップロードされていませんでした。(2020年7月21日時点)
今後、映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』の動画がアップロードされる可能性もありますが、その場合、著作権が厳しいため、早めに削除されることでしょう。

これらの無料動画サイトは数多くあり、公式ではない方法でアップロードされた違法なサイトです。

  1. Pandora
  2. Dailymotion
  3. 9tsu
  4. miomio
  5. openload

たとえ違法アップロードサイトで見たい映画を見ることができた場合でも画質が悪かったり、スマホやパソコンにウイルスが感染する危険性があります。

安心安全に視聴したい人は動画配信サービスで観ることをおすすめいたします。

映画『デスノート the Last name』作品情報

新たな死神・レムによって地上にもう一冊のデスノートが落とされる。そのノートを手にしたのは、キラを崇拝する弥海砂。第二のキラとなった海砂は、ある特別な力を手に入れ、キラに協力を申し出る。この力はLを追い詰める最強の武器となるはずだったが…。

出典:U-NEXT

キャスト

  • 夜神月:藤原竜也
  • L/竜崎:松山ケンイチ
  • 弥海砂:戸田恵梨香
  • 高田清美:片瀬那奈
  • 出目川裕志:マギー
  • 西山冴子:上原さくら
  • 松田刑事:青山草太
  • 宇生田刑事:中村育二
  • 相沢刑事:奥田達士
  • 模木刑事:清水伸

スタッフ

  • 監督:金子修介
  • 原作:大場つぐみ、小畑健
  • 音楽:川井憲次
  • 脚本:大石哲也
  • 製作:山路則隆、堀義貴、西垣慎一郎、平井文宏、北上一三、松本輝起、大澤茂樹

映画『デスノート the Last name』ネタバレあらすじ

アイドルタレントであるミサはストーカーに命を奪われそうになりますが、死神ジェラスによって命拾いしデスノートを手に入れます。

ジェラスは人間の寿命を延ばしたことで死に、ミサの前には代理の死神レムが現れました。

一方ライトは、Lこと竜崎の設置したキラ対策本部に捜査員として参加することになります。

竜崎は相変わらずキラの正体がライトではないか?と疑っていますが、具体的な証拠が掴めません。

デスノートを手にしたミサはキラの大ファンなので、ライトと同じく次々と極悪殺人犯を殺害します。

そんな折、さくらTVが主催するさくらTV祭りの真っ最中、第二のキラと名乗る者(ミサ)からメッセージが届きました。

その後、キラを否定する人物や警察官が次々と死亡。

竜崎は「第二のキラは顔を見るだけで人を殺せる」と言い当てます。さくらTV局内でライトを見つけたミサは、彼との接触を図りますが…。

悲しい過去を持っている、第二のキラ

第二のキラであるミサの本業はアイドルです。

ミサは以前からキラ信者であり、ライトを目撃してからはますます思いを募らせました。

これは、ミサが過去に家族全員を殺害された悲しみを背負っているからに他なりません。

犯人に無罪判決が言い渡され失意の底にあった所、キラがその犯人を殺害したのです。

だからミサには、ライトの言いなりでも構わないという信念がありました。

そんな折ミサは偶然ライトの大学で竜崎に出会いますが、キラ容疑者としてキラ対策本部に監禁されてしまいます。

監禁されても一切口を割らないミサ、それを見るに見かねたレイは彼女にデスノートの所有権を破棄させました。

これによりミサは、デスノートに関する記憶を一切なくしてしまいます。

その後レイの願望により、ライトのミサ救出作戦が開始。

ライトは自ら捜査本部に乗り込み、「もしかしたら自分がキラかも知れない」と言い出すのでした。

デスノートを託されたTVレポーターの暴走

レムの差し金によって、TVレポーター清美がデスノートを所有してしまいます。

清美は正義に対する考え方がライトと酷似しているという理由から、選ばれたのです。

清美はライト同様、次々と殺人犯らの名前をノートに書き込み殺害していきました。

つまりは第三のキラの出現です。

彼女はレポーターであることから、自身がノートに書き込んで殺す人物の事件を現場で中継することが可能となり、徐々に自身の名を上げて勢いを得ます。

ライバルであったメインアナウンサーの名をノートに書き込み殺害する、などの残酷ぶりを発揮。

デスノートの権利を私情に使う清美の行動は次第にエスカレートし、止まることがありません。

しかし遂には正体を見破られ逮捕されてしまい、結果デスノートの存在が竜崎をはじめキラ対策本部の皆に知られてしまいます。

その場に居合わせたライトは、デスノートに触れたことで記憶が復活。

誰にもばれない様にその場で清美を殺害します。

新たに追加された偽のルールが斬新!

「ノートに名前を書いた者は、13日以内に名前を書き込まなければ死ぬ」これにより、2週間以上監禁されていたミサやライトは無実であることが証明され、2人の監視は終わりました。

しかし実は、これはライトが書き加えた偽のルールだったのです。

ライトは森林に埋め隠しておいた最初のデスノートを、ミサに掘り起こすように頼みました。

デスノートを手にした瞬間、全ての記憶がよみがえるミサ。

ライトからの手紙には、L(竜崎)の本名をノートに書き殺害するように書かれていました。

しかしミサは竜崎の本名を忘れてしまっているため、更に寿命を半分縮め死神の目を得ます。

その頃竜崎は「13日ルール」を疑っていました。

そこで総一郎がアメリカに渡り、死刑囚を被験者として、このルールが本物かどうかを確かめることになります。

映画『デスノート the Last name』ラストの結末

ミサは竜崎に招かれキラ対策本部を訪ねます。

ミサの寿命が減っていることを察知したレイは、自ら滅びることでミサの寿命を延ばしました。

しかしこれも、ライトの計算通りにことが運んだに過ぎません。

ライトの目的は、優しい死神レイを殺すことにあったのです。

更に竜崎が死の境地に陥ります。その後ライトは、ミサから受け取ったデスノートに実の父親である総一郎の名も書き込む、という非情な姿を見せる始末。

綿密に練られた計画のおかげで竜崎との頭脳戦に勝ったと思ったライトですが、実際はその手をまんまと読まれており意外な展開となります。

何と竜崎はあらかじめ偽のデスノートを用意し、差し替えていたのです。

総一郎、竜崎も実は無事で警察がライトを包囲します。

一見頭脳派の竜崎ですが、最後は自分の命と引き換えにこの難題に手を打ったのでした。

リュークは夜神月の名をノートに書き込み、これによりライトは死亡します。

映画『デスノート the Last name』感想

ノートが複数になることで前編『DEATH NOTE デスノート』よりも話は複雑になり、おかげで面白みも増しています。

劇中ではノートの所有権利を放棄したライトが一時的に記憶を失い、竜崎の捜査に本当に協力するシーンなどもあり、混乱させられました。

竜崎のキャラクターも前編以上に濃く、ラストでは泣かせる展開に着地するのが印象的です。

ライトは劇中ことあるごとに「勝った!」というセリフを吐き、竜崎との勝敗を意識していることが分かります。

これが正義感よりもただ負けず嫌いの子供のように見え、感情移入出来ませんでした。

「偽ルール」や「偽のデスノート」などが巧みに使われた、ライトと竜崎の頭脳バトルは見事です。

映画『デスノート the Last name』視聴者の声

原作の大ファンで、デスノート実写版映画2部構成の後編にあたる作品です。
見た感想としては、非常に満足のいくものでした。

正直、原作の巻数を考えると、ミサが登場してここまで話はまとめられないだろうという心配がありました。

ミサは人気キャラですから、登場させないというわけにはいかないでしょうし……とはいえ、尺的に彼女を登場させたことによって収まりきらないエピソードの数々が削られて、登場はしたものの出ただけ!みたいなことを覚悟していましたが、そういったことが全くなかったのが素晴らしいです。
前編では原作には登場しないキャラをいれながらなんとか成立させていたのですが、後編はもっと良かった。

原作と異なるラストという、原作好きには不安ばかりの触れ込みからは予想もつかない、見事な結末です。

あのキャラクターならこの行動を取るだろう、そして、デスノートのルールからも決して逸れてはいないというすばらしさ。

してやられました。また、Lの本名が、劇場版とDVD版とでカメラワークが異なっているというのも憎い演出ですね。すごく良い。
あえて難点をいうなら、これだけよくできているにもかかわらず、台詞のあるエキストラがあまりに下手なので……そこだけ何とかして欲しいところでした。【30代女性】

コメント

タイトルとURLをコピーしました